« 怖い! | トップページ | はぁ~。ため息。 »

なるほど

minaちゃんからバロックの奏法についてやフランスのバロックについて等々教えて頂きましたnotes

「イネガル」、フランスバロックの特徴付ける奏法との事。

「イネガル」という言葉さえも知らなかったですsweat01

調べてみると、先生が仰っている事に通じていて、なるほどと思ったのでした。

そして、バロックの旋律の歌い方。

朗々と声を響かせるより言葉が主体になる歌い方とminaちゃんからのお言葉。

これも先生に言われていました。

「朗々と歌わない。」と。

自分でもバロックを弾く時は極力歌わず淡々と弾くようにしているのですが、それもまた違う様で、先生が弾かれると歌われているんです。

でもロマン派ではない弾き方。

言葉が主体になる歌い方、想像力に乏しい私には難しいですが、大きなヒントを沢山くださったので頑張ってみますねhappy01

あ、minaちゃんから、私=標準語VS先生=方言との例えがあり、笑ってしまいました!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

シューベルトが好きで、↓の曲も連弾曲としては知ってはいましたが、ソロでもあるのねnote

« 怖い! | トップページ | はぁ~。ため息。 »

ピアノの練習」カテゴリの記事

コメント

ayaちゃん、私のおたく丸出しの話を聞いてくれてありがとう。
昔ね、音大出身者に「おたく」って言われたの。
貶されたわけじゃないけど自覚がなかったから
言われたのが印象に残ってます(笑)

フランスのチェンバロ曲好きなんです!
それでつい興奮して、いろいろ力説しちゃいました。

言葉が主体になる歌い方っていうのは、説明が漠然としてますよね。
日本人の歌手だと、そうですね…さだまさしさんとか…
神田川を歌った南こうせつさんとか…
舟歌の八代亜紀さんとか…
歌詞を語りながら歌ってます。

そうか!フォークも演歌も実はバロックだったのか!!!
無理?…やはり…無理がありますね…(〃⌒ー⌒〃)ゞ

minaちゃんへ♪

こちらこそ、ありがとうhappy01
そして、コメント消えなくて良かったです!

オタクwink
ふふ。そうね、一つの事を極めているからそう言われたのかな。
フランスのバロック、先生もお好きな様です。
この曲集は他にもフランスの作曲家が載っています。
今度、遊びにいらした時にでも弾いて~~notes

そう、言葉が主体というのがイメージ湧かなくって。
さだまさしさん。
なるほど。
演歌は石川さゆりさんの天城越えはバロックというよりもロマン派っぽいかな。
フォークはバロックぽいかも。
なんて、勝手な事を言っていますがcoldsweats01

今度先生とお話をして、お手本を弾いて頂こうかと思いますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怖い! | トップページ | はぁ~。ため息。 »