ピアノの練習

新曲♪

一番好きな選曲の時間。

パルティータは2番に決めました。
1番とどちらにするか悩みましたが、お友達の助言もあり、2番を先に弾こうと思います。

2番のandanteに入るところがとても好きで、ここのメロディーが耳から離れませんnotes

シンフォニア、長いので途中で区切って持って行こうかと思っています。


そして、ショパンのプレリュード12番、こちらの譜読みに入っています。

取りあえず、次回のレッスンにはプレリュードの4曲を弾けるようにして持って行くのが目標happy01


バッハとショパン、同時に譜読み曲があると、やっぱりしんどいsweat01

パルティータ

楽譜を眺めながらYouTubeを聴いています。

パルティータ、もしかしたらフランス組曲より好きかもheart04

6曲、どれもが素敵で悩んでいます。
先生にどれでも良いと言われていますが、一番その言葉が困ります。

本当にどれでも良いのか?それとも先生の中にはこれは選ばないでしょというのがあるのか。

そう考えつつも選ぶとしたら、1番.2番.4番.6番かな。

5番も好きなのですが、この動きについていける気がしないcoldsweats01

3番は、インヴェンションを思い出し、子供の頃に苦労した事が頭をよぎり今回はいいかな。

1番は可愛らしい可憐なイメージが私とリンクしないなぁと思いながらも弾いてみたい。

2番は有名なのかな。
知っている曲でした。
弾いてみたいけれど、いきなり2番を持って行くのは気が引けます。

4番、6番も何曲か弾いてからの方が良さそうです。
特に6番はかなり難しそうですが、弾けるものならトライしてみたいです。

どうしよう〜notes
急がないので、ゆっくり吟味しますhappy01


それにしても次回はハノン、バッハ2冊、ショパンと楽譜を4冊持参です。
本当はショパンのプレリュードの12番を再度春秋社版に戻そうと思っていたのですが、そうするとショパンも2冊なので、計5冊持ち歩くとなるとかなりの重さdown
12番だけコピーしようかな。

先生の所には例外はありますが、コピー譜を持って行かない事にしています。
でも、長距離の移動にこの負担は大きいので、次回だけはそうしようかなwink
もしくは、コルトー版で頑張るか。
12番に限っては春秋社版の方が音符の書き方が読みやすかったのですがsweat01


音を慈しむ♪

昨日はお友達との練習会。

初めてお会いする方もいらっしゃいましたが、どこかで繋がっていて、とてもご縁を感じましたnotes

それにしてもコンサートの様な練習会で、またしても私は場違い。
でも、開き直って弾いていたので、すごーく上がることは無く。
と言っても相変わらず手は震えるsweat01

皆さん、本当に素敵✨✨✨
ご自分も持っていらっしゃる演奏。
そして、音を慈しんでいらっしゃる。

とても良い刺激を頂きました。

私ももう少しちゃんとピアノに向き合おう。
人前で弾くという事を意識して取り組もう。


お友達と話をしていて決めましたsign03
ショパンのプレリュード、好きなのだけ弾きます。
ダラダラ弾いていても自分の身にならない気がするので、3番は飛ばす、5番も弾かない。

既に練習に入っている1.2.4。
あとは、12.20。
チャレンジの24。

明日のレッスンで先生に宣言して来ますhappy01paper

プレリュード 2番

難しい。

どの曲も難しいし、あまり難しいとばかり言っていても進歩が無いので言いたくありませんが、それでも難しい。


不気味な左手の和音。

盛り上がりに欠けるメロディー。

24曲を一曲として捉えるなら、この2番は3番への橋渡しなのかとも思うけれど、単独で見ると何とも掴み所がない。。

凄くつまらなく弾く自信はあるcoldsweats01

どう弾けばいいのかな。

プレリュードの練習

ショパンのプレリュードnotes

手が痛いのを言い訳にあまり練習していません。

でも、そろそろ手の痛みが和らいで来たので、5番の譜読みに入りました。

これって手の柔軟性がかなり必要な曲なのかな?
私の手の動きは硬いので、良い練習になりそうです。
まだ、左右別々にゆっくり手首の動きを見ながらの練習です。


そして、3番は弾くと痛みが増すので、ずっと弾かずにいましたが、昨日から練習再開しています。

この曲、速いんだよねsweat02
弾けるようになるのかな。
暗譜しないと速くは弾けない気がするので、気長に練習しますhappy01


うーん、24番まで何年掛かるのだろうcoldsweats01
20番が好きで、こちらもちょこっと弾いてますnote

練習会♪

久しぶりの練習会♪

昨年はずっと一緒に連弾をしていましたが、ソロをお聴きするのは発表会以来なので、本当に久しぶりでしたnotes


お友達が弾かれたのはショパンの黒鍵とエオリアンハープ。

安定感のある打鍵で、音に厚みがあります。
エオリアンハープは細かい音も美しく流石です!

