音楽

ふわふわ音楽会→ポゴレリッチ

今日は楽しみにしていたふわふわさん主催の音楽会に参加させて頂きましたnotes

一昨日のホール、昨日の自宅、今朝の自宅、直前のリハーサルと調子は悪くなかったのですが、本番は撃沈down

何がいけないんだろう。
やっぱりメンタルかなsweat01

あんな演奏だったのに、皆さんとても優しくて良い所を見付けて褒めてくださるんですcrying

そんな風に言って貰うと、そこまで酷くなかったのかなと勘違いしてしまいそうですが、普通に考えてもやはり良くなかったですsweat02

今回、ホールでは練習していましたが、聴いて貰う練習をしていませんでした。
なので、お友達にお願いして今度聴いて頂く事に。

あとは、どうすれば弾けるのかな〜。

皆さん、とてもこの音楽会を楽しまれていて、温かな雰囲気の中、和気藹々としていました。

私も自分の演奏は置いておいて、沢山楽しませて頂きました!



音楽会を途中で退席し、サントリーホールのポゴレリッチのリサイタルに行って来ましたnotes

一度は聴いてみたいと思いチケットを取ったのでした。
席はポゴレリッチの背中を見るようなバルコニー席。

開場中、ポゴレリッチがリハーサルをしていました。
ずっと暗譜で音を確かめるように軽くなぞっているような感じ。


〜プログラム〜
モーツァルト:アダージョ ロ短調 K.540
リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調
シューマン:交響的練習曲 Op.13(遺作変奏付)


いや〜、これは好き嫌いが分かれる演奏だと思いました。
満席に近かったのは、コアなファンが多いのかな。

個人的には、うーん…。
ゆっくり弾くところは本当にかなりゆっくりです。
譜面を見ながら、ゆっくり。
これ、どんなメロディーだっけ?というくらい。
ただ、音を凄く聴いて響きを楽しんでいるようにも見えました。

途中からその世界を楽しむ事にして、音楽が鳴っている宇宙を彷徨い、私も空想の旅に出ました。

ふと、バラ2もこれだけゆっくり練習すれば音を自分で聴くことが出来、今までのようにはならないのかなとも思いました。

音楽三昧の幸せな時間は終わり、明日からはまた現実に戻り仕事を頑張ります。



ピアノリサイタル♪

昨日はピアニストでもある仕事先の先輩の演奏を聴きに行って来ました🎶

お名前は伏せますが、色々な所でリサイタルを開かれています。

昨日はモーツァルトから始まりベートーヴェン、ショパン、ドビュッシーとラフマニノフ、アンコールにリストと多様な音楽を聴かせて頂きましたnote

仕事仲間も大勢集まり楽しい時間を過ごしましたhappy01

皆んなで話した事、沢山の刺激を頂いたので頑張ろう!と。
私も仕事も趣味も頑張ろう〜up

デュオリサイタル♪

今日は先生から頂いたチケットでデュオのリサイタルに紀尾井ホールまで行って来ましたnotes

GRAND DUO グラン・デュオ(椎野伸一(Pf),髙澤ひろみ(Pf))

◆タイユフェール:野外遊戯,ブルレスク組曲,間奏曲,ファンダンゴ,ラルゲット,シャグラン通り,ドビュッシーを讃えて
◆ミヨー:スカラムーシュ
◆ドビュッシー:小組曲
◆モーツァルト:ソナタ ニ長調K.448


初めて聴いたタイユフェールは、フランスの女性の作曲家でフランス六人組のお一人だそうです。
連弾でしたが、なかなか聞き応えのある美しい曲でした。
個性の違うお二人の演奏はお互いを支え合い輝かせていた気がします。

