« ツェルニー♪ | トップページ | 楽しみな連弾♪ »

ジョン・リル

先日仕事の後に『ジョン・リル ピアノリサイタル』を聴きに行った来ましたnotes

1970年にチャイコフスキー国際コンクールで第1位に輝いた今年70歳のピアニスト。


~プログラム~

ベートーヴェン    ピアノソナタ 第8番 悲愴 Op.13

シューマン      ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26

プロコフィエフ    トッカータ Op.11

ショパン       バラード 第4番 Op. 52

ブラームス     ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op.24

~アンコール~

ブラームス     6つの小品より第2番 Op.118

今自分が練習しているシューマンも聴けるし、ブラームスも聴いてみたいなと思い行くことにしました。

大柄なおじいちゃまって感じでした。

だからなのかかなり太い音。

時折、左手とのバランスが?ペダルが多い?と思う事もありましたが、

後半は調子が乗って来たのか、ブラームスは素敵でした。

前半最後のプロコフィエフも圧巻の演奏でした。

偶然、ロビーでお会いした仕事場の先輩(殿と呼ばれている人)と休憩時間お話していたら、ベートーヴェンとプロコフィエフがお得意のピアニストさんだとの事。

コアなお客様が多いのかな。

緊張の静けさの中、聴き入りましたnotes

« ツェルニー♪ | トップページ | 楽しみな連弾♪ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツェルニー♪ | トップページ | 楽しみな連弾♪ »