« 練習会と現代音楽(追記) | トップページ | シューベルトの練習 »

バッハの練習

何でバッハの譜読みが苦痛なのか分かりました。

多分、カウントばかりして縦に刻み音楽の流れを感じていないから。
丁寧な練習をしなくてはいけない事も分かっているから余計に苦痛なのかも。


先生が私に平均律でもなく、今まで一度も弾いたことのないシンフォニアでもなく、フランス組曲を勧められたのには訳があって、「フランス組曲は他のに比べて音楽的でしょ。」と。

感覚的に弾こうとする私には良いでしょうとの事でした。


ベートーヴェンにしても、シューベルトにしても、出来てはいませんが、縦刻みにせずフレーズで取り音色を一応考えて譜読みを始めます。

それでも、先生からは前に進んでいない、大きくフレーズが取れていないと言われるのですがsweat01

ても、バッハとなるとフレーズとか音色とかを考えずに、とにかくカウントsweat02

だから声部ごとに分けて弾きましょうということなのか。
今朝バッハを練習していたら、少し音楽の流れが見えて来た気がします。

でも、指は思うように動いてくれず、「ここは繋げちゃダメ」って分かっているのに違う動きをしてしまったりcoldsweats02

気長に練習します。。

« 練習会と現代音楽(追記) | トップページ | シューベルトの練習 »

ピアノの練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習会と現代音楽(追記) | トップページ | シューベルトの練習 »