« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

レッスン♪(9/28)

爽やかな秋の気配を感じながら先生のお宅に向かいました。


noteシューマン 献呈

本当は次回見て頂こうと思っていたのですが、取り敢えず今の段階で歌の伴奏について教えて頂きたかったので持って行きました。

歌の伴奏なので、ピアノではここでブレスと思う箇所ではなく、歌詞の文節の切れ目でブレスをする。

私の伴奏に合わせ、先生はドイツ語で歌ったりピアノで旋律を弾いてくださいました。

伴奏にメロディーが出て来るところでは音を響かせ一緒に歌う。

歌詞を見て、伸ばす所の後は間を取ってあげる事。

あとは、歌う人がどう揺らすかに依るそうです。


もう一曲の伴奏は次回に。
こちらの方が譜面は簡単なのですが、三連符の同音連打がうるさくなりそうで怖い…。



noteプレディ

属七の和音
3.4.5の指の広がりがキツイ。
手が大きいので1.5の広がりは難しくはないのだけれど、その間に音があるとなかなか良い音では弾けません。



noteバッハ イタリアンコンチェルト 1楽章

2回目。
練習して行ったテンポより先生が横で弾かれるのが速いsweat01
ジャズの要素のある曲なので、二拍子を感じながら楽しくリズミックに。
ムズイ。



noteシベリウス ロマンス

バッハからシベリウス への気持ちの切り替えが大変。
良い感じで入れたのですが、左手のメロディーはもっともっと歌って良いそう。

途中で出てくる細かい音を適当に弾いていたら、左右でワンセットを区切って練習する事。
その先の左右が分かれて一気に行く箇所はペダルを取って音の鳴り方に注意する事。
何年もピアノを習っているのに、こういう練習を自分から気付いてしないsweat02
先生には今それに気付いたのだから良かったじゃないと言われました。
そういうものなのか。


この曲は私が好きそうねと仰っていて、何処かで弾けば?と。
年明けにでも何処かで弾こうかな♪



さて、バラ2を来月見て頂く事を決め、12月のステップに申し込みました。
12月の音楽会の前にステップが良いんじゃない?と言われましたが、日程的に難しいのとステップが後の方が気が楽なような。
という事で、世間が一番忙しい頃に本番ですcoldsweats01
ドサクサに紛れて弾こうという魂胆smile



まだ購入してはいないのだけれど、ウィリアム・ウェストニー著の「ミスタッチを恐れるな ~ 伸び悩みの壁を越え、演奏に生命力を取り戻す」


私なんてミスタッチだらけなので、勘違いして更にミスタッチをしてしまいそうなタイトル。


これを買おうかと思って見ていたら、ドン・グリーン著の「本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~」という本を発見!

私にはこちらの方が良さそうですcoldsweats01

今日は珍しく雑誌の付録で欲しいのもあるので、本屋さんに買いに行こう♪


その前にレッスンnotes
更にその前に後輩とランチrestaurant

連休

娘とお婿さんが、相棒のコンサートに行く為にこの三連休は帰って来ていました。

コンサート以外の日は私と娘は新宿に靴を買いに行ったり、横浜元町のチャーミングセールに参戦したり。

買い物三昧のお休みでしたhappy01


なので、ピアノを全然弾いていませんsweat01
さてと、少し弾いてから仕事に行こうっと♪

沢山の曲に囲まれて♪

キャパ以上の沢山の曲を抱え、期限付きの曲もあり、頑張って練習しています♪


伴奏は10月の末に合わせる事となりました。
やっと曲らしくなって来ましたか、まだ速くは弾けません…。
これがソロならこのテンポでも良いのですが、歌の伴奏となると息が続かないテンポで弾くわけにも行かず。
あと1ヶ月と少々で、歌の人が安心出来る伴奏をしたいです。


連弾、お友達に泣きついて、2曲ある内の1曲のパートをチェンジして貰いましたcoldsweats01
音符が多すぎて私の手には負えませんでした。
ですが、チェンジして貰った方のパートは、それはそれで歌わなくてはならず、これまた難しいです。
でも、面白い曲なので全然飽きません。
弾きこなせたら格好良いだろうな〜shine


ショパンのバラード2番、いつ弾こうか悩んでいますが、多分12月。
他でも弾かせて頂く予定なので、12月に2回弾かせて頂いて終了し、その後は連弾に没頭したいです。


バッハとシベリウス 、譜読みから一歩踏み出した感じでしょうか。

全部の曲を1日に練習するには時間が足りないので、順繰りやっています。

今朝は連弾、伴奏、バッハで終わり。
この後、夜まで仕事なので仕方ない。

短時間集中で練習した時の方が満足感はある気がします。

連弾の譜読み

練習日を決めたので、少しエンジンが掛かり、きちんと譜読みをしようという気持ちになりました♪

連弾は一人で弾いていても、ピーンと来ない時があります。
やっぱり合わせてこそですね。


音符自体はそんなに多くない曲だけに一つ一つの音をどう感じどう弾くかの難しさを感じます。

譜読みの時からイメージを持ち、フレーズを感じて練習をしたいです。

音読みだけにならないよう、頑張ろう!

足のもつれ

一昨日の事、夜仕事帰りに寄ったスーパーで、おもいっきり転びましたsweat02
左手に持っていたパンを握りつぶし、右手に持っていた紅生姜も床に落ち…。

疲れからだったのか足がもつれ、転びそう!と思い踏ん張ったのですが、そのまま転倒。

パンプスは吹っ飛び、両膝を打ち付けました。

周りは見ないフリをしてくれていました。
恥ずかしかったcoldsweats01

痛みは次の日から出て、更に青アザsweat02


友人には脳梗塞とか大丈夫?と聞かれ、多分大丈夫。


だんだん足が衰えて、自分では上げているつもりでも上がっておらず、躓くことも…。

しかし、こんな転んだのって小学生以来かな?

気をつけよう。

レッスン♪(9/5)

発表会の後譜読みも多いので、1ヶ月時間を頂いてのレッスンでした。


11月の歌の伴奏のお話や、2月の連弾の演奏会のお話、そしてバラ2を再度舞台に上げる事もお伝えしました。

先生から、大忙しね〜!と。

本当に、仕事もこれから繁忙期で忙しくなるのに、私大丈夫かな?と思いつつも楽しみですheart04


バラ2はステップで演奏する事に決定で、時期は私の気持ち次第だそうです。
今はゆっくり、楽譜を見て弾くところから。


伴奏は、10月に入ってから見て頂く事にしました。
今日は、まず最初にする事から教えて頂きました。




noteプレディ ー

*属七の和音
手が大きいので届くには届くのですが、4の指が今一つ活躍してませんsweat01
色々な弾き方をしましたが、手首の力を抜く事も必要。
転回形を更に転調させる。←とても苦手coldsweats01



noteバッハ パルティータ2番 capriccio

これを最初に楽譜を眺めたのは一年前。
少し見ては違う曲に没頭したりして、やっと形になったかな?と思ったのが今年の6月頃。
そして発表会があり、またしても弾かなくなり…。
やっとこの1ヶ月で再度声部ごとに分けての練習を始めました。

リズミックに弾かなくてはならない箇所が、私が弾くと違うsweat02

でももう終わりにしたくて、先生も仕方なさそうに卒業させてくださいました。

バッハは、好きか嫌いかと聞かれれば、嫌いではないです。
でも、自分で弾くのは辛い。




noteバッハ イタリアンコンチェルト 一楽章

バッハは辛いとパルティータで思っているのに、まだ続きます。

先生から見て来た?と聞かれ、少しだけとお答えしました。

なのにーー、結局最後まで見て頂きました。

二拍子、メトロノームに合わせる事と、ロマン派の様な打鍵をしない事。




noteシベリウス ロマンス Op.24-9

気持ち良く入ったつもりでしたが、もっともっと歌って良いそうです。

バッハの後に弾くのは気持ちの切り替えが難しいわねと仰っていました。

なので、次回は先にこっちの曲を弾こうかな。

ロマンチックな曲ですheart02
大好きです。

先生からもayayanさんの好きそうな曲よね!と。

そして、ソステヌートペダルのデビューをしましたnotes
初めて踏む真ん中のペダル。

今回は重音や和音を伸ばす時に使い、濁らずに他の音を重ねられるという優れものshine

この曲に関しては、先生からかなり繊細な音を求められました。

難しいけれど、好きな曲なので頑張れますhappy01






« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »