« 東京国立博物館 | トップページ | いろいろと。 »

ウィーンの謝肉祭の道化

アレグロ・ロマンツェ・スケルティーノを練習しています。

折角なので、丸を貰ったインテルメッツォを久しぶりに弾いてみました。

最初の2ページはなんとか弾けたけれど、後半がボロボロ。

練習しないとあっという間に弾けなくなってしまいますsweat01

ウィーンの謝肉祭の道化は全部を通して弾きたいと思っているので、たまには引っ張り出して弾かないとcoldsweats01


今譜読み中のスケルティーノはゆっくりなら弾けるようになりましたが、これだとただ弾いているだけなので躍動感が伝わらず、きっと先生に「拍を感じられない!」と言われそう。

ゆっくりでもスケルティーノらしく弾けるようにしてから見て頂こう。


ロマンツェは、多分こんな感じでいいのかなぁ?と思いつつ弾いています。

硬い音にならないように。


そして、アレグロ。

弾けている様な弾けていない様なcoldsweats01

通して弾くと曲になっていない・・。

まだパッチワークみたいに部分部分を取り出して練習しています。

これを綺麗に繋げられるといいのですが。

取りあえず、この4曲が弾けるようになってから、最後のフィナーレの譜読みに入ろうnotes

« 東京国立博物館 | トップページ | いろいろと。 »

ピアノの練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京国立博物館 | トップページ | いろいろと。 »