ドビュッシーは先日も聴いたばかりで、ペアによって全然違う曲になるなぁと思いました。

二台のピアノは置く位置を少しずらした並列でした。
私の席は、お二人の顔も手もよく見え、音もよく飛んでくる二階の1番前の右寄りにしました♪


休憩中に先生を探していたのですが見つからずcoldsweats02
でも、同僚にバッタリhappy01

ピアノの世界は狭い。

音楽を楽しむには。

私は絶対音感がある訳では無いのですが、ピアノのリサイタルに行くとどうしても音を追ってしまいます。
一昨日も昨日も頭の中にはドレミが鳴っていました。


昨日一緒に行ったお友達二人はピアノを弾かれないのですが、バッハの時にあの一定のテンポが心地良く眠くなったと言っていました。
私は音を追っていたので眠くならず。

ピアノを弾かれない人にはピアノ曲ってどう聴こえているのだろう。

私はオーケストラになると音楽として楽しめているような。
2楽章になると眠くなるという感じですcoldsweats01
ピアノ曲も純粋に音楽として楽しめたら、少し変われるのかな?と思ったのでした。

ピアノリサイタル♪

昨日はお友達に誘われて行った山本百合子さんのピアノリサイタル♪

とても温かなお人柄が表れた演奏会でした。

◆スカルラッティ
ソナタK.466

◆ショパン
2つのノクターン Op.15-2. Op.55-2

◆ベートーヴェン
ソナタ第21番「ワルトシュタイン」Op.53

◆ラフマニノフ
「6つの楽興の時」Op.16

細い身体から紡ぎ出される音楽。
力強くもあり、繊細でもあり、楽しませて頂きました。


そして今日は井垣壮太さんと小菅綾さんのジョイントリサイタル♪


◆ブラームス ハンガリー舞曲 6番

◆ジェルジ・クルターグ 花、人… 絡み合う音色

◆j.s.バッハ インヴェンションより 1番 15番 12番

◆シューベルト 即興曲 Op.142-3 、4

◆ショパン バラード 1番

◆j.s.バッハ パルティータ 6番

◆ドビュッシー 小組曲

アンコール:ブラームスハンガリー舞曲 5番


息の合った連弾から始まり、お二人のソロ。
シューベルトとショパン、とても素敵でしたshine
メリハリのある音色で、聴かせる演奏♪
最後のドビュッシーの連弾はプリモの小菅さんの歌うような演奏が心地良く、とても良かったです。


2日連続でピアノを聴きました。
自分は全然練習していないけれど、弾き方のヒントを沢山頂いた気がしますhappy01

エフゲニー・キーシン

一昨日、横浜みなとみらいホールにキーシンのリサイタルを聴きに行って来ましたnotes


〜プログラム〜

ショパン:夜想曲第15番 ヘ短調 Op.55-1
ショパン:夜想曲第18番 ホ長調 Op.62-2
シューマン:ピアノ・ソナタ第3番 へ短調 Op. 14
------------------------------------
ラフマニノフ: 「10の前奏曲」 Op.23より
1.嬰ヘ短調 2.変ロ長調 3.ニ短調 4.ニ長調 5.ト短調 6.変ホ長調 7.ハ短調
ラフマニノフ:「13の前奏曲」 Op. 32より
10.ロ短調 12.嬰ト短調 13.変ニ長調


〜アンコール〜

シューマン :トロイメライ
キーシン :ドデカフォニック ダンス
ショパン:英雄ポロネーズ



良かった〜〜happy01
ノクターンの15番の1音目からキーシンのピアノに引きずり込まれました。
みなとみらいの夜に聴けて幸せshine

18番のノクターンは、色々と思い入れのある曲で聴いていると切なくなってしまい、この曲を弾いていた頃を思い出していました。


後半の前奏曲、ブラボーです!
どの曲も明瞭で伝わる演奏。
端正でありながらもここぞという所は聴かせます!
Op.23-4は大好きな曲です。
こんな風に弾けたならどんなに気持ち良いだろうと思いつつ、プロならではの音作りなのでしょうと納得。


アンコールも圧巻でした。
ブラボーも飛び交い、スタンディングオベーションで拍手が鳴り止みませんでした。


とても心地良い充実した時間を過ごせましたnote

minaちゃん、また行きましょうねwink

第87回 日本音楽コンクール ピアノ部門 本選

先日、初台にあるオペラシティで行われた日本音楽コンクールのピアノの本選を聴きに行って来ましたnotes


今回は夏頃に放映されたテレビの影響からか、トッパンホールでの3次予選は早々に完売となっていました。


4名の演奏。
ベートーヴェン コンチェルト5番
チャイコフスキー コンチェルト1番
ラヴェル コンチェルト ト長調
ラヴェル コンチェルト ト長調


ベートーヴェンのこのコンチェルトは好きですが、編成が少ないせいか少し地味かな。

チャイコフスキー、1楽章後に拍手が入ってしまいました。華やかで聴衆とオケを味方に付けました。

ラヴェル、楽しい曲だけれど、後半に続けて同じ曲で、後に弾いた女性が不利だったかな。2楽章はとても綺麗でうっとりしましたが。


結果、1位が3番目に弾かれたラヴェルの方。
聴衆賞は2番目に弾かれたチャイコの方。

1日に4名のコンチェルトが聴け楽しかったですhappy01

習いたい♪

昨日の歌の合わせの時に、彼女から色々と教えて貰いました。


歌を通して、全体の曲作りや、こうした方がお洒落になるとか、ここはもっとこういう感じでとか、具体的な表現や歌う事で伝えてくれました。

歌を習いたくなりました♪
ピアノの上達を願って歌を習うのも良いのではと常々思っていましたが、昨日は確信しましたnotes


彼女が言うには、やはり歌の人がピアノを弾くのとピアノだけの人が弾くのでは違うと。
カッチリ弾き過ぎるのがピアノの人だそう。
これは私の先生も仰っていました。

習いたいけれど、時間とレッスン代の余裕が今の私にあるかな?
時間は作るもの。やってみようかな〜happy01

コンサート ラッシュ♪

まだ暑い盛りだった9月に「アムランとN響の仲間たち」に行って来ましたnotes

シャルル アムランと第1第2バイオリン、ビオラ、チェロの弦楽四重奏と合わせたショパンのコンチェルト1番と2番。


アムランはとても素敵でした。
あのまろやかな音が会場に美しく響きとても良かったです。



そして、11月はキーシンから始まり、毎週の様にコンサートに足を運びます♪

昨日は先生からデュオのチケットを頂きましたhappy01
先日はご近所のお友達からもピアノのリサイタルのチケットをどうぞと。
その他にも幾つかチケットを購入していて、とても楽しみです!

沢山の音楽を堪能して来ますheart04

今後の予定

取り敢えず、バラ2は忘れない程度に練習して、10月か11月にステップで弾こうと思っています。
次回のレッスンで、日程を先生とご相談予定です。


バッハはパルティータのcapriccioを仕上げる。
イタリアンコンチェルトの1楽章の譜読み。
今、左右を分けて見ていますが、本当に面倒。
この作業が苦手。
でも、絶対にそうやって行かないと、レッスンでいきなり振られるので、頑張ってます。


シベリウスのロマンス。
4ページの曲で途中が少々難しいのですが、好きなメロディーなので苦痛には感じないです。
ただ、これはバッハの目処が立ってからにしようと思っています。


そして、歌の伴奏2曲。
少し弾いてみましたが、三連符が多い。
それも長さの違う、四分音符に対しての三連符や二分音符に対しての三連符等。
歌の子とは10月に合わせる予定なので、お盆休みに譜読みを進めるつもりです。
先生には次回のレッスンで見て頂きます。


こうやって書くと少し頭の中が整理出来ました。
譜読みばかりで大変だ〜と思っていましたが、何とかなりそうですhappy01

より以前の記事一覧