« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

聞き間違い

年齢を重ねるといろんな勘違いや聞き間違いが多くなっていますcoldsweats01

元々頭の回転も早くないので尚更sweat01

先日はスーパーのアナウンスで『ベートーベン ショクガ~~~』と。

何でベートーベンsign02・・暫く考えてしまいました。

再度流れたアナウンスで『冷凍食品が~~』と言っていたのを聞き取りました。

ベートーベン・・・悩んでいるからそう聞こえたのか。

きっとそんな風に思うなら弾かないでくれってベートーベンに言われそう。

レッスン♪(11/24)

昨日はお友達の発表会から帰って1時間ほど練習しました。

あれだけ素敵な演奏を聴かせて頂いたので余韻に浸りたかったのですが、

主人から「明日レッスンなら練習した方がいいんじゃない?ご飯作ってあげるよ。その間にでもしたら。」と。

甘えて練習させて貰いましたcoldsweats01




☆スカルラッティ L.366

2回目のレッスン。

ペダル、入れているのに踏んでと言われたのが数回。

踏み方が浅かったのかな。

スタッカートで跳ねすぎなので置くだけで良い。

もう少しテンポを上げて来てとの事。

丸貰えると思っていたので残念sweat01





☆スカルラッティ L.413

こちらも2回目のレッスン。

こちらの方が易しいでしょ?と。

好きな曲なので、こちらの方が弾き易いけれど、易しくはないなぁ。

所々直され、もう少しテンポを上げて仕上げて来てと。

こちらも持越し。

終わりにしたかったなcoldsweats01





☆ベートーヴェン ソナタ31番 1楽章

このベートーヴェンの楽譜を譜面台に置いたら先生から「他にも何か見た?」と聞かれました。

(え~~?他の曲で良かったの??だったら多分ショパンのポロネーズにしたんだけど。)

