« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

和音

連弾曲、和音が多い~~notes

和音の多い曲だと、面倒だなぁって譜読みの時に思う事も多々あるのですが、それでもそんなに苦ではないのです。

多分手が大きい事も関係しているのかな。

それよりも速いパッセージの苦手意識の方が強くて、和音の移動の方がまだ気持ち的に楽(決して楽ではありませんがsweat01)なのかも。

それにしても、連弾の第3曲の和音の移動は速い所があるので、音を掴むのが大変~~coldsweats01

綺麗な曲なので、合わせを楽しみに頑張ってますheart04

ショパン

久しぶりに雑誌のショパンを買って来ました。

以前はムジカノーヴァと共によく購入していましたnotes

今回何故買ったかと言うと、連弾や2台のピアノの特集だったからです。

まだサラッとしか読んでいないのですが、何組もの有名なピアニストが載っています。

ゆっくり電車の移動時間にでも読もうっとhappy01

ショパン2014年10月号

忘れ物

昨夜、仕事から帰宅途中の娘からmobilephone&mailto

何事~~sign02

あの子から電話が来る時はろくな事が無いcoldsweats01


「リムジンバスにキャリーケースを忘れたsweat02

はぁsign02

普通こんなに大事な物を忘れるかしら。

「今、次に停まる駅にタクシーで向かっている。。リムジンの営業所はもう受付時間が過ぎていて問い合わせが出来ないの。どうしよ~~sweat02

どうしようと言う割には、結構落ち着いた声で電話してきたから安心。

今までなら絶対に大泣きだよねsweat01


結局、今朝になって営業所に連絡し、無事に引き取れる事になって、大慌てで出掛けて行きましたcoldsweats01

折角、今日はゆっくりの出勤で良かったのに残念でした。

これも少し経ったら笑い話になるんだろうなぁ~~。

私は昨夜から可笑しくて可笑しくて笑いっぱなしなんですけどbleah

エアコン

今日はお昼頃まで大雨だとか・・rain

今から仕事に行くのだけれど憂鬱sweat02

先日新しい長傘を購入したので使って気分を紛らわそうかな。




ところで、ここ数日ピアノの部屋のエアコンの調子が悪く、冷房を入れても全然涼しくない。

いや、むしろ暑いsweat01

設定を色々いじってみたけどダメ。

取説を読んだら、故障?みたいなこと書いてあるし。

仕方ないので、電話しました。

こういうコールセンターって待たされるから嫌なんだけれど、蒸し暑い部屋に我慢できず覚悟を決めて電話。

直ぐに繋がりcoldsweats01丁寧な対応でした。

で、結局、やっぱり故障だそうです。

12年前の製造なので、室外機以外の部品は無いそうです。

そうっかぁ。

修理は頼まず購入する事にしました。

痛い出費だなcoldsweats02

でもね、買いに行く時間が無いのと、買っても不在が多くて暫く取り付けて貰えないのよね。

困ったsad

涼しくなってからの故障でまだ良かったと思おう。



エアコンの製造年を確認している時にふと思ったのが、ピアノを買った年も同じだから、ピアノも我が家に来て12年なんだな~と。

早いなぁ。

更にピアノを再開して17年。

今の先生に教えて頂くようになって丁度丸10年。

12年お供しているピアノと共に成長していると良いのだけれどcoldsweats01

練習会♪

ちょっと忙しくてブログを放置していましたcoldsweats01

先週はホールで連弾の合わせをし、昨日は連弾もしつつソロの曲も弾いて来ましたnotes

私以外のお二人は本当にお上手でとても癒されました~~shinehappy01shine



譜読み段階のスカルラッティは自分でもまだどうして良いのか分かっておらず、音もぬけぬけの上に、欲しくない所で尖った音が出てしまったりsweat01

その前に譜面通り弾けるようちゃんと譜読みをしよう。




ウィーンの謝肉祭の道化のアレグロ。

コピー譜も持参し、いつも使っている楽譜と合体させて、極力無理のない譜めくりで臨みました。

「あ、ここ難しくて嫌な箇所!」と思った瞬間、弾けなくなる。

家では弾けている箇所も弾けなくなる。

という事は弾けないって事ですねsweat02sweat02sweat02

まだ暫く弾き続けるので、練習あるのみですね。




ウィーンの謝肉祭の道化のフィナーレ。

譜読み~~。

分かりやすい作りの曲だけれど、これが速くなるかと思うとshock

流石に暗譜しようかと思っています。

頑張ろうっと。




連弾、1曲目は2回目の合わせ。

美しい曲ですheart04

もっと立体的になるといいのですが、プリモに対して私の弾くセコンドの右手の音が多くコントロールできずcoldsweats02

第2曲は苦手なパッセージ満載。

でも以前はこの曲が弾きたくてこの曲集を選んだんだよね~~と思い出しました。

弾けるはず。と自己暗示にかけます。

第3曲、これも素敵な曲。

セコンドを選んで失敗だった!?と思うほど、この曲も音が多い!