発表会が楽しみですhappy01

私はバッハのフランス組曲を中心に弾かせていただきました。
左手が特にスカスカになるのは、自信が無いから、指が回らないから、なんて言い訳を考えましたが、左手だけの練習をきちんとしていないからが正解かも。

なので、左手強化!と言いたいところですが、まだ少し痛いので程々に。

ショパンのノクターンは、難しい所に入る前に慌てない。
それだけで、随分弾きやすくなるはずup

レッスンでは弾かないけれど、もう暫く頑張りますhappy01

サイボーグ

ピアノの練習する時にはサポーターを外して良いですよと言われましたが、外して弾くと痛いので装着したまま練習しています。

サポーターに頼ってはばかりではダメだけど、安定していて楽ですgood

痛みが無くなって、サポーターを外した時にもこの楽な感じが欲しいなhappy01

しかし、サイボーグみたいcoldsweats01




楽譜

ショパンのプレリュードの楽譜をコルトー版で買い直しました。

今使っているのは春秋版で、別に悪くはないのですが、コルトー版の方が練習の仕方が載っているので、レッスンにあまり通えない私には丁度良さそうです。


他のショパンの楽譜は殆どをパデレフスキ版で揃えています。
でもね、ノクターンは楽譜が読みづらかったのと、譜めくりのタイミングが合わず、途中から全音版を使用していました。

最近はエキエル版が主流なのかな。
一冊も持っていないので、ソナタの時にでも買おうかな。(いつになるか分からないけどcoldsweats01)

取りあえず、プレリュードは次回からコルトー版を持って行きますhappy01


そう言えば、プレリュードの4番までを譜読みしていますが、次の5番の音符を見た瞬間、弾けるかなぁ?と弱気。
更に8番shock
音符、細かいし長いしsweat01

ついでに言うと、やっぱり左親指の付け根が痛いしsweat02

親指を労わりながら、ゆっくり練習しようっと♪

やっと終わった。

やっと年3回あるキャンペーンの最後を終えましたhappy01

今年は思いっきりクリスマスの連休と仕事が重なり、もう一つの仕事との掛け持ちで、朝から晩までよく働きましたcoldsweats01

解放され、身体も心もダラ〜ン。


ピアノは、ショパンのプレリュードの譜読みに昨日から入りました。
先生に言われてから一週間以上放置sweat01
弾く時間が殆ど取れなかったので仕方ない。

短い曲だけれど手強そう。
一曲目、どの音が必要なのか。
メロディー、隠れメロディー、楽譜を眺めながら考える。

二曲目、左手の音が簡単そうで難しい。
ショパンってこんな音を使うんだと耳慣れず、まだ左手しか見ていない。

三曲目、これも左手かー。
革命のエチュードを思い出すなぁ。
暫く左手のみの練習かな。


レッスンにはこの三曲を持って行きたいけれど、どうかな?間に合うかな。

サラバンド♪

バッハのフランス組曲3番のサラバンド。

繰り返しで、一回目と違うトリルを入れたいと思い、只今試行錯誤しています。

普段、楽譜に書いてある事しか(それも出来ていないけどsweat01)、弾いていないので、自分でトリルを変えたりなんて、私にはハードルが高すぎます!

YouTubeで色々聴いて参考にしたり、弾きながらここはこうしたいと思いながら、動かない指と格闘していますcoldsweats01

即興で出来れば一番なんでしょうけれど、そんな訓練はして来ていないので、地道に考えます。


何故、サラバンドなのかと言うと、他の速い曲でそんな難しい事のチャレンジは無謀なので、取りあえずゆったりしたサラバンドからhappy01

年明けに単発レッスンの予定なので、この挑戦が実るといいなshine

より以前の記事一覧