他の曲を見ている訳もなく、

先生がご自分の楽譜を探されている間に弾き始めました。

「恐る恐る入らなくていいから。」とお声が掛かりました。

とても繊細な出だしで、美しくカンタービレで弾きたい。

気持ちは分かって頂けていたようですが、恐る恐るだと響きがない。

Pだけれど、ふくよかな音でshine

数小節、メトロノームに合わせていたのにどうも拍子が取れておらず、横で先生がカウントしてくださるのだけれど、これがとっても苦手sweat02

その他には途中の32分音符の出てくる所では左右で分けて弾く事になりました。

その受け渡しに1の指は使わない。

柔らかい音が欲しいので2と4の指を使う事。

取りあえず家で弾くよりも少し速いテンポで最後まで弾きました。

多分、こういう曲調は嫌ではないから何とかなるはずと思いたい。

でも、発散系ではないから、途中かなり我慢していますcoldsweats01

先生からは「大人の曲。綺麗でしょ。ロマンティックでしょ。」と。

ですよね、弾けるかなぁ~~。

そして、1楽章で終わらせるって先生が仰っていたのに、2楽章を見てくるようにだそうです。

そっか。これ、最後の3楽章まで弾くのね。



皆さんに伝わっていますよね。

この曲に対してあまり気乗りしていない私。

ベー様に申し訳ない。それも後期を弾きたいと言っておきながら。

発表会は違う曲を選ぼう。

それを楽しみに今は31番を頑張ります。

お友達の発表会♪ 

昨日、一昨日とお友達の発表会に行って来ましたnotes

一昨日はsandさんの発表会note

いつも落ち着いていらっしゃるsandさん。

数日前にお会いした時の曇りがちな表情ではなく、明るくにこやかだったので安心しましたhappy01

演奏も勿論、とても素敵でした~~shineshine

あの難しい曲をあれだけ完璧に弾かれていて、聴く側も心にグッとくるものがありました。

次は半年後との事。

楽しみにしていますhappy01heart04



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


昨日の発表会はEkkoさん、Rooさん、Keikoさんnote

こちらのお教室の発表会を聴かせて頂くようになって10年位でしょうか。

本当に皆さん、素晴らしいshineshineshine

こう弾きたいというイメージを音に伝えて弾かれている。

3部に分かれていましたが、あっという間で、本当にコンサートに来ている感じでした。



Ekkoさんにお似合いのモーツァルト♪

モーツァルトをこれだけ素敵に弾かれる演奏を他で聴いた事がありません。

ほんわか温かな気持ちになりましたhappy01



Keikoさんのバッハ♪

舞台に立つ姿歩く姿、そして弾かれている姿、どれもが美しい。

いつも楽しそうに弾かれていて、それがピアノに表れている気がします。

もっと聴かせてくださいと思えるほど、聴き入ってしまいました。



Rooさんのさくらさくら幻想曲♪

美しいshineshineshine

大人のさくらさくら。

バックに桜の花びらが舞い落ちているかのような演奏。

途中、涙腺が。。

心を打つ演奏。3月の演奏も楽しみにしています。



2日間に渡って4人のお友達の演奏を聴かせて頂きましたnotes

皆さん、とにかくお上手。

私の周りって何であんなに皆さんお上手なの~~!!

私も頑張らなきゃな。

沢山のキラキラシャワーを浴びて来たので、ちょっとずつ上を向いて頑張ろうっとhappy01

連弾合わせ♪

ここ半年、スマホからの投稿がいつもエラーになっていましたが、パソコンがかなりの不調で仕方なくチマチマ格闘していますsweat01

先程、試しに投稿したら出来たup


さて、先日、連弾の合わせをしましたnote

とても綺麗な第一曲。
盛り上がるところのセコンドの音がうるさいかな〜。
沢山の和音を弾くので、全部が同じ重さにならないよう気をつけよう。

第二曲、格好いい!
プリモとの掛け合い、バトンタッチが上手く行けば良いな。
私の苦手なパッセージが弾けたらまとまりそう。
足引っ張ってますcoldsweats02

そして第三曲、もう少しメロディーが歌いやすいようにテンポを上げたいのですが、私の右手の和音の移動が下手過ぎてムリ〜。。
抜き出して練習してます。頑張ります!


少しずつ曲作りに入っています。
面白いですね。
一人で弾いていると独りよがりな演奏になってしまっています。
プリモと合わせた時に響く音や動きが新鮮ですnotes


練習しようhappy01

30年前に戻って

先日短大時代の友人から母校を見に行かない?とメールが来ましたloveletter

うわぁ~~happy01

卒業してから一度も行った事のない母校。

4人が集まり行って来ました。

駅に降り立つと友人が待っていてくれて、駅前のロータリーを眺めつつ懐かしいねぇ~~と昔に戻り大騒ぎhappy02



母校は歩いて7~8分の所にあります。

途中にあったパン屋さんは残っていました。

今日は大学が休みなのでこちらも定休日の様です。

いつも寄っていた甘味処は無くなっていて家が建っていましたweep



そして一番びっくりしたのが、敷地面積が広くなり、付属の中学と高校が建て替えてとても綺麗になっていましたshine

私達が通っていた大学と短大の校舎は有ったのだけれど、幾つかの建物が消えていました。

学食はそのまま。懐かしい~~。いつも午前中の授業が終わると席を取るのに駆け込んでいました。

あの頃は校舎の移動ばかりで時間に追われていてゆっくり校内を見て回る事がありませんでしたが、思いの外広く木陰もありくつろげるスペースもありました。

その後駅に戻り、あの頃にたまにランチしていたお店を探しました。

友人の一人がお店の名前を覚えていて探し当てましたgood

昔もこんな外観だったかな?

Img_2169
今日は30年前の女子大生に戻ったつもりでランチrestaurantcafecakeして来ましたhappy01

なかなか美味しかったです~~heart04

3時間近くしゃべり通しだった私達。

良く食べ良くしゃべりました!

お店の名前はごめんなさい<m(__)m>伏せます。


楽しい一日でしたnotes

コンサート♪

旅行の前日に同僚に誘って頂いてコンサートに行って来ましたnotes

初めお断りしようと思っていたのですが、ペーター・レーゼルのブラームスのピアノ五重奏とお聞きし即決happy01

行きま~~すnotes

 
紀尾井ホールで開かれた『ペーター・レーゼル ドイツ・ロマン派 ピアノ音楽の諸相2014』

ドイツ ロマン派 あまりにも好きすぎますheart04




~~プログラム~~

メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第6番ヘ短調 Op,80

シューベルト:弦楽四重奏曲 第12番ハ短調『四重奏断章』D703

ブラームス:ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.34


普段、弦楽四重奏はわざわざは聴きに行くことはないのですが、聴くとやっぱり良いなと思います。

バイオリンの音が好きなのと、それぞれの掛け合いがぐっと来るものあって引き込まれますshine

温かい雰囲気の音が会場を包んでいました。

ブラボ~~~~~!と何回もお声が掛かってました。

メンデルスゾーンも良かったですが、シューベルトの1楽章のみで執筆が終わってしまっているこの曲、続きをどう書きたかったのかとても気になります。

後半のブラームス。

私が唯一知っているピアノ五重奏曲。

大好きで、特に1楽章と3楽章は目がうるっとする位感動shineshineshine

ピアノも弦の音に溶け込んでいてとても美しかったです。

終わっても誰も席を立たず余韻に浸っていました。

アンコールの曲は用意されていなかったのでしょうね。

何度もカーテンコールに現れ、ブラームスの3楽章を再度演奏されました。

私も同僚と目を見合わせて良かったねとheart04

また機会があったら行きたいと思えた演奏会でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

もう一つ。

こちらは昨日行って来た河村尚子さんのピアノリサイタルnote

何年も前から、素敵な演奏をされるから聴きに行って!と友人に言われていました。

なかなか都合とうまくかみ合わず、やっと昨日お聴きする事ができました。



~~プログラム~~

オールショパンプログラム

ノクターン ヘ長調 Op.15-1

バラード 第2番 ヘ長調 Op.38

《6つのポーランドの歌》S.480(リスト編曲)より

第5番「私のいとしい人」、第1曲「乙女の願い」

ノクターン 変イ長調 Op.32-2

バラード 第1番 ト短調 Op.23

ノクターン  変ホ長調 Op,55-2

バラード 第3番 変イ長調 Op.47

子守歌 変ニ長調 Op.57

ノクターン ヘ短調 Op.55-1

バラード 第4番 ヘ短調 Op.52



アンコールはワルツとノクターンだったかな。

知っている曲だから書き留めなかったけれど、何だっけ~~っと今頃思い返すけど年齢的に思い出せないcoldsweats01



とてもにこやかな笑顔でお辞儀されていて、私の好きな藤原由紀乃さんのお客様を大切にされている感じが似ているなと思いました。

一音一音確実に音を聴いて鳴らされてるように感じました。

端正な演奏。

ノクターンはうっとりするくらい音色が優しい。

バラードは簡単に見えてしまうほど体の動きも力みが無くて自然。

ここ数年、バラ3は聴けなかったんです。

というのも自分が弾いた時の事を思い出し、あれが出来なかったとかあそこであんな風に弾いて自滅したとか考えてしまうからsweat01

河村さんのバラ3は美しかったです。決して熱くならず、でも聴かせどころは盛り上げて観客に伝えているようでした。

そしてバラ4、この曲は特別好きな訳では無いのですが、今までこの曲の演奏を聴く機会があっても、ただ長いとしか思えませんでした。

中身が濃い曲なので曲作りも難しいのだと思います。

ですが、こちらもとても素敵でしたshine

考える尽くされて、でも自然な演奏。

ショパン以外もお聴きしてみたいと思いましたhappy01

こぼれ話

昨日九州の事を書いていて、どこにこのエピソードを入れようか悩んでいたところへ娘が帰宅。

バタバタしていたら書きそびれてしまいました。

☆一つ

金鱗湖の風景にうっとりするオリーブさんと私。

湖を見ながら後ろ向きに足を踏み出したオリーブさん。

ちょっと前に危ないなと思っていたんですよ。

ハイ!オリーブさん、ぬかるんだ水が流れている所へ足を踏み入れてしまいましたshock

ぎゃ~~とかきゃ~~とか声無し。

何事も無かったように歩き出したけれど、後になってドキドキしてしまいましたcoldsweats02

もし、そのまま尻もちをついていたらダウンコートは濡れたでしょうね。

靴もそれほど濡れなくて良かったhappy01


☆二つ

ランチをしている所で、帰りの列車の時間を確認しようとチケットを取り出しました。

・・・sign02・・・・sign03

由布院駅に着いた時に間違えて帰りの切符を渡してしまっていましたdown

やっぱりね。本当に抜けているんだよね私。

直ぐに駅に電話をして確認して頂きました。

ちゃんと駅に有ったようで、帰る時に手元に戻って来ました。

いつもならもっと慌ててしまうのだけれど、オリーブさんがいてくださったので落ち着いていました。

もっと注意深く行動しなきゃね。よく普段生活出来ているわって思いますcoldsweats01

九州の旅 会いたかった~~♪

11月7日から1泊2日で太宰府と湯布院を散策して来ました。

今回は初めての一人旅airplane

数年前にお引越しされたオリーブさんに会いに行って来ましたhappy01

もう飛行機の中で『あいたかった~あいたかった~あいたかったYes!』とAKB48の歌が頭の中をぐるぐる廻っていましたnotes



一日目

太宰府天満宮

こちらは一人で行って来ました。

福岡空港に着いてからインフォメーションで電車とバスだとどちらが速く便利かお聞きしてバスで向かいました。

20歳の頃に行ったけれど、松枝餅しか覚えてないなぁsweat01

Img_2131_r_2

Img_2126_r_2

松枝餅を梅の木の見えるお茶屋さんでいただきました。春は綺麗なんだろうなぁ~~shine

Img_2133_r


その後博多まで戻って来てウロウロ。

とんこつラーメンを食べてからホテルに向かいました。

美味しかったなぁ~~noodle

お一人さまラーメン、初体験。




二日目

湯布院

博多駅でオリーブさんと待ち合わせhappy01

ドキドキheart04

全然お変わりのない明るい可愛らしいオリーブさんと再会。

嬉しいな~~happy01

すぐに列車に乗って湯布院へsubway

金鱗湖に行く途中の道の両脇にはお店がいっぱい。

私達はプリンの様なチーズケーキを買いました。

そのお店の前で、オリーブさんの後姿をパシャリ!

Image1



息子が大好きな抹茶とスヌーピー。

その両方が叶っているお店を発見。

こちらのお土産屋さんでマカロンを買いました。

Image2

Image7



紅葉も美しい金鱗湖maple

Image4

と~~っても素敵なカフェ  『天井桟敷』cafe

グレゴリア聖歌をバックにゆっくりお喋り。

ランチは金鱗湖の脇にある『カフェ・ラ・リューショ』でパスタを頂きました~~。

こちらもとても眺めが良くて素敵でしたshine

Image5

Image6

帰りの特急 『ゆふいんの森4号』

レトロな列車で景色を満喫しました。

素敵な旅を案内してくださったオリーブさん、ありがとう!

Image8
列車の中ではず~~~っとお喋り。

近況報告、子供の事、ピアノの話と話は尽きませんhappy01

あっという間の1日でした。

湯布院、また行ってみたいと思えるほど落ち着いて楽しめる所でしたheart04heart04heart04

今度お会いできるのはいつかなぁ~~happy01

いろいろ♪

スカルラッティの楽譜を買い足したので、折角なら買った楽譜の中から弾いたら?と先生が仰っていたので、楽譜を眺めたりYouTubeで聴いたりしていました。

その中でいいなぁ~heart04と思ったのがK.56(L.356)とK.58(L.158)ですnotes

しかし、これは持っている楽譜には無いのです。

また買うのもキリが無いので、無料楽譜からダウンロードしました。

やっぱりちゃんとした楽譜を買おうかな。

悩み中。。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

そう言えば、以前弾いたスカルラッティの録音か録画があるはずと思い探していたら、録画を見付けたのだけれど、他にもその頃に弾いていたクレメンティのソナタも発見eye

若いなぁ~。必死に弾いていて勢いがあるなぁ。

そして、細い。

今よりも10Kg近く痩せていたから、お腹もぺっちゃんこだし二の腕も細い。

あ~、痩せなきゃsign03


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ベートーヴェンのソナタ31番notes

譜読みに入りました!