バランスを取るのも難しいなぁ。

次回の合わせまでに全曲譜読みを終わらせなきゃ。

頑張る!happy01

練習♪

今月は変則的な仕事の入れ方をしてしまった事と遊びに行ってしまったため、ピアノの練習時間が思うように取れていませんsweat01


遊んでいてそんな事言っちゃダメですよねcoldsweats01


仕事前に30分だけ弾いて、帰ってから1時間とか、疲れてしまって弾かなかったりとか。

短時間で効率良く練習出来たら良いのですが、あれもこれもと思うと凄くテキトーな練習になってしまっていて、焦る気持ちを抱えつつ仕事へというパターンsweat02


マズイなぁ~down


取りあえず、連弾だけは弾けるようにしなきゃ。

なので、今日はカレンダーに予定を記入。

練習出来るであろう時間とその日に絶対に練習したい曲を書きだしました。

書いた事でちょっと落ち着きましたhappy01



今日は久しぶりに時間があったので、シューマンのウィーンの謝肉祭の道化のアレグロを録音したのだけれど、間違えずに最後まではた辿り着けずに断念coldsweats01


暗譜をしていないので、コピーした譜面を駆使し、譜めくりを最小限にしたものの、それはそれで弾き辛く、試行錯誤し楽譜本体とコピーを3面を重ねて弾く事に。


いつになったら弾けるようになるかな~~(遠い目)


スカルラッティのL.118の譜読みも頑張ってしていますnotes

3日前にやっと楽譜を購入しました。

それまでは無料楽譜をダウンロードして使っていたのですが、楽譜が欲しく購入しました。

この楽譜は原典版で、強弱等が書いておらず、自分で考えないといけません。

同じフレーズが2小節毎にあり、問いと応えの様になっています。

A A' B B' みたいな感じです。

AB=f  A'B'=

AA'=f  BB'=

フォルテとピアノの使い方を上記の2パターンで弾かれてい場合が多く、どっちにしようか楽譜を見ながら悩みました。

結局は好みなのでしょうか。

私はABをf A'B'をにしましたhappy01

先生に直されるかもしれませんがsweat01

哀愁のある曲でとても好きですheart04

ロマン派の様に弾かないでと言われそう。。

初USJ

先日、家族4人の休みが重なりました!

と言っても1日だけですがsweat01

珍い~~happy01

「折角だからどこか行こうか。どこ行く?」

「USJに行きたい!ハリーポッター見たい!」

と子供たちcoldsweats01

娘は小学生の頃、ハリーポッターにどっぷりハマりました。

本も全巻読み、映画も観に行き、DVDも買いました。

息子は3月にお友達と行った時にはまだハリーはオープンしておらず、行きたいと。

で、弾丸1日USJを楽しんで来ましたup

娘と息子。

Ufj1


ハリーの『ホグワーツ城』

この中のアトラクションに乗るのに4時間待ちと言われdown

実際は2時間待ちで乗れました。

Ufj

そのアトラクションに家族4人で乗った貴重な写真smile

ふてぶてしい自分の態度?姿に幻滅sweat02

Ufj_3

まさか、大きくなった子供たちとここに来るとは思ってもみませんでした。

10年前なら、もう少し私も体力があって良かったかな~。

今回はとても暑くて、私はかなりバテてしまっていました。

子供に気遣われて、色々見て回ったのでした。

でも、楽しかったな~heart04

楽しみな連弾♪

今日は久しぶりにゆっくり家で過ごせました。

午前も午後もピアノの練習ができて幸せheart04


今、中心に練習しているのが連弾曲notes

来年、ある所で弾かせて頂ける事になりましたhappy01


10数年前に一度弾いた事のある曲です。

当時は初めて大人の方と組んで練習を始めたばかりでした。

今よりももっと音が聴けず、自分の事だけに必死でした。


さて、今回は少しは成長できているでしょうか。

楽譜を改めて見て、ここでブレスすれば弾き易かったのかなと思ったり、指使いもかなり変更しましたhappy01

そして、今回はこの曲集を弾いている相方さんと自分の姿が思い浮かべられる事がとても嬉しいですshine

難しい曲ですが、二人に合っているような気がしていますnote

楽しみ~~heart04

ジョン・リル

先日仕事の後に『ジョン・リル ピアノリサイタル』を聴きに行った来ましたnotes

1970年にチャイコフスキー国際コンクールで第1位に輝いた今年70歳のピアニスト。


~プログラム~

ベートーヴェン    ピアノソナタ 第8番 悲愴 Op.13

シューマン      ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26

プロコフィエフ    トッカータ Op.11

ショパン       バラード 第4番 Op. 52

ブラームス     ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op.24

~アンコール~

ブラームス     6つの小品より第2番 Op.118

今自分が練習しているシューマンも聴けるし、ブラームスも聴いてみたいなと思い行くことにしました。

大柄なおじいちゃまって感じでした。

だからなのかかなり太い音。

時折、左手とのバランスが?ペダルが多い?と思う事もありましたが、

後半は調子が乗って来たのか、ブラームスは素敵でした。

前半最後のプロコフィエフも圧巻の演奏でした。

偶然、ロビーでお会いした仕事場の先輩(殿と呼ばれている人)と休憩時間お話していたら、ベートーヴェンとプロコフィエフがお得意のピアニストさんだとの事。

コアなお客様が多いのかな。

緊張の静けさの中、聴き入りましたnotes

ツェルニー♪

この間購入したCDの2枚目「ツェルニー:4手のための作品集」が気に入りiPhoneにも入れましたhappy01

・性格的で華麗な序曲ロ短調 Op.54

・華麗なる大ソナタ Op.10

・幻想曲ヘ短調 Op.226

・グランド・ソナタヘ短調 Op.178

どれもGoodですheart04

私の中のツェルニーのイメージとは全然違いますsign01coldsweats01

子供の頃、ツェルニーが大嫌いで、周りが30番40番と進む中、いつまでも「リトルピアニスト」を弾いていた私sweat01

でも、この連弾曲は本当に素敵shine壮大ですheart04

その中の『性格的で華麗な序曲ロ短調 Op.54』をYouTubeで探してみましたnotes

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »