« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

伴奏♪ (追記)

仲良くしていた元同僚が秋に結婚式を挙げます。

同僚数人と共にお呼ばれをしていて、そこで歌科を出た若い子の伴奏を頼まれました♪

シューマンの歌曲、『献呈』。

リストが編曲したピアノ曲は好きで、いつか弾きたいなと思っていました。

初めて歌の伴奏をするので、ドキドキ。
譜読みが出来たら一度先生に見て頂こう。
歌詞の意味を理解する事と、読めないであろう歌詞、多分ドイツ語?を歌うご本人に教えて貰おう。

楽しみheart04


=追記=

今朝早くに後輩から連絡が来ました。
もう一曲追加でと。

『Time to Say Goodbye』

合唱の伴奏はした事があるけれど、歌の伴奏は初めて。
私で良いのか聞いたら、良いとの返事なので頑張ります。

私に足りない間合いの取り方が勉強出来そうです。

というか、勉強の為に弾いてはダメですね。
心からお祝いとして演奏しますhappy01

発表会♪

雨女の私coldsweats01
昨日は、台風直撃だったらどうしようと数日前から心配していました。
晴れたのは私以外の皆様の普段の行いが良いのでしょう。

心から晴れて良かったとは言えないのは、先日の大雨で被災された方々を思うと今回の台風がまた関西へ向かってしまっていたから。
前回、私が生まれた広島県も大きな被害がありました。
どうかこれ以上、被害が広がりませんように。


さて、発表会♪

2部の終わりに連弾でした。
相方さんの落ち着いた演奏には本当に助けられています。
私の焦る気持ちを抑えてくださいます。
少しの音の間違いは置いておいて、本当に気持ち良く弾けましたhappy01

1曲目は割と音が多いのと、昔弾いたので何とか誤魔化してでも弾けるかなと思っていました。
私はプリモ。

問題は2曲目。
プリモとセコンドを入れ替え、私はセコンド担当。

和音が多く、音を間違えると不協和音になり、とてつもなく聴き苦しくなります。
私にしては珍しく、多分間違えなかった…と思う。
バランス的には私が大きかったかな?と思う箇所もありましたが、楽しく終えられましたhappy01


そして、プレッシャーの大きかったソロのバラ2。
舞台に出る前に、同門のお姉さまと沢山お話をして、手を振って出たもののcrying

あまり上がってなかったんですよ。
暗譜落ちし易いと、先生に脅されていた出だしも気持ち良く入れたし。

なのに、何故〜。

苦手なパッセージではあったのですが、それでもその箇所で今まで止まった事が無かったのに。

4回くらいリピートして抜け出したけれど、その後も右手と左手の拍が微妙にずれて音が分からなくなる。

ゆっくりの所はそれなりに弾けたんだけどな。

勇気を振り絞って録音を聴いてみたら、最後のコーダをかなりのスピードで捲し立てていました。

先生には止まらなかっただけでも良かったとは言って貰ったけれど、汚い音のオンパレードと、自分が速いパッセージの箇所でこう弾きたい!と思える演奏が出来なかったのがとても悔しいです。


という訳で、多分私の性格から言って、この曲はこのままでは終わりません。

少し間を置いて、ステップに出て気持ち良く終わらせるつもりです。

ショパンは難しい。
バラ3の時もリベンジしたな。
好きな作曲家だけれど、舞台に上げるのは本当に難しい。


お友達も聴きに来てくださっていて、温かなお言葉を頂きました。
こんな酷い演奏でも良い所を見付けてくださるお友達。
本当にありがとうございましたhappy01

衣装

こんなにギリギリまで発表会に着るドレスで悩むとは…smile

いつもは早めに購入していましたが、今回は有る物を着ようと思っていたのが、そもそもの間違いcrying

結局、ネットで買ったものの、裏地がふくらはぎまでしかなく舞台では透けて見えそうsweat01
そして、胴の長い私が着るとハイウエストになってしまう。


困った〜。
昨日裏地を付け足そうと布を買ったのに、少々足りず撃沈down

で、家にあった黒い布でペチコートを作り、更にウエストの部分にはベルトの様に飾りを付けましたscissors


久しぶりにミシンを出して針仕事をしました。
やっぱり、好きなんだな〜heart04
こうやって一枚の布が形になるのが。

少し時間が出来たら何か作ろう!


出来上がったのを着ようとしたら、ウエスト部分に付けたベルトのせいで、腰や肩が引っかかって上からも下からも無理sign03


仕方ないので、ファスナーの部分を少しほどいて、何とか着られる状態になりました。

こんな土壇場に私は練習もせずに何をしているんでしょうcoldsweats01

シベリウス

次の曲はバッハのイタリアンコンチェルトは決まっています。
もう一曲、短くて譜読みのし易いのが良いな〜と。
シベリウスのロマンスOp.24-9にしようかと思っていますhappy01

シベリウスの曲をYouTubeで聴いていて、この曲が良い!
と思って楽譜を見てみたら、何と以前に譜読みをしていたというcoldsweats01
指番号など、書き込みを発見。
すっかり忘れていました。

潜在的に好きなメロディーなんだと思いますheart04


バラ2が無事に終わらないと、私の事だからまたバラ2を弾き続けてしまう気がするので、気持ち良く終わらせてシベリウスへGO!

楽しく♪

昨日は連弾の最後の合わせでしたnotes

私が波に乗れないリズム音痴なので、本当に困っていますが、相方さんの落ち着いた演奏でカバーして貰おう!

もう何年も前になりますが、初めて連弾をした頃から随分と変わって来た気がしますhappy01

お互いの音に慣れて来た事。
こうやって弾かれるだろうなと想像出来る事。
そして安心感。
楽しく弾こうっと♪


相方さんのご厚意でソロも弾かせて頂きました。
あーぁと思うところが沢山ありました。
それが分かっただけでもヨシとします。
最近、身の丈に合った演奏で仕方ないと思うようになりました。
上手になりたいし、弾きたい。
努力もするつもりです。
でも、自分は自分なんだよねと。
なので、今回の目標は崩壊せずに最後まで辿り着く事!
うん、これで良いhappy01

レッスン♪(7/21)

暑いsun
朝からこんなに暑いなんてsweat01


土曜日の夕方からのレッスンでしたが、昼間に家を出ていたので一番暑い時間だったかもsweat02


noteショパン バラード2番

ショパンしか持って行かなかったら、先生から他は?とcoldsweats01
いや〜、流石に間際なのでショパンのみで。

先日の練習会後からポイントを絞って練習していました。
その成果は多少あったようです。
でも、本番は何があるかわからないし…。

努めて、ゆっくりめで弾こうと思っています。
なかなかその気持ちになれなかった理由は、沢山のピアニストの演奏を聴いてしまい、そのテンポで弾きたいと思ったからでした。

でも、弾けない速さでスカスカの音で弾くよりは、余裕のあるテンポで出来る限り音を聴こうかと。

それでも慌てん坊の私は、速くなってしまうのですけれどねcoldsweats01

流れに任せるけど、客観的に聴いて、お休みポイントを活用する!


次の曲は、バッハのイタリアンコンチェルトとメンデルスゾーンの無言歌集からが良いかなとお伝えしたら、楽譜棚に行かれ、シベリウスは?グリーグは?アルベニスは?と言われていました。

短い曲が良いので、暫く悩みます。

練習会♪

今日は練習会でした。
久しぶりにお友達にお会いする事が出来、とても嬉しかったです♪

それにしても毎回の事ながら、皆さんお上手です。
音をよく聴いていらっしゃいます。


私、本当に酷くて、本番近いというのに間違えるし暗譜は飛ぶしsweat02

そんな中、アドバイスを頂きました。

・お休みポイントを作る。
・聴く方も緊張しているのでホッと出来るよう、呼吸後息を吐くタイミングで弾いてみる。
・今の速さで、全然遅く感じないから大丈夫。

と、先生を信じていない訳ではありませんが、ピアノ仲間に言って貰えると頑張れそうです。

お休みポイント、楽譜を眺めながら何処にしようか考えますhappy01

下手なグダグダな演奏でお聴き苦しい思いをさせてしまいましたが、この発表会前の時期に弾かせて頂けて良かったです。

ありがとうございましたhappy01

バタバタ

息子の肺気胸は穴が塞がったので、今回はこのまま様子見だそうです。

ただ、再発したら手術になります。

今日、大学に行ったのですが、歩くと苦しいそうsweat02

夏休みに手術とならないように極力安静にして欲しい。




発表会の衣装。
悩みに悩んでいます。
もう買うのは止めようと思っていたのですが…。
曲のイメージのドレスはこの時期には暑そうかなとか、このドレスはイメージと違うしなとか。
袖があると優雅に見えるけれど、やっぱり邪魔だからノースリーブで太い二の腕を出すか。
ワンピースにしようかと着てみたものの、これまた違うかな。
と、迷走中。
今日は仕事中、色々立ち寄り見てみたけれど、コレといったのは無し。
なので、ネットで1着注文してみました。
もし合わなければ無料で返品出来るそうなので、試してみます。

レッスン♪(7/16)

先生のお家の最寄り駅は猛暑、酷暑、本当に暑かったですsunsunsun

着いてからもなかなか汗が引かず、お茶を頂きながら15分程お喋りしていました。




noteショパン バラード2番

一度暗譜で通しました。

今までで一番、先生がのんびりとレッスンしている感じがします。
いつもなら早めに楽譜を先生のピアノに置かれて暗譜でのレッスンをされるのですが、今回は昨日が初めて!
それも私から言って。
先生も諦めモードなのかな。

やる事は沢山有るのだろうけれど、多分今の私にはこれ以上は望めそうもないか…。

私の思い描くバラードとのギャップが自分を苦しめています。




noteシューマン 東洋の絵1.3

1の冒頭の前奏部分が、練習している時からちょっと違うなと思っていて、ペダルの入れ方を変えたりしていましたが、先生のレッスンで分かった事がありました。

こういう風にいつも弾ければ良いのですが…。
足を引っ張る私sweat02

あと1回合わせてから本番です♪










色々と

毎日暑くて溶けちゃいそうpenguin


先日、夜仕事から帰ったら、息子が具合いを悪くしていて、次の日に病院へ。
連休で帰って来ていた娘に息子を託し、私は仕事へ。
そして、息子は肺気胸だと診断され、明日再度受診して穴が塞がっていなかったら、入院の予定となっています。
なので、明日17日は、全ての用事を取り止め付き添って行くつもりです。


と、深刻そうですが、息子は安静にしていれば良いとの事で、今は自宅で寛いでいます。
昨日は暇を持て余したのか、チーズケーキを2種類作っていました。
激ウマでしたhappy01





そして、昨日は娘と銀座へ買い物に行きました。
日傘を買って貰う約束だったので、デパート巡り。
ですが、なかなか欲しいと思うような物が無く今回は見送りましたsweat02残念。

銀座を闊歩していたら、テレビ局2社から声を掛けられ、1社に応じました。
さて、テレビに映るでしょうか。

銀座のヤマハにも立ち寄りました。
娘がピアノを再開しようと思っているようで、デジタルピアノだけれど、ハンマーアクションのある物を探していました。
指弾し、パンフレットを貰って来ました。

ずっとグランドで練習していたので、物足りないだろうなとは思いますが、住宅事情を考えると仕方なさそうです。


そして、バラ2を娘に聴いて貰いました。
普段暗譜落ちしない箇所で分からなくなってしまいましたcoldsweats02ヤバイ。

細かく最初から区切って。
四分音符で手首を使い過ぎるから細切れに見える。
ペダルに頼り過ぎて伸ばしきっていない。
先生にも同じ事を言われていました。

他にも聴こえて来ないといけない音や、フレーズの取り方、間のあけ方からのフォルテッシモの弾き方等々。

自分ではやっているつもりでも出来ていない。
もっともっとオーバーにやって伝わる。

普段先生から言われている事と重なるところが多かったのは、やはりそれが私の出来ていないところなんだなと改めて思いました。

テンポも色々聴いていると皆んな速い!
でも私はやっぱりそんなに速くは弾けない。
娘曰く、そんなに遅く聴こえないから今のままで大丈夫と言ってくれました。
崩壊して汚い音になるくらいなら、今のテンポで自分を見失わない演奏のほうが良さそうです。


さてと、今からレッスンです。
連弾は今回が最後のレッスンで、ソロは来週もお願いしようと思っています♪



娘に

どうもしっくりとしないアダージョの部分coldsweats02

半ページほど録画して娘に送って見て貰いました♪

重厚な曲なのに、軽く聴こえる。
鍵盤から指が離れている事が多いのが軽く聴こえる原因かも。

と、アドバイスをくれました。

来週の連休に帰って来るので、ミニレッスンをして貰う予定ですsmile

曲の感じ方は私と似ているのですが、それを音にしたり曲として作るのは娘の方が断然出来ます。
なので、的確な指摘をしてくれるので助かっています。


早く帰って来ないかな〜heart04

熟?女子会🍽

今日は生憎の雨模様rain

そんな中、同僚&元同僚とのお食事会ですhappy01

ライングループ名が、「熟?女子会」となっており、笑ってしまいましたsmile

確かに皆50代,
熟女ですね。

それにしても一緒に働いていた頃が懐かしいです。

美味しいイタリアンを頂いて来ますhappy01

バラ2

昨夜、レッスンで言われた事を頭で整理しながら練習しました。

音を聴ききる。
声に出して歌う。
1丸、2丸、3ま〜ると言われた箇所の感覚を掴む。←これが一番難しい。


練習しながらふと、鉄琴や木琴を打つイメージで弾いたら聴こえてくる音や手の感じが違って、とても楽でした。

アダージョの所で、そういう余裕かあれば良いのですが、音に追われています。
自分が弾きたいイメージと先生の思いは一致しているとは思うのですが、それをどう弾くかが出来ない…。
どうすれば良いのかな?
2週間後のレッスンまでに消化したいな。

沢山のピアニストのバラ2を聴いてみました。
何かヒントを見付けられますように。

今、一度記事にしてから思い付きました!
ピアニストの演奏と共に声に出して歌ってみて、間合いを真似してみる。
色々な人の演奏に合わせてやってみると何かが見えるかも。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »