« インフルエンザ | トップページ | シンガポール(反省編) »

内藤晃(ピアノとお話) ショパンを味わう

本番が終わってからゆっくり書こうと思っていたのにインフルエンザで日にちが随分経ってしまいました。

2週間ほど前に東工大で開かれたプレトークとコンサートですnotes

プレトークでは曲を挟みながら楽曲の説明とショパンについてのお話。

ショパンって歌曲も作っていたのねと初めて知りました。

コンサートでは即興曲、マズルカ、ノクターン、舟歌と聴き応えたっぷり。

間に拍手はしないようにと演奏者からの言葉で、最初から最後まで集中して聴く事が出来ました。

ベイヒシュタインの優しい音色が会場を包みましたshine

きっとショパンも優しい弾き方でプレイエルを奏でていたのではないでしょうか。

そんな思いの残る演奏とお話でした。

« インフルエンザ | トップページ | シンガポール(反省編) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザ | トップページ | シンガポール(反省編) »