最初の2小節を練習しています。

愛らしく、美しく、柔らかい音でを目標。

音のバランスが難しく、何回も試しています。

たった2小節なのに、なかなか先に進めません。

その後もトリル&フェルマータ。

拍子が崩れる~~!

取りあえず、トリルを入れずフェルマータを取って練習。

他にも拍が取れなくなる箇所があって、この曲どうなるんだろうとちょっと不安coldsweats02

好きじゃないメトロノームも部分的に使用して拍子感とリズム感を掴みたいです。

頑張ろうっとnote

レッスン♪(11/2)

楽しみにしていたレッスンに行って来ましたnotes

先生のお宅の最寄駅から歩くつもりでしたが、ちょっと疲れが溜っていたのでバスに乗りました。

今から10年前、先生のレッスンに通うようになった時に、この道を歩けなくなってバスやタクシーを使うようになるほど体力が落ちたら辞めようと思っていました。

今、こんな感じですが辞めずに頑張っていますhappy01

それはやっぱり先生に見て頂きたいと思っているからでしょうかね。



☆スカルラッティ L.366

分かっているんだけどな~という事をいくつか言われ、何でそう弾けていないんだろうと考えてしまいましたsweat01

とても好きな曲で、珍しく私にしてはトリルも綺麗に入ります。

軽やかさだったり、クレッシェンドの仕方、オクターブで行ったり来たりする左手の曲作りについて教えて頂きました。

次回に持越し。


☆スカルラッティ L.413

「この曲、綺麗よね~♪」と先生。

私もこの曲の美しさが大好きで、うっとりするメロディーを味わっています。

ですが、それが演奏に現れているかと言うと・・・ですcoldsweats01

跳ねなくて良い箇所で元気よく跳ねてしまう私。

折角の曲が台無しです。

こちらも次回へ持越し。



☆ウィーンの謝肉祭の道化 フィナーレ

家で弾いていて、少しだけコツが掴め掛けていました。

でもどうしてもフォルテになる前の音で慌ててしまって、何度も先生に注意されましたsweat01

こういう勢いのある曲、ノリの良い曲がとても苦手。

テクニック云々というよりも気持ちが完全に負けています。

最後に通して弾かせて頂き温情合格coldsweats01

「温情合格、ありがとうございます。」と私。

「良く頑張ったわよ。アレグロから長いのに全曲弾いたじゃない。」と慰めの様なお返事。

そう、取りあえず全部弾いたけれど、弾いたうちに入るのかなぁ。

だって、弾けてないもの・・。

でも、もういいかなっていう甘い気持ちがあったので終わりにして頂きました。





さて、次の曲。

何を弾くんだっけ?って聞かれ、何故か最近聴いていたベートーヴェンの後期の作品を言いました。

「後期のソナタはまだまだ弾くのは早いとは思うのですが。」と言い始めたら、

「いいわよ~~。今のうちに弾いておかないと。」と言ってくださいました。

というのも、レッスンの前に両親や子供の話をしていました。

両親が元気なうちに、子供が巣立ったこのタイミングが弾ける時と思ってくださったようです。

30番が弾きたかったのですが、

「んんー。いいけど・・・ま、途中で無理だと思えば止めても良いから。」とあまり良いお返事ではありませんでした。

「難しいというのはテクニック的にですか?」←ちょっとネバってみましたcoldsweats01

「そうね。これ難しいのよ。速い中にもゆったりと大きく捉える感じがあるのよね。」

諦めるか。。。

「31番の方がayayanさんらしい曲だけど、どう?」

31番、美しい1楽章、3楽章フーガもとても興味深いです。

でもなぁ、やっぱり7番にしようかな~~なんて考えていました。


ですが今日、31番の演奏を聴く機会がありました。

このタイミングでこの曲を聴けたのは31番を弾こう!って事かな。

少しずつ譜読みしますnote

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »