« 通行調査 | トップページ | お友達の発表会♪ »

レッスン♪(2/19)

昨日は楽しい事満載の日でした。

時系列で書こうと思っているので、まずはレッスンからnotes

久しぶりに午前中のレッスンで、いつもより早めに家を出ました。

主人がお休みだったので駅まで送って貰えラッキー。




☆ハノン  23・60番

音作りの為にしているハノンです。

・23番

先生にもっと音を出してと言われたマルカート。

言葉って難しく、言われている内容を勘違いする事も。

先生のもっと音を出しての言葉に「出るけど、それ必要?」と疑問に思う自分。

でも、よくよくお話を聞いているとffで弾くように仰っている訳では無く、響く音を。

鍵盤と指の丁度ハマった音をという事に気付き、そこを意識して弾きました。

ただ、これを自分の家で自分だけで聞き分けられるかというと、ちょっと自信が無い・・。


その後ゆっくりのスタッカートと速いスタッカートを。

こちらは、速いスタッカートの音色は良いと言われ、何となくそれは自分でも分かったので納得。

ゆっくりは今一つぼやけてしまう音で弾き方を教えて頂きました。


一音長めの七連符は、左手の3・4・5の指が絡まり弾けていない。

課題だわねと先生。



・60番

前回より良くなったと言われました。

楽に弾けるようになったので、この手の使い方を覚えられるように。



☆バッハ フランス組曲 3番 アングレーズ  ジグ

・アングレーズ

弾き始めたら、「そんなに速く弾かないで。」と。

Vivaceだからとこんな感じかな?と思っていたら、バロックの時代なのでいくらVivaceでもそんなに速くないと言われました。

弾き直しは私の感覚ではアンダンテのテンポかな。

とにかく、呼吸!と何度言われた事か。

自宅での練習録音を聴くと私も何でこんなに慌てて弾いているのだろう?と思うので、分かっているなら直そうよ、自分。


3回弾かせて頂いて、ま いいでしょう。だそうです。




・ジグ

こちらも呼吸。

1ページ目は良いと言われたけれど、2ページ目になると適当になる拍感。

そして自信の無い左手がバレバレ。

これは難しいからもう1回ねとの事。

次はパルティ―タの曲集に入ります。

何番かは好きなのを選んで良いそうです。

パルティ―タは知らない曲ばかりなので、今から楽譜と音源を聴きながら選びます♪




☆ショパン プレリュード  1・2・4番

手が痛いので3番は弾かない事をお伝えしました。

・1番

一度ゆっくり通して弾きました。

先生の横での合いの手?踊り?を自分の中で取り入れて弾くと少しだけ1番の曲らしくなりました。

拍子感が難しく、全部が重くなり弾けず、空回りしてどつぼにハマった状態だったので、レッスンで教えて頂けて本当に良かったです。

このノリを忘れないと良いのだけれどnote


・2番

本当に難しくて、左手の指の運びがぎこちなく音が飛び出したり、スラーでも弾けず困っていました。

別に弾かなくてもいいかな~なんて思っていましたが、折角なので見て頂きました。

通して弾いた後、先生から「本当はイケないのかもしれないけれど、左手のこの部分は右手で取るのは?」とご提案がありました。

横で先生が弾いてくださる2番がとても美しく、思わず「私、そのように弾きたいんです。でも私が弾くと滑らかでなく、立つ音が出てしまい嫌だったのです。」と言いました。

先生が仰るには、私は手が大きいのである程度の和音を掴めてしまう。

でも、楽に出来る部分はズルしても良いですよと。

今、手を痛めている事も有り、無理に全部を左手で弾かなくて良いと思ったのでした。



・4番

好きな曲で、その思いは先生に伝ったみたいですが、思いの乗せ過ぎで拍が曖昧になっているとの事。

弾き方のコツを教えて頂きました。

盛り上がる所は遠慮しなくて良いとの事。

この後、プレリュードは12・20・24を弾いて終わりにしたいですと宣言したら、あっさり「好きな曲だけで良いのでいいわよ~~。」と。

ふぅ~~。

 

« 通行調査 | トップページ | お友達の発表会♪ »

ピアノのレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通行調査 | トップページ | お友達の発表会♪ »