ピアノの練習

20年

ピアノを再開してこの5月で丸20年になりました。

亀の歩みの如く、なかなか上達を感じられない日々を送っています。

それでも、大人になって12年のブランクの後再開し、20年も続けられて来られた事に自分でもびっくりです!

小さい頃からピアノを習わせてくれた両親や、グランドピアノを買い環境を整えてくれた家族にも感謝しています。


このブログを書き始めた頃、娘は中学生でした。
そんな娘も嫁ぎ私の手を離れたので、ブログのタイトルを変更しました。

ayayanと娘の音の響きから娘を取りました。
タイトル変更にはいろんな思いがあるのですが、丁度再開20周年なので、良い機会かなと。


さてと、練習しよう〜notes

練習♪

ショパンのバラード2番、最後の2ページ。
アダージョの所が難しいdown

テクニック的にも勿論難しいのですが、間の取り方が私は詰まってしまうので、そこが本当に難しいです。

せき込みたいけれど、先生からはもっと拍子を感じて大きく取るように言われています。

飛び込まないよう一小節ごとに区切って練習しています。

バスの音を支えに右手をクレッシェンド。
だいぶ、右手の音も出てくるようになりました。
練習仕立ての頃は、右手の音が出ず苦労しました。
狭い箇所での重音の移動で指がバタバタしていたのが原因だと思います。


今日は朝に練習するつもりが、寝坊してしまってので、仕事から帰って夜に少し出来ると良いなぁhappy01


指遣い

まだまだゆっくりと練習をしているショパンですが、最後の2ページの華やかな所は少しずつテンポを上げています。

そして、テンポを上げてみて弾きづらいのが、冒頭の右手三小節。
1-4・2-5 同じ音の重音が続くところを、この様な指遣いで取っていました。
ですが、この指変えがバタバタさせる原因なので、2-5・2-5に統一しました。

録画をして横からの手の形を見ると、断然2-5にした方が良いです。

あと、間の取り方が不自然sweat01
歌いたい気持ちが空回りしているのか…。
次のレッスンの時に先生にお聞きしてみよう。

さてと。

お仕事のキャンペーンを終了しました。
3日間掛けて、担当店25店舗を回り仕事をします。
帰宅してからもパソコンの前に1〜2時間座り、報告書の作成と提出。
全て終わったので、これで気にせずにGWを過ごせますhappy01


ピアノの練習は夜にしか出来ず、夕食の準備をかなり手抜きして時間を捻出。
打鍵を安定させたいので、プレディ ーとバッハの練習を主にしていました。
特にバッハは、勝手に指が動いてしまうので、ゆっくりメトロノームに合わせる事をしていました。

ショパンは、暗譜の確認。
まだ迷いながら最後に辿り着く状態ですcoldsweats01
和音の続く所で最近、音を忘れてしまいます。
何故だろう?と録画してみたところ、フレーズの終わりごとに音が止まり払うような仕草をしていました。
自然な指の形のまま置いて移動すると迷わない事に気付きました。

さてと、今日は家の事をしつつ、ゆっくり練習出来そうです。
また、明日から予定が詰まっているので、上手く時間を使って練習しようup

今日こそは練習する!

ここ数日、午前中から出掛け、夜も午前様や11時過ぎの帰宅が続いています。

レッスンの日が近いのにピアノに触れないのは落ち着かない気持ちになりますsweat01


特にバッハは色分けしてから数回しか練習していません。

今日は仕事に出掛けるのが午後からで良いので、今から少しだけ練習出来ます。
そして、今日も夜遅くの帰宅予定ですsweat02

普段から早起きをすれば練習時間は取れるのですが、帰宅が遅いとどうしても次の日の朝はギリギリまで寝ているし、夕飯の準備もしないといけないので、結局ピアノの蓋を開けずじまいでした。

弾かない日が続いた後にピアノに触れると新鮮な響きを感じるので、それもヨシとしましょうかcoldsweats01

オルガン・ピアノの本1

懐かしい楽譜。


私自身はバイエルから始め、途中で先生が代わったので、この楽譜は3巻からお世話になりました。

この赤い1巻は娘の物です。
数ページめくると、



色ぬりです。


先生に好きな色を塗ってごらんと言われ、色鉛筆を出して来て楽しそうに塗っていました。

「ママ、色を混ぜても良い?」

私には色を混ぜるという概念が無かったのですが、子供の感性って柔軟。
そんな事を思い出しました。

娘はこの時、何を思い浮かべていたのだろう。

きっと今聞いても覚えていないだろうな。


私もピアノを弾きながら音に、音楽に何かを感じたい♪

コピー🤣

バッハを声部ごとに色分けをして来てと先生からのお達し。
一応、テーマは色分けをしていたのですが、全部だそうで。

で、我が家のプリンターは壊れて使えないので(まだ買ってないsweat01)、コピーをしに行って来ました。


最近のコピー機は色々と進化していて凄い。
そして、テキトーな性格ゆえに詳細を読まずにコピーした私が悪かった。

1枚目、50円の金額が表示され、慌てて中止しようとしましたが間に合わず。

はい。カラーコピーしてしまいました。
楽譜をsweat02
白と黒しかない楽譜を。

それも失敗して右側が欠けています。

やっぱり早くプリンターを買おう!

バッハ

ショパンが落ち着くまでバッハはレッスンに持って来なくて良いわよと仰ったのに、前回、持って来なかったの?と言われてしまいましたwobbly


なので、パルティータ2番のcapriccioを練習中。
譜読みに入ったのは随分前なのですが、全然ヤル気にならず、半分練習しては挫折を繰り返していました。

しかし、いい加減に練習しないとと思い、後半を頑張っています。

声部ごとに練習しつつ、両手を合わせる。
でもスラスラは弾けないし、何をどう弾きたいのか分からない演奏になっています。

プロの音源を聴くと、この音が欲しいのねと真似をしてみますが、そうすると他の声部が疎かに。

全体的に私が弾くと幼稚。
全部が同じ打鍵で、抑揚も無く音の処理もブツ切れ。

と、自分で分かるなら、その部分だけでも直そうよと言い聞かせていますsweat01

暗譜♪

ショパンのバラード2番の暗譜をそろそろしようかと思っています。

当初の予定では最初の緩やかなフレーズを年末までと言いつつ、なかなか練習時間も取れず延びてしまい、1月中には!と改めて誓ったのに出来ずじまい。

流石に1ページはしようよと自分に言い聞かせ、ここ数日頑張っていました。

この緩やかなフレーズですが、音符が少ないのと似た様な感じが何度か出てきて、特に左手が迷います。

下に行ったから次は上にとか。
ここは終止せず、上へとか。

子供の頃は練習していれば覚えられましたが、今は頭を使わないと覚えられないsweat01

それも固くなって、覚えの悪くなった頭をフル回転です。

やっと2ページを弾けるようになって来ました。

後は楽譜を6つに分けたので、その部分で覚えている所もあります。

あと1ヶ月で全部覚えられるかな?
覚えたとしても、細部までしっかりしないと本番で暗譜が飛びそうですしcoldsweats02
左手が危うし!

と、ショパンばかり練習していると他の曲が弾きたくなり、珍しくドビュッシーの楽譜をパラパラと眺めています。

頑張らない

たまには、ピアノのお話を。

そんなに頑張らないで!
と先生に言われる事があります。

ショパンのバラード2番、和音が沢山出て来る箇所があります。
手が大きいのと、音の並びが自然なので、それほど大変ではないのですが、録画して見てみると…sweat02

頑張り過ぎ!
力み過ぎ!

この部分だけを何回も力を抜く練習をしています。
どう弾けば止まった音にならず、響きのあるフォルテになるのか。

少し良くなったかな?と思っても翌日録画してみると元に戻っているcoldsweats02

頑張らないで弾ける時の感覚を早く掴みたい。
自然な手の形、体の使い方。

やり始めると終わりが無いので、模索しながら妥協もしつつ練習しています。

より以前の記事一覧