« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

昨日、タイトルの映画を観に行って来ましたhappy01

パガニーニの事は殆ど知らない状態で観たのですが、映画全部が実際の事ではないにしろ、パガニーニってあんな人だったんだcoldsweats01と思った次第です。

主演のヴァイオリニストのデイヴィッド・ギャレットが映画の中で本当に演奏しているそうです。

素晴らしい!

相手役の女優さんは可憐で美しい~shine

歌声も透明感があって素敵でしたshine

映画の中で流れていた印象的な曲が2つ。

一つはパガニーニのヴァイオリン協奏曲第4番の2楽章。

この旋律を相手役の女優さんが歌っています。


もう1曲。

スカルラッティのソナタL118。

好きだな~~heart04

今度先生に見て頂こうかな。

前売り券をminaちゃんが買っておいてくださって、特典を頂きました。

デイヴィッド・ギャレットのクリアファイル。

Paganini
なかなか面白い映画でした~~happy01

聴いたり弾いたり♪

様々な演奏を聴く機会がありました。

その一つの同門のお姉さまが参加された連弾のコンペnotes

伝わって来る曲のニュアンスが大人っぽく高音の響きもクリアで、更にプリモとセコンドの掛け合いがお姉さま親子の弾かれたので初めて分かりました。(前の組も同じ曲)

良い刺激を頂きました。本選も楽しみですheart04

そして、音大生の演奏家コースの演奏。

こちらは素敵なリサイタルを幾つも聴かせて頂いた感じです。

色々な曲があり、印象に残っているプロコのソナタ、私が発表会で弾いたベートーヴェンの変奏曲、圧巻だったショパンの前奏曲。

どれも流石、聴かせる演奏でしたshine

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私のワガママで相方さんにお願いしている連弾曲。

シューベルトの幻想曲ヘ短調notes

凄く難しいのは分かっていますcoldsweats01

かなり長い曲なので、すぐには出来ませんが、長い期間掛かっても良いのでお互いの負担にならない程度で合わせられればと思ってます。

快く引き受けてくださった相方さんに感謝ですhappy01

レッスン♪(7/27)

延期になっていたレッスンに行って来ましたnotes

暑いsundown

ホームに降り立ったら無風の上に凄い熱気。

1時間早く着き、ゆっくり昼食を食べてからバスに乗って先生のお宅に向かいました。



☆ラモー エジプトの女

3回目のレッスン。

弾く前に先生から「これ地味だけれど難しいのよ。」と。

本当に難しいです。

指が回らないとかではなく、掴みどころがない感じ。

1回通して弾いたら、小綺麗に弾いていると言われました。

綺麗ではなく小綺麗ねsweat02

・もっとパリッとしたはっきりした音で弾く事。

・拍の頭を意識して。

・全体像が見えていない。

・fにしろpにしろ、そこに書いてあるからしている。

・ハッキリ華やかな箇所と穏やかで柔らかい箇所とのコントラストを考えて弾く。

かなり細かく教えて頂きました。

多分、本当はそこまでは自分で考えて弾けるようにして行かなくてはいけないのだと思います。

私には出来ませんでした。なので、先生も細かく仰ったのだと思います。



☆ラモー つむじ風

2回目。

弾き始めてすぐに止められました。

・1拍裏と2拍裏の抜き方が雑。

・2拍子の身体の取り方。

・装飾音符の入れ方。この曲は頭に合わせなくて良い。

・つむじ風がびゅ~っと吹く左右で16分音符を受け渡す箇所の弾き方。(拍と受け渡しの指使いが合っていないので弾き辛い箇所)

ラモー、どうしてこんなに弾けないのだろうsad

無理に好きになろうとしているのかな。

別に弾かなくてもいいのに何で弾いているんだろう。

乗り切れない自分がいます。

先生にもそれは伝わっているようです。

感情を抑えて弾くバロックが苦手。



☆シューマン ウィーンの謝肉祭の道化

全体的には良くなったと言って頂けました。

まだ全然弾けないのですが、ここ1週間で、弾きたいイメージに近づきつつありますhappy01

先生にも「この曲、ayayanさんに合ってるわ!発表会で弾いても良いわ。」と珍しく褒めて頂きました。

嬉しい~note

おこがましいのですが、自分でも合っているかなとちょっと思っていたので嬉しさ倍増でしたhappy01

先生に言ったら、「それでもまだまだやる事はいっぱいあるわよ~~!」と釘を刺されましたcoldsweats01

ここには書きませんが(あまりに多すぎて)、帰ってから今日言われた事を楽譜に沢山書き込みました。

あ、発表会はまだ無いので、この曲は弾かないと思います。多分。

次のロマンツェとスケルティーノは時間切れで見て頂けませんでした。

少しずつ終曲のフィナーレを見ておくよう言われたので譜読みに入りますnotes

「ちゃちゃっとどこかで弾けば?」と仰っていましたが、一番苦手であろうこの終曲は人様の前にさらさず、ちゃちゃっと終わらせたいですcoldsweats01

沖縄

4日間の休みが取れた娘から「沖縄に行く」と聞いたのが先月末。



「いってらっしゃ~いpaper」と言ったら「ママと行くの」と返されましたsweat01



いや~、仕事もあるし・・。でも行きたい!



と言う事で、仕事の調整をしてなんとか出発airplane



先週の木曜日から土曜日までの2泊3日弾丸旅行でしたdash





十数年前行った時は家族4人で色々と回りましたが、今回は短い日程だったので、首里城と国際通りを散策&食事、石垣島での海水浴と行く所は限定されてしまいました。



それでも女二人旅はとても楽しかったですhappy01



首里城に着いたのは午後4時半頃でしたが、とにかく暑いsun



日焼けしないように長袖を着ていました。



Photo



首里城とモノレールの駅の途中にあった趣のあるお茶屋さんでいただいたマンゴーのかき氷。



美味しかった~~heart04





___3



泊まったホテルにあったパイプオルガンnotes



フランス製で、沖縄での第1号のパイプオルガンと記されてありました。



___1





石垣島。飛行場から一番近いビーチに行きました。



遠い所の方が透明度が高くお魚もいっぱい見えるそうのですが、なんせアシが無い。



近場でしたが、それでもお魚さんが沢山いましたfishfishfish



___2



少し早い夏休みを満喫しましたhappy01



いろいろと。

ここ数日で懐かしい『のだめカンタービレ』の動画を一気に観ました。

ちょっとのつもりが、もう1話もう1話とずるずる観始め、映画の前編後編までcoldsweats01

改めて見直すとオンエアされていた頃とまた違った見方だったり。

色々な曲が演奏されていて、こんな曲もあったのねと。

特に清良が弾いていたブラームスのバイオリンコンチェルトは全然覚えていませんでした。

いい曲ですねshine

それにしても、やっぱり千秋先輩は格好いいなぁ~~heart04

のだめちゃんも可愛くて、そして凄い!

楽しい時間だったなnotes

ちゃんと自分も練習しようuphappy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前回のレッスンの時に次の日にちを決める際、2週間後か4週間後かのどちらかしか先生との時間が合いませんでした。

今持っている曲を考えると4週は開けたくなかったので、2週間後にしました。

それが13日だったのですが、またしても延期。

先生の体調が悪く当日の朝に電話を頂きました。

仕方ない事は分かっているけれど、私自身のモチベーションがねsweat02

なので、最近崩れそうになって来ているシューマンのウィーンの謝肉祭の道化のアレグロをテンポを落として練習しています。

録画して、どの音が響かないといけないのかとか、楽譜と照らし合わせて強弱も再度確認。

考える時間を頂いたと思って頑張ります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、同門のお姉さま親子と6年生の女の子の2組が連弾とソロのコンペの予選を通過しましたshine

応援しに行かなくちゃhappy01

ウィーンの謝肉祭の道化

アレグロ・ロマンツェ・スケルティーノを練習しています。

折角なので、丸を貰ったインテルメッツォを久しぶりに弾いてみました。

最初の2ページはなんとか弾けたけれど、後半がボロボロ。

練習しないとあっという間に弾けなくなってしまいますsweat01

ウィーンの謝肉祭の道化は全部を通して弾きたいと思っているので、たまには引っ張り出して弾かないとcoldsweats01


今譜読み中のスケルティーノはゆっくりなら弾けるようになりましたが、これだとただ弾いているだけなので躍動感が伝わらず、きっと先生に「拍を感じられない!」と言われそう。

ゆっくりでもスケルティーノらしく弾けるようにしてから見て頂こう。


ロマンツェは、多分こんな感じでいいのかなぁ?と思いつつ弾いています。

硬い音にならないように。


そして、アレグロ。

弾けている様な弾けていない様なcoldsweats01

通して弾くと曲になっていない・・。

まだパッチワークみたいに部分部分を取り出して練習しています。

これを綺麗に繋げられるといいのですが。

取りあえず、この4曲が弾けるようになってから、最後のフィナーレの譜読みに入ろうnotes

東京国立博物館

上野の東京国立博物館の『台湾 国立故宮博物院』を見に行って来ましたhappy01

お目当ての白菜は240分待ちsign03

ムリですぅ~。

白菜は諦めましたsweat02

見たかったなぁ~~。


息子は高校の修学旅行で、娘は旅行で台湾に行った時に並ばず、じっくり見られたそうです。

私もいつか台湾に行った時までの楽しみに残しておきましょう。

なので、今回は白菜以外の展示物を鑑賞しました。

書、陶器、刺繍、翡翠の彫刻と沢山展示してあり、楽しめました。

特に刺繍は素晴らしく、絵の様です。糸で出来ている様には見えない!

今度はオルセー美術館展を見に行こうかなshine

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »