« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

ホールで練習

昨日は1時間ほどホールで練習しましたnote

取りあえず、ベートーヴェンから。
前に弾いていた方々が録音をホールの方に頼んでいて、受け取りまで裏にいらっしゃいました。

その状況をプラスに考えて、あがる練習をと思い弾き始めました。

あれ?っと思う箇所もありましたが、誤魔化しながら最後まで到達coldsweats01

その後、暗譜で後ろから確認、練習。
そして再度通しました。
多分昨日弾いた中では一番マシだった気がします。


次に連弾の練習も。
娘は仕事だったので、一人でプリモのみ。
本番はどうなるかな?
先生に「連弾は勿論セコンドも大切なのだけれど、プリモの音楽性に掛かってる。」と言われました。

はぁ〜。そう言われてもsweat02
かなりのプレッシャーです。
もしかしたらソロよりも怖いかも。


バッハのフランス組曲を流して弾いてから、最後にもう一度ベートーヴェンを通して終了。

濃い1時間でしたnotes

今月は2回もホールで練習出来て良かったですhappy01

レッスン♪(4/24)

ついこの間レッスンに行ったばかりですが、今日はソロのレッスンでしたnote

先生のお宅の庭に咲く藤がとても綺麗でした。

木香薔薇の黄色も可愛いheart04



☆ハノン

色々なパターンを弾きました。

やっと7連符は何とか弾けるようになって来ましたが、一番指に指令が行き渡らないのが速いバージョンのレガート奏法。

特に左手の3・4・5の指sweat02

弾き方や練習方法を教えて頂きました。

プラスで宿題に出されたのがハノンの59番。

こちらも以前やった事があります。

もう忘れてしまっているので一からです。



☆シューベルト ソナタ16番 一楽章

久しぶりのシューベルト。

全体的には良くなったと言って頂きましたが、細かい所で直す箇所多数。

特にフレーズの終わりの音が雑で聴いていなかったり、右手の動きばかりに追われて頭の中の音楽と指が連動していなかったりと、先生はお見通しでしたcoldsweats01

テンポを上げて一小節1拍、フレーズを大きく取る事をして再度通しました。

発表会が終わってから仕上げで弾く事になりました。

この後どうするか聞かれたので、本当は発表会で弾きたかった終楽章を弾きたいとお伝えしました。

ショパンはその後かな~shine




☆ベートーヴェン ソナタ31番 一楽章

通して弾いていたら、ある箇所の左手が隣の音を引っ掛け指がこんがらがり止まってしまいましたsweat01

先生に珍しい所で止まってしまったわねと言われましたが、多分この箇所は原因が分かっているので大丈夫だと思います。

昨日気付いた音が足りなかった事件は、何とか誤魔化し通り過ぎましたcoldsweats01

「語り」の部分は練習したでしょ?と先生。

この「語り」が出来れば最後まで行ける気がするんですとお答えしました。

先生もこの「語り」が大事だと仰っていました。



発表会までにあと1回レッスンがありますnotes

連弾もソロも頑張ろう~っと。

今日、プログラムを頂いて来ました。

ははは。プレッシャーに感じるこの順番。

イメージトレーニングをして乗り切ろうupオーrock

今更だけれど気付いてしまった…

ベートーヴェンの楽譜を眺めながら音を確かめていました。

「ここ弾きにくいんだよねぇ〜。」

と、ある箇所をさらっていて気付いたのですcoldsweats02

弾いていないよ!この音sad

何度楽譜を見ながらゆっくり弾いてみても、弾いていないeの音。

重音になっていてgisは弾いていたのだけれど。

あー!どうしよう。
明日レッスンなのに直すの間に合うかな。
先生も気付いていなかったのだからスルーしてしまおうか。。

性格的にそれは出来ない。。

明日は弾けないかもしれないけれど、発表会はちゃんとした音を弾こうsweat02

ずっと弾いていた曲だったので、かえって気付きませんでした。

2月にも弾いていない音を見付けて直したばかりだったのに。

レッスン♪(4/18)

先週、練習会をした夜に起こった地震。

九州には親戚が多く友人もいて、無事の知らせを聞いても掛ける言葉が見つかりません。

心穏やかに過ごせる日が早く来ますように祈るばかりです。





連弾のレッスンに行って来ました♪



☆W.F.E.Bach  アンダンテ

前回のレッスンから1週間。

娘は仕事で殆ど家におらず、合わせたのは2日間だけcoldsweats01

最初に通して弾きました。

少し歌い方が様になって来たようです。

私の癖でタイの後に音が抜けてしまうのを注意されました。

メロディーに対して内声の音が多くあるのでもっともっと弱く。

気を付けているつもりでも聴こえて来る音楽は違うのか。。



☆モシュコフスキー Op.21-3

こちらも通して弾きました。

先生の感想は「う~~ん。綺麗なんだけど重い。。」

二人の打鍵がスパッとしていないからだそう。

難しいな。

レッスンの前日に娘と同じフレーズが続く所をどう弾くか考えていました。

一応、楽譜にも印を入れて自分たちはこう弾きたい!という気持ちを表しました。

案の定、先生からどう弾くのか聞かれたので、楽譜をお見せしながらお答えしました。

良かった~~。

ちゃんと考えておいてhappy01



先生曰く、こっちの曲の方が大変そうねと。

バッハの方が合っていると。

へぇ~、そうなんだ。

そして、今回の様に私がプリモ、娘がセコンドの方が良いそう。

へぇ~、そうですか。

締める所でそれが出来る娘がセコンドの方が良いのだそうです。

私だとダレてしまうのかな。



次の連弾のレッスンは発表会直前です。

あ!プログラムに載せるコメント考えなきゃsweat02

そして、まだ詳細を知らされておらず、何時に始まるのかも何時に集合なのかも分かりません。

先生のんびりし過ぎですよぉ。

 

 

 

 

 

レッスン♪(4/10)

ソロと連弾のレッスンでしたnotes

一足先にソロのレッスンで私が先生のお家に向かいました。

今回のソロは1時間レッスンなので、ハノン、バッハ、ベートーヴェンを見て頂きました。




☆ハノン

マルカートとテヌートはなんとなくコツを掴めたような気がしますが、付点と連符は難しい。

特に左手の速い連符は指令が指先まで届かないcoldsweats02

本当にこれは自分の指?っていうくらい弾けませんdown

先生からは何が苦手で弾けないのかが分かっただけでも良いじゃないと言われました。

ハノンは音符が易しいので、音色や弾き方を学び易いでしょと。

基本的な事を学べたらと思っていますhappy01




☆バッハ フランス組曲 第2番 アルマンド クーラント

・アルマンド

綺麗な曲shine

左手のノンレガートをしっとりと弾くように。

2回弾いて終わり。

「きっとayayanさんはスカルラッティよりもフランス組曲の方が好きになると思うわよ。」と。

バッハを弾いていて楽しいと思えるようになりたいです。

譜読みがなぁcoldsweats01

2番は最後まで弾けるよう頑張ります!

・クーラント

「この曲は最終的には速くなるので、短い音符のトリルは取って。」

え~~?

前回はトリルを入れてたのに。

ずっと入れたまま練習していたのに。

トリルを入れないバージョンを練習していなかったので、指が思うように動かずグダグダのまま最後まで弾きましたdown

不完全燃焼sweat02

一拍目に重さを掛けてねと付け加えられました。





☆ベートーヴェン ソナタ31番 一楽章

一回通しました。

落ち着いた演奏だったと言われましたが、全然良い意味では無く、間が空き過ぎてしまったり、まったりして間延びしたりを注意されました。

一年以上弾き続けているので、弾き慣れてしまっていて忘れていた事。

それは「語り」。

今回のキーワードでした。

語りが出来たら崩壊しないかな?happy01




ベートーヴェンを弾いている時に娘が到着。

久しぶりに先生とご対面。

バッハの子孫の曲とモシュコフスキーを見て頂きました。


☆W.F.E.Bach  アンダンテ

二人の縦は合っているけれど、メトロノームのようにきっちりで音楽的でないsweat01

ロマン派の曲なのでもっと歌って揺れてペダルも入れて良いと。

言い訳になってしまいますが、揺れたかった私と揺れたくなかった娘が話し合った結果がこれでした。

そっか、もっと歌って良かったのねと納得したものの、この後家に帰って練習する時に二人の歌い方の違いで苦労するのでした。




☆モシュコフスキー Op.21-3

こちらも二人の息や打鍵は合っている。

でも出だしからスペインのニュアンスと私のメロディーの入り方の溜めや妖艶さを求められました。

大人の演奏をしてとの事shine

思いの外、バッハの方が合わせにくい事が発覚。

短く譜面づらは難しくは無いものの歌い方の違いがネック。

モシュコフスキーの方は勢いがあり、二人の感じ方が似ているので難しいけれど楽しいですnote

次のレッスンは1週間後です。

どれだけ合わせる時間があるかな。

大迷走のドレス選び

1ヶ月ほど前にドレスをネットで注文shine

くすんだブルーの鎖骨が綺麗に見えるであろうドレス。

周りの友人や家族にも相談して、絶対これがいいよ!と言って貰え購入しました。

そして届いたドレスは、とても素敵なんですが、私に似合わないsweat02
少しハイウエストになっているのが、年齢や体型にミスマッチsweat01


じゃ、このドレスは娘に着て貰うことにして再度淡いピンク色のドレスを注文heart04

こちらは良いのだけれど、ちょっとキツイcoldsweats02

娘とあーだこーだ言いながら、結局ピンクのドレスは娘が着ることになりました。


さて、私のドレスはどうしよう。
絶対に買ったブルーのは着たくない!
今家にあるドレスから選ぶしかないかな。。
と、思っていたのですが、娘のピンクのドレスの横に並んだ時にバランスの良いのを持っていない。


で、昨日レッスンの後に買いに行きましたhappy01
とても気に入ったデザインで即決good

発表会に間に合って良かったぁhappy01

あ〜びっくりした!

息子からLINE。

「卒業条件満たしてなくて留年。」

はぁ〜?

その後LINEで色々とやりとり。

理系は留年が多いとは聞いていたよsweat02

息子には1年の頃から留年は絶対ダメと言っていました。
経済的にムリだから‼︎

マジかぁ。

友人の息子さんもこの春留年決定と聞いていたのでLINEしようっとスマホを手にしていたら、再度息子からLINE。

「間違いだった。ちゃんと3年になれるし卒業条件も満たしてる。」と。

良かったぁ〜happy01

フライングで娘にはLINEしちゃったけど。

主人には帰ってから言おうと思っていたからセーフ。

全く人騒がせな息子だわcoldsweats01

本当に良かった。。

お花見

今日は何日も前から雨予報rain

高校時代の同級生と新宿御苑でお花見を予定していましたcherryblossom

朝は肌寒く、雨も結構降っていました。


そして新宿で待ち合わせ。
あれ?止んでる?
ランチをしてから外に出たら完全に止んでいて晴れ間もcloudsun


流石、超晴れ女の友人good


初の新宿御苑散策をして来ました。








連弾

3日間娘が休みだったので一緒に練習する事が出来ましたhappy01

親子なので、何となく歌い方が似ていたり弾き方が似ているので、ココは縦が絶対に合わないといけない!という箇所は割とすんなり出来ている気がします。

ただ所々、解釈が違い、それについて娘が私に意見を言います。

それが嬉しいのですheart04
大人になったな、成長したなって。

高校生の頃から意見を言う子ではあったのですが、その頃は言い方や態度でお互いにムッとする事もありました。
親子なので遠慮が無くて言いたい放題sweat02

今は冷静に、自分はこう思うけどママはどう?って感じ。
そして、高校生の頃とは違い深い所を話しているような。
こちらもココはこうして欲しいとか要望を出します。


あと、娘によく言われるのがテンポsign03
私って本当にテンポ感が無いんだなって改めて思いました。


きっときちんとテンポの取れる人だと、私のテンポ感は苦痛なのではと思ったり。

相方さん、いつも我慢してくださってるのかな。。


また暫く娘は仕事で家に居ないので、言い渡されたのがメトロノームで指定されたテンポで弾く事。
勿論、間やリタルダンド、揺れる箇所もあります。
でも、基本のテンポを取れないと柱が無い家のようになってしまうので、頑張ります!


トリル〜

昨日は娘と2週間ぶりに連弾の合わせをしましたnotes

娘と合わせられない間に私は一人頑張って練習していたのに弾けていないsweat02


バッハが思いの外難しい。
それもトリルが本当に下手で、あまりの下手さに娘からダメ出しdown

一緒に入れ方を考えてくれたり、数を減らしてみたり、娘が弾く手元を見て弾き方を変えてみたり。

良い曲だけに私がちゃんと弾けないと。
娘には「ママ、絶対ココ本番で弾けないよsign01」と。
何と言う恐ろしい事をshock


モシュコフスキーもまだ粗削りなのですが、こちらの方がノリが良いのと音符が多いのでちょっと間違えても目立たないcoldsweats01

いやいや、間違える事を前提に練習してはいないのですがsweat01

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »