« 本 | トップページ | 怒られた(T . T) »

レッスン♪(9/28)

爽やかな秋の気配を感じながら先生のお宅に向かいました。


noteシューマン 献呈

本当は次回見て頂こうと思っていたのですが、取り敢えず今の段階で歌の伴奏について教えて頂きたかったので持って行きました。

歌の伴奏なので、ピアノではここでブレスと思う箇所ではなく、歌詞の文節の切れ目でブレスをする。

私の伴奏に合わせ、先生はドイツ語で歌ったりピアノで旋律を弾いてくださいました。

伴奏にメロディーが出て来るところでは音を響かせ一緒に歌う。

歌詞を見て、伸ばす所の後は間を取ってあげる事。

あとは、歌う人がどう揺らすかに依るそうです。


もう一曲の伴奏は次回に。
こちらの方が譜面は簡単なのですが、三連符の同音連打がうるさくなりそうで怖い…。



noteプレディ

属七の和音
3.4.5の指の広がりがキツイ。
手が大きいので1.5の広がりは難しくはないのだけれど、その間に音があるとなかなか良い音では弾けません。



noteバッハ イタリアンコンチェルト 1楽章

2回目。
練習して行ったテンポより先生が横で弾かれるのが速いsweat01
ジャズの要素のある曲なので、二拍子を感じながら楽しくリズミックに。
ムズイ。



noteシベリウス ロマンス

バッハからシベリウス への気持ちの切り替えが大変。
良い感じで入れたのですが、左手のメロディーはもっともっと歌って良いそう。

途中で出てくる細かい音を適当に弾いていたら、左右でワンセットを区切って練習する事。
その先の左右が分かれて一気に行く箇所はペダルを取って音の鳴り方に注意する事。
何年もピアノを習っているのに、こういう練習を自分から気付いてしないsweat02
先生には今それに気付いたのだから良かったじゃないと言われました。
そういうものなのか。


この曲は私が好きそうねと仰っていて、何処かで弾けば?と。
年明けにでも何処かで弾こうかな♪



さて、バラ2を来月見て頂く事を決め、12月のステップに申し込みました。
12月の音楽会の前にステップが良いんじゃない?と言われましたが、日程的に難しいのとステップが後の方が気が楽なような。
という事で、世間が一番忙しい頃に本番ですcoldsweats01
ドサクサに紛れて弾こうという魂胆smile



« 本 | トップページ | 怒られた(T . T) »

ピアノのレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本 | トップページ | 怒られた(T . T) »