ピアノのレッスン

レッスン♪(8/16)

結局、先生のご自宅がある最寄駅は大雨rain

一緒にバス停で並んでいた方からも声を掛けられ、雨の話に。

☆プレディー

何年かぶりのプレディー。

様々な音型があり、4分音符・8分音符・16分音符・32分音符で弾き、逆パターンで4分音符に戻るのをやりました。

私は小指が短く癖が有り関節が出にくいのですが、鍵盤に対しての小指の向きや弾き方でカバーします。

もう一つ、半音ずつ上がっていく音型。

一度和音にしてからだと出来るのですが、スムーズに進めません。

スムーズに進むのが目的では無いので良いのですが、何となく自分の無能さに幻滅。。



☆バッハ パルティータ2番 

・クーラント

弱きだったクーラント。自分が思っているテンポよりも遅くて良いそうです。

その速さなら何とか弾けるようになるかな。

タイの後の16分音符が転ぶので落ち着いて。

弾き方は言われた通りよりも自分が弾きたい方向へ持って行ったけれど、それよりも拍子感の無さが露わになりヒドイ。


・サラバンド

この曲は好きなので、こんな感じかな?と弾いて行きましたが、もう少し速くとの事。

のんびりまったり弾き過ぎsweat01

裏拍で音をぶつけない。

長い音を長さではなく、体積、球体で考えてとの事。


ロンド―は譜読みして行ったのですが、まだ弾けないので次回に見て貰う事にしましたcoldsweats01




☆ショパン プレリュード24番

あまりの難しさにギブアップしたいsweat02

家ではまあまあ弾けるようになったかな?と思っていましたが、それは幻。

私が弾くとノクターンのようになってしまうらしい。

アパッショナート、熱情的に。もっともっと熱くていい。

ふぅ~。早く終わらせたい・・。



と思っていたら、先生にこのプレリュードの24番とプレリュードの中からゆったりしたのをセットで弾いたら?と。

それは私に酷なお達しです。

弾けたら格好いいと思います。

舞台でこの曲を弾いている私を想像できません。


で、発表会で弾きたい曲を幾つかお話したら、まだ時間があるからどんどん弾いてみれば?と。

有力候補だったブラームスのインテルメッツォは、案外まとめるのが難しいのよと・・。

3番と併せて弾きたかったのですが、無しかな。

なので、まだ暫く悩みます。

 

レッスン♪(6/27)

昨日はレッスンでした。

始発の電車に乗りたくて、駅の階段を駆け上がるのに足が上がらない・・sweat02

頑張って乗れたのだけれど、暫く息が上がった状態で、ターミナル駅に着いた頃には気分が悪くなってしまいました。

朝からいきなり走ったのがまずかった。



☆ハノン 29番・30番

トリルの練習です。

4・5の指が絡まり速く弾けない・・。

小指、親指の使い方、向きや動きについて教えて頂きました。

良い練習だからと引き続き練習。



☆バッハ パルティータ 2番 シンフォニア・アルマンド・クーラント

・シンフォニア

出だしはパイプオルガンのイメージの音色。

左手をもっと出して良い。

アンダンテの所の左手がロマン派になっていると注意。

先生に弾いて頂くと、なるほどと思うのですが、自分が弾くのは難しい。

アレグロに入って1ページは良かったと言って頂きましたが、2パージ目からだんだん速くなっているのが自分でも分かり、どうにもテンポを戻せなくなり笑って崩壊down

先生にも残念と言われcoldsweats01

再度アレグロだけ弾き直して終了。

録音したいけれど、通して弾けるかなぁ~~。


・アルマンド

綺麗な曲で大好きです。

左手の息をする箇所を続けてだらだら弾かない。

語ってねといわれたので、語ります!



・クーラント

con fuocoだからね!と先生。

また私がのったりゆったり弾くものだから言われてしまいました。

八分音符はノンレガートでとの事。

四分音符はノンレガートで練習して行きましたが、八分音符もか。

音源を聴くと確かにノンレガートでハッキリ弾いています。




☆ショパン プレリュード 12番・24番

・12番

先日相方さんにも聴いて貰いアドバイスも頂いたのに、やっぱり小節の最後の音が詰まってしまいます。

何回か弾くと出来ているらしいので、いつか弾けるはず。

また器用な事に右は3拍子になっているけれど、左手が2拍子になっていると注意されました。

あ~~、テンポ音痴、リズム音痴、更に拍子音痴。良いとこ無し。

もう少しテンポを上げて頑張ります。



・24番

八分の六拍子。2拍で取るための左手の動き方。

速い音符で指がバタバタ。

ブロックで分けて、指を上げずに移動。向こう側へ行く感じ。

良い曲なんだけどな~。

先生に折角プレリュードを練習しているので雨だれを弾くと宣言して来ました。



あと、ショパンが終わったらシューマンの幻想小曲集を全曲弾きたい事もお伝えしました。

今から17~8年前に弾いた飛翔と夜には本当に酷かったので(娘が怖いから止めてと言う位coldsweats01)、再度チャレンジしてみようと思っています。

そんな話をしていたら、バッハは続けて欲しいけれど、バッハと交替で弾いて欲しいのが近現代だそうで、次回までに先生が考えてくださるそう。

気乗りしない近現代なので挫折しないように、子供の曲集をお願いしましたhappy01

レッスン♪(6/4)

ちょっと暑かったですが爽やかな風があり気持ち良く行って来ましたnotes

先生の所に子猫ちゃんが仲間入りしていましたcat

かわいい!抱かせて貰いました。小っちゃ!




☆ハノン 27番 28番

・マルカート

・1+3連符

・1+7連符

・1+15連符

・テヌート

今回は音の鳴り方が良かったようで、指のバタバタも多少治まっていました。(気を緩めるとまだまだバタバタだけれどsweat01



☆バッハ パルティータ2番   シンフォニア   アルマンド

・シンフォニア

アレグロに入る前までは綺麗になったと言って頂けました。

とても好きなメロディーで弾いていて心地良いです。

でも、アレグロに入った途端、呼吸が乱れ速くなって行ってしまいます。。

スタッカートが短すぎると言われ、置いて行く感じで弾いたら少し落ち着きを取り戻しました。

次回が仕上げかな?



・アルマンド

この曲アルマンドがとても好きです。

まだ譜読み段階なのですが、語っているような雰囲気の曲で落ち着きます。

これも呼吸をするところで、ブチッと切れないように。語りかな。


☆ショパン プレリュード 1番 12番 20番 24番

・1番

苦手な1番。やっとOKを頂きました。

というか、温情で卒業sweat02



・12番

小節の終わりで詰まってしまうのを前回ご指導して頂いたのに、今回も1回目で出来ず。

再度教えて頂いて、やっとコツが掴めました。

フォルテに入る時に指揮者はどうする?

その入り方の練習。

今日もその指揮者を思い浮かべて練習しました♪


・20番

2拍子に聴こえると。

4拍子になるよう弾いて。

左手の和音を離すのが速い。もっと持続させて。

もう少しテンポは速い。



・24番

左手の弾き方が前回教えて頂いたのと違う気がするけれど・・。

でも、今回の方が納得できるので頑張れそうです。

右手の速い音符の所は、ブロックで分けてアルペジオを弾く。

こうやって弾くと出来た!

でも左手に合わないcoldsweats01

これは練習あるのみ。

しかし、この曲難しい~。

何故選んでしまったのだろう・・。


昨日は先生の話がすうっと入って、とても楽しいレッスンでしたhappy01

レッスン♪(5/6)

ゴールデンウィークも終盤。

娘夫婦は自宅へ戻り、私はレッスンへ♪


☆ハノン 26番

前回、練習していなかった番号を弾かされたので、今回は26番・27番と練習して行きましたが、そういう時に限って26番のみsweat01

・マルカート

4・5の指の鍵盤のタッチの仕方が手前になっているので乗るように。

・レガート

これはOK。小節の真ん中を膨らませる感じで一かたまり。

・7連符   15連符

一音目のたっぷりした音は余韻を聴き、脱力した後7連符又は15連符。

細かい音の弾き方。本当に毎回これが出来ない。

今回初めて挑戦した15連符は、指が更にもつれる・・。



☆バッハ パルティータ2番 シンフォニア

・Grave Adagio

重さを掛ける音、軽やかな音、特に付点で気を付ける。

前回よりは良くなったそうですが、付点が甘くなりがちなので複付点気味に。

・Andante

大好きなメロディーが続きます。

左手のノンレガートが時に右手につられて繋がってしまうので注意。

一気に弾く箇所シンコペーションを利かせる箇所と難しい。

・Allegro

指が勝手に動いて行き収集がつかないcoldsweats02

家では歌って練習していたので、途中から我に返り歌いながら弾いてみました。

先生曰く、3拍子の三拍目の揺らぎがいつも無く、若干短くなるので、この3拍子が取れるようになると良いのにねと。。

3拍子はメトロノームのような三角形では無く、円を描くように。

説明しづらいですが、指揮をする時、上に向かう1拍目と降りてくる3拍目ではスピード感が違う感じ。


次回はシンフォニアと次のアルマンドを見て頂く予定ですnotes



☆ショパン 1番・12番・20番・24番

・1番

本当に弾けない・・。家で少しマシになりコツも掴んだので今回は大丈夫!と思っていたのに、いざ弾き始めると思うようには行かず撃沈down

色々教えて頂いたのでその練習をしようと思います。

しかし、1番でこんなに引っ掛かってしまうなんてshock

いつになったら抜け出せるかなぁ~。

・12番

小節と小節の繋ぎ目を歌う気持ちで弾くと3拍目が短くならないわよとご指導して頂き弾いてみると確かに違う。

・20番

短い曲なので1回通して聴いて頂きました。

pになったフレーズの右手小指の響きが良かったと珍しくお褒めの言葉。

付点の後の音符が重いので軽く。


・24番

取りあえず、弾きました。

やはり左手の弾き方が少し違うようで、特に親指の使い方を教えて頂きました。

メロディーでの太い音。

きっと丸くて奥深く響く音なのかな。

指は太いのですが、なかなかその道具を使いこなせませんsweat02

細かい音の降りるパッセージで4の指が弾く音が抜けてしまっている。

降りるのは難しい。勿論上るのも。

苦手な三度の箇所は練習して行った甲斐があり弾けて一安心。

しかし、テンポを速くした時に弾けるかは、どうでしょう~~。

暫くは全体的にゆっくり練習するように言われました。


終わってから、先生に譜読みが早くなったわねと言って頂きましたhappy01

どこまでが譜読みかと言う話になると、また色々と違うのかもしれませが、私の場合は音読みまではそんなに遅くないのかな。

譜読みとなるとやはり時間が掛かります。

でも、譜読みから一歩進んだ状態の時が曲らしくなって来るのが実感できて、一番好きな時ですheart04

さてと今日は練習せずに仕事に行って来ます。

帰ってから疲れていなければ、練習しようっと♪

レッスン♪(4/15)

先日レッスンに行って来ましたnotes

レッスン中に大きな雷と豪雨でビックリthunderrain

やっぱり私が雨女なのかなぁ。




☆ハノン 25番・26番

25番を練習して行ったのに、一度マルカートで弾き終わり。

すぐに26番をその場でやる事に。

ハノンは何度もやっているので、弾けない事はないと思うのですが、Cis-durで弾くのでちょっと指が慣れずに難しい・・。

・マルカート

・mfでレガート 

 私は指さばきの時間が短いのでレガートに聴こえない。

もっと指から指への運びを柔軟に鍵盤の滞在時間を長く。

・連符

相変わらず、これが難しい。指がバタバタsweat01分かっているけれど、意識をすると余計に力が入って動かなくなる・・。



☆バッハ パルティータ 2番 シンフォニア

本当に綺麗な曲。好きだな~。

・Grave Adagio

オルガンのイメージ。前回も言われたのに出来ていない。

付点が甘くならないように。複付点でも良い。

・Andante

左手に合わせて刻まないように。ワンフレーズ。

そっと入りクレッシェンドの箇所。これが出来ると歌えている気がします。

シンコペーションの所は音を際立たせる。

呼吸。長い音は余韻を楽しんで。

全体を見て作りを考える。

・Allegro

一音目の和音は前のAndanteからのfでOK。

これも呼吸。左右の掛け合い。

もっと速く弾けるように。

このシンフォニアだけでも弾かれる事があるので、丁寧に時間を掛けてやりましょうとの事なので、ちょっと頑張ってみようかと思います。

次のアルマンドはもう少ししてから譜読みに入ろうかなhappy01




☆ショパン プレリュード 1番・12番

・1番 

どうしても構えてしまって一回目で弾けない・・。

騎馬民族のノリなので、日本人には難しいらしい。

特に私はリズム感が無いので、すぐに出来ない。

次回に持ち越し。何か月弾いているんだろうshock

・12番

「1番より弾き易いでしょう?こちらの方が分かって弾いているわね。」と言われました。

左手は跳躍があるので難しいのですが、和音で進んで行くので思いの外拒絶感がありません。

右手も何とか私には弾けそうです。

この後20番と24番を予定している事をお伝えしました。

ベートーヴェンのコンチェルトはトリルの音で悩んでいた箇所だけ教えて頂きました。

これは長く掛けて練習するようなので、ゆっくり譜読みを進めます。



今回は始まる前に、姿勢のお話をしました。

先生の仰っている事がやっと分かって来た感じです。

身体は全部繋がっているんですものね。

どうすれば、この一体感が自分で分かる様になるんだろう。

レッスン♪(3/11)

先日レッスンに行き、その事を書いたのに一瞬で消えましたdownshock

気持ちが萎えてしまって数日放置。

やっとPCに向かう気になったので書いておこう♪



☆ハノン  24番・60番

★24番

・マルカート

小指の弾き方と響きについて。手首の向きも含め教えて頂きました。

・連符

珍しくOKと言われました。粒を揃えて速く弾くのが本当に難しい。

・速い弾き方

音が跳躍する時に響きが失われる。つつくのではなく、響きのある音で。


★60番

和音のトレモロ。あまりトレモロに苦手意識が無いので先生からもこれは楽そうに弾いていると言われました。

たまには手が大きいのが役立ちました♪



☆バッハ フランス組曲 第3番 ジグ

前回のレッスンの事を踏まえ2小節一かたまりで練習して行きました。

その結果、音楽の流れが無くなり、先生に「気持ちは分かるけど、それだと間が空き過ぎ。」

横で先生が歌いながら弾いてくださりながら自分も弾き、再度一人で弾いて終了。

やっと3番を全部終えました~。何か月掛かったかなぁ。



☆バッハ パルティータ 第2番 シンフォニア

途中まで譜読みして行きました。

本当に美しい曲で大好きですheart04

特にアンダンテの所は弾いていても気持ち良いです。

先生にもこの部分が好きな事を伝えしたら、静かな夜にひっそりと弾きたいわねと仰っていました。

次回までにシンフォニアが全部弾けるようにして行こうと思っています。



☆ショパン プレリュード 1番・2番・4番

★1番

何回か弾くと曲に乗れるのですが、いきなり弾くとぎこちなく曲になりませんsweat01

左手の1の指を弾く時に抜く事。それだけで随分弾き易くなりました。

弾く前に頭の中で曲に乗れるよう音楽の流れを作ってから入る様にしていますが、なかなか出来ません。。

今の課題です。


★2番

ま、いいでしょと、取りあえずOKを頂きました。(私のテクニックではこれが限界なので仕方ない)

