音楽

味のある演奏

一昨日、コンサートでベートーヴェンの熱情を聴く機会がありました。

その方は他にもヘンデルやシューベルトも弾かれていましたが、最後に弾かれたこの熱情がとても良かったです。

楽譜を見られての演奏、音を所々外したりもするのですが、熱いものを感じました。

味のある演奏というのでしょうか。

よく先生が、若い子よりも大人の演奏は味があるから面白いのよと仰っています。

その人の歩んで来た人生経験、感受性、あらゆる物への好奇心、向上心、全てが表れてしまうのでしょうか。

只今52歳の私。
あと30年生きられるとして、心豊かにまだまだ吸収できるのかな。
味のある演奏を目指して!

幻想即興曲

小学校4年生の時、音楽の先生が休み時間になるとショパンの幻想即興曲を弾いていました。

多分その時この曲を初めて聴いたのだと思います。
子供心にとても感動して、先生に何回もおねだりして弾いて貰っていました。

私にも弾けるようになりますか?
の問いに弾けるようになるわよ、と言って貰え嬉しかった事を思い出しました。

それから40年余り…。
弾く機会も、先生から勧められる事もなく…。
指回りが悪い私にはハードルが高いのでしょう。

先日アムランがアンコール曲で弾いていました。

弾いてみたいなshine

純粋な気持ちで憧れた幻想即興曲。
今度のレッスンで先生にお聞きしてみようnotes

音楽三昧♪

数日前、二つのリサイタルを聴きに行きました。

一つは、アムラン。
シューマンに始まり、ショパンのバラード全曲、アンコール4曲全てショパンshine

バラード2番を聴きたくて行きました。
全曲弾く時と、一曲だけ取り出して弾くのでは音楽の作り方が多少違うとは思いますが、アムランの2番は好みでしたnote

クマさんのような風貌と全身全霊で弾かれるからか汗をふきふき。


アンコールの遺作のノクターンハ短調はトリルを所々入れられていてオシャレでした。



そして、もう一つは毎年聴きに行っている藤原由紀乃さんのリサイタル。

ベートーヴェン、リスト、ショパン、シューマンと沢山の曲を聴かせて頂きました。
アンコールもショパンやラヴェル等よく弾かれる曲が並びました。

由紀乃さんは、前傾姿勢で弾かれるのですが、それでも美しい音に変わりはなく。



これだけ素敵なピアノを沢山聴いたのだから練習したくなるかと言えば、そうでもなくsweat01


この気候のせいなのか、ダルダルですcoldsweats01
目標にしている練習開始時間から、いつも30分はしないとする気になれないcoldsweats02
ダラダラ、ダルダル、ゴロゴロ…。

pianoを聴いて♪

先週の金曜日は仕事先の方のリサイタルがありました🎶
モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、ラフマニノフとフルコースを頂いたような素敵なプログラムでしたnotes
秋にまたリサイタルを開かれるので聴きに行くつもりです。


そして、土曜日はお友達の発表会でしたnote
いつも完成度の高い演奏を聴かせてくださいます。
今回はショパンのノクターン、17番と18番。
それはそれは美しくしっとりとお友達の世界観そのままでしたshineshineshine
私は今までお聴きした中で、どれも勿論素敵だったけれど、今回のノクターンが一番好きかもheart04

また聴かせてねwink

お友達の発表会♪

日曜はずっと楽しみにしていたお友達の発表会でしたnotes

いつも美しく弾かれるお友達。
今回はショパンのバラード1番を弾かれました。
数ヶ月前に練習会で聴かせて頂いた時にも素敵だったけれど、更に磨きが掛かり、ショパンの世界でしたshine
冒頭の音から歌があり、うっとり聴き入ってしまいました。


もう一人のお友達はショパンの幻想曲を弾かれました。
練習会の時には確か違う曲を暗譜で弾かれていたような。
以前にも増して音の色彩が美しく、こちらもまたうっとり。
完成度の高い、堂々とされた演奏が印象的でした。