左手を柔らかく、右手のメロディーは出して良い。



★4番

これはとても好きな曲ですhappy01

盛り上がる所のフォルテを急にdim.にしない。


時間切れで12番を見て頂けなかったので、次回12番を持って行きますnotes


最近、ゆったりした歌う曲が多いけれど、発散系を弾きたいでしょう?と言われました。

今まだ手が少し痛いので・・。とお返事。

良くはなって来ているので、そろそろ華やかな曲にも挑戦したいです。

ベートーヴェンの協奏曲のカデンツァの部分は結構華やかだと思うので、それが弾けるようになりたいですshine

ピアノ協奏曲

レッスンに行って来ましたnotes

覚書きは明日にでもと思っています。

今日、レッスンが始まって直ぐに先生から「協奏曲は何番を弾いた事あったかしら?」と。

随分前にモーツァルトの協奏曲20番をかじりました。
PTNAのステップでキーボードと一緒に演奏するはずでした。
結局、流れてしまったのだけれどsweat01


そして今回は、何に参加する訳でもないのですが、先生と二台ピアノで協奏曲をする事になりましたnote

何の曲にしましょう〜?

で、モーツァルトかベートーヴェンが良いかしらねというお返事で、私が選んだのはベートーヴェン。

何番が良いでしょう〜?

と、自分で決められない私。
3番はどうかしらと。


そして、レッスンの後に楽器店に寄り早速楽譜を購入happy01

楽しみが増えましたheart01

でも、また譜読みが増えたぁcoldsweats01

レッスン♪(2/19)

昨日は楽しい事満載の日でした。

時系列で書こうと思っているので、まずはレッスンからnotes

久しぶりに午前中のレッスンで、いつもより早めに家を出ました。

主人がお休みだったので駅まで送って貰えラッキー。




☆ハノン  23・60番

音作りの為にしているハノンです。

・23番

先生にもっと音を出してと言われたマルカート。

言葉って難しく、言われている内容を勘違いする事も。

先生のもっと音を出しての言葉に「出るけど、それ必要?」と疑問に思う自分。

でも、よくよくお話を聞いているとffで弾くように仰っている訳では無く、響く音を。

鍵盤と指の丁度ハマった音をという事に気付き、そこを意識して弾きました。

ただ、これを自分の家で自分だけで聞き分けられるかというと、ちょっと自信が無い・・。


その後ゆっくりのスタッカートと速いスタッカートを。

こちらは、速いスタッカートの音色は良いと言われ、何となくそれは自分でも分かったので納得。

ゆっくりは今一つぼやけてしまう音で弾き方を教えて頂きました。


一音長めの七連符は、左手の3・4・5の指が絡まり弾けていない。

課題だわねと先生。



・60番

前回より良くなったと言われました。

楽に弾けるようになったので、この手の使い方を覚えられるように。



☆バッハ フランス組曲 3番 アングレーズ  ジグ

・アングレーズ

弾き始めたら、「そんなに速く弾かないで。」と。

Vivaceだからとこんな感じかな?と思っていたら、バロックの時代なのでいくらVivaceでもそんなに速くないと言われました。

弾き直しは私の感覚ではアンダンテのテンポかな。

とにかく、呼吸!と何度言われた事か。

自宅での練習録音を聴くと私も何でこんなに慌てて弾いているのだろう?と思うので、分かっているなら直そうよ、自分。


3回弾かせて頂いて、ま いいでしょう。だそうです。




・ジグ

こちらも呼吸。

1ページ目は良いと言われたけれど、2ページ目になると適当になる拍感。

そして自信の無い左手がバレバレ。

これは難しいからもう1回ねとの事。

次はパルティ―タの曲集に入ります。

何番かは好きなのを選んで良いそうです。

パルティ―タは知らない曲ばかりなので、今から楽譜と音源を聴きながら選びます♪




☆ショパン プレリュード  1・2・4番

手が痛いので3番は弾かない事をお伝えしました。

・1番

一度ゆっくり通して弾きました。

先生の横での合いの手?踊り?を自分の中で取り入れて弾くと少しだけ1番の曲らしくなりました。

拍子感が難しく、全部が重くなり弾けず、空回りしてどつぼにハマった状態だったので、レッスンで教えて頂けて本当に良かったです。

このノリを忘れないと良いのだけれどnote


・2番

本当に難しくて、左手の指の運びがぎこちなく音が飛び出したり、スラーでも弾けず困っていました。

別に弾かなくてもいいかな~なんて思っていましたが、折角なので見て頂きました。

通して弾いた後、先生から「本当はイケないのかもしれないけれど、左手のこの部分は右手で取るのは?」とご提案がありました。

横で先生が弾いてくださる2番がとても美しく、思わず「私、そのように弾きたいんです。でも私が弾くと滑らかでなく、立つ音が出てしまい嫌だったのです。」と言いました。

先生が仰るには、私は手が大きいのである程度の和音を掴めてしまう。

でも、楽に出来る部分はズルしても良いですよと。

今、手を痛めている事も有り、無理に全部を左手で弾かなくて良いと思ったのでした。



・4番

好きな曲で、その思いは先生に伝ったみたいですが、思いの乗せ過ぎで拍が曖昧になっているとの事。

弾き方のコツを教えて頂きました。

盛り上がる所は遠慮しなくて良いとの事。

この後、プレリュードは12・20・24を弾いて終わりにしたいですと宣言したら、あっさり「好きな曲だけで良いのでいいわよ~~。」と。

ふぅ~~。

 

レッスン♪(1/13)

昨日は昼間に少し仕事をしてからレッスンに向かいました。

思いの外時間が無くて、昼食を食べずに行ってもギリギリでしたdash




☆ハノン  22番・60番

指の使い方での音色の違いについて。

毎回同じ事を説明して頂いているのに、分かっている様な分かっていない様な状態がずっと続いていました。

今回、今までと違う感覚で先生の仰っている事が伝わって来た気がします。

多分、私がしたい事、直したい事の根底にあるものなのかな。

50歳の私が何を目指しているんだろうと、たまに思うけれど・・。



☆バッハ フランス組曲 3番   クーラント・サラバンド・メヌエット・アングレーズ・ジグ

全部に共通して、滑らかに弾き過ぎ、柔らか過ぎと言われました。

先日単発のレッスンで見て頂き、自分の中でこう弾きたいという気持ちでこの一週間練習して来ました。

その成果は表れたけれど、先生の思うバッハでは無いようです。

ここが私の中でとても迷いがあります。

バッハって、どう弾くの?

答えは自分で見付けるのだろうけれど、やはり自分が好きだと思う弾き方をしたい。


まだ先ですが、今弾いているフランス組曲が終わったらパルティータになりそうです。




☆ショパン  プレリュード 1番・2番


・1番

先生にどう弾いて良いか分からないとお伝えしてから弾き始めました。

テヌートのある内声を出すべきか、ソプラノを出すべきか。

私は内声を出す感じで練習して行きましたが、とても弾き辛く何が何だか分からない状態・・。

バスの1音目とソプラノを出せは、自然と内声のテヌートも聴こえるから大丈夫とのこと。

そのようにその場で練習してみたら、弾ける気がして来ましたup本当か定かではありませんがcoldsweats01



・2番  

手が大きいので、左手の重音の移動は楽に出来るのですが、それがかえって音のばらつきを生むようで、先生に左手の2・3の指にスラーを掛けて弾いてみてと言われ試したら、最初に弾いた感じと全然違い良い感じにshine




私の弾き方はショパンを弾く時には良いけれど、バッハだとロマンチックになっていると。

でも、自分のバッハを聴くととても味気なく好きではありません。

色々先生とお話をし、自然に弾ける為にどうすれば良いのかを考えさせられました。

今更ながら、今年の抱負、目標。

『自然なピアノ演奏、好きな音を求めて、客観的に自分を見つめ直す。』

学び

今日は楽しみにしていた単発のレッスンでしたnotes

色々と教えていただき、客観的に弾き方を見ていただいた事により更なる悩みが。

きっとこの悩みは自分で考えなくてはならない事なのでしょう。


詳しくは書けないけれど、よく耳を使い聴くこと、指で弾かないこと。

そして悩む。


より以前の記事一覧