多くの大人の方やお子さんの演奏を聴き、刺激を頂きました!
音の艶、粒、深さ、厚み、そして身体を流れる音楽。

自分の発表会までにやりたい事が見えて来ました。

今日は本当にありがとうございましたnotehappy01note

オルガン・ピアノの本1

懐かしい楽譜。


私自身はバイエルから始め、途中で先生が代わったので、この楽譜は3巻からお世話になりました。

この赤い1巻は娘の物です。
数ページめくると、



色ぬりです。


先生に好きな色を塗ってごらんと言われ、色鉛筆を出して来て楽しそうに塗っていました。

「ママ、色を混ぜても良い?」

私には色を混ぜるという概念が無かったのですが、子供の感性って柔軟。
そんな事を思い出しました。

娘はこの時、何を思い浮かべていたのだろう。

きっと今聞いても覚えていないだろうな。


私もピアノを弾きながら音に、音楽に何かを感じたい♪

今年の予定♪

昨年はゆっくりとピアノに向かっていたので、今年は少しだけエンジンをかけてみようかと思っています♪


発表会で弾く予定のバラ2は他の舞台でも弾くと思うので、自分が出来る精一杯の事をしたいです。

他は、バッハのパルティータ2番Capriccioを春までに終わらせる予定。


もう一曲、邦人の曲を弾きたいです。
まだ何にするかは決めていませんが。


こんな感じで今年は曲数は少なくなりそうですが、じっくりと深く関わっていければと思っていますhappy01notes

一年を振り返って

今年は娘が仕事を辞め、転居に入籍と大きな動きのあった年でした。


私自身も、今の仕事でチャレンジがあり、四月には少し責任のある立場になる予定です。


ピアノは、ゆっくりとしたペースで練習した一年でした。

バッハはフランス組曲3番とパルティータ2番の途中まで。
ショパンのプレリュード、1.2.4.12.15.20.24を弾きました。
あと斎藤高順さんの3つの宝石よりサファイヤ。


もっと嫌がらずに普段弾かない近現代を練習すれば良かったかな。

来年は、娘の結婚式から始まり、発表会もあります。
だんだん無理のきかない年齢になって来ているので、自分の身体を労わりながら、精一杯の事をやって行きたいと思っています。


最近、仕事で私が担当したグループの時に必ず言う言葉があります。

「今日も一日、笑顔で頑張りましょう〜!」

笑顔で福来たるhappy01


では、今年一年ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

音楽会♪

先日、ふわふわさんが主催されている「ふわふわ音楽会」に参加させて頂きました♪

2ヶ月くらい前にお声を掛けて頂いてからの選曲。

悩みました。

丁度その頃にショパンのプレリュードとバッハのパルティータを練習していたので、どちらかにしようと。

楽譜を見て弾くつもりだったので、だったら普段舞台に上げないバッハが良いかなと先生と相談しました。

もう一曲を何にするか。

パルティータは2番のシンフォニアを弾く事を決め、続きのアルマンドかサラバンドかロンドーを足すか。

先生の地味よねの一言で、斎藤高順さんのサファイヤに決定。



そして迎えた当日。

相変わらず、人前で弾く前は緊張して食欲が落ちます。
今回は、一言喋るのも更に緊張する要因。

ま、何とか無事に?話終わりスタンバイ。

珍しく手足は震えず。

でも、隣の音を引っ掛けるし間違えるし、弾き直すしsweat01


そんな私の演奏でしたが、とても楽しかったですhappy01heart04

それは、ふわふわさんのお人柄と聴いてくださっている皆さんの温かい眼差しと雰囲気が、そうさせてくださったと思っています。


皆さんの演奏も、心のこもったものでした。
これがピアノを楽しむっていう事なのかなと改めて思いました。


なので、いつもなら沢山反省して夜も眠れないほど落ち込むのですが、よく眠れましたhappy01

back number

殆どクラシック音楽しか聴かないのですが、back numberだけは別。

何年か前に「わたがし」を聴いてからファンですhappy01

相変わらず、歌詞はあまり私の耳には入って来ず、メロディーがとにかく好きheart04

今ハマっているのが、「サイレン」

ノリノリで運転してますrvcar

より以前の記事一覧