« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

新年から新しい曲♪

発表会も終わったので、次に弾く曲を決めましたnote

悩みに悩んで、シューマンの3つのロマンスOp.28に決定!

この曲の第1曲が耳から離れません。

素直な気持ちになって、やっぱりこの曲が弾きたいのだろうと思い決めましたhappy01

来年は並行しているバロックが一段落したら、食わず嫌いで手を出さなかったバルトークを弾こうかとsmile

先生とも少しそのお話はしているので、多分そうなるでしょう。

あとは、連弾でシューマンをお披露目するので、そちらも楽しみですheart04



今年も一年ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

ではでは、良いお年をお迎えくださいませ~~happy01

発表会♪

昨日の発表会は大きなホールでしたhappy01

ピアノはスタインウェイ。

前もって先生から、かなり響くピアノだからね!と言われていました。

ホール全体に響き渡る感じかなshine

午後2時の開演で3部構成でした。

1部の最後に娘のソロ。
2部に連弾。
3部に私のソロ。

と、ず~~っと緊張しっぱなしshock


note娘  ドビュッシー ダンス

今まで、娘が舞台で弾く時はハラハラドキドキで心臓がバクバクしていました。

そんな私でも、昨日は落ち着いて娘の演奏を聴くことが出来ましたhappy01

堂々と弾く姿、繊細なフレーズの弾き方に、親バカですが涙涙でしたweep

やっぱり、私は娘のピアノが好きですheart04

小さい頃の事を色々と思い出してしまいました。

ピアノ、続けてて良かったね!

1部の最後に締めくくってくれて、とにかく感動~~weep

娘、反省点があったみたいですが、私は心から良かったと思います。

そう伝えたら、すごく嬉しそうな顔をしていましたhappy01

先生からも金賞!と言って貰っていました。



note連弾 ドボルザーク スラブ舞曲 Op.72-2
これが最後になるかもしれない娘との連弾notes

悔いのない演奏をしたいと臨みました。

リハーサルでは、私がちょこちょこ間違えていたので、直前に練習できる部屋へ移動し通しました。

ここまで来たら、小さな事にこだわらず、曲の流れを止めず気持ち良く弾きたいsign03

ちょっと走ってしまった様な気がしますが、凄く凄く楽しかったですhappy01

最後のお互いの和音、綺麗に合いましたgood

弾き終えた時、自然と笑みがこぼれましたhappy01

取りあえず、大きな間違いはせずに済んで、良かった~shine





note私  ベートーヴェン 32の変奏曲

3部の最後に弾くことを知らされたのは2週間前のレッスン。

年齢順じゃ、ないの~~!?(年齢順なら後ろから3番目)

最後は有り得ない!

きっと前々回の発表会の時、最後に弾くのは断ったので、今回は先生は何も相談無しで決められてしまったのでしょう。

この事をあまり意識すると、絶対にプレッシャーになるので考えないようにしていました。

それでも、直前までドキドキ!

でも、今日この舞台に立っている人はみんな緊張したはず。

自分だけではない!こういう場にいられる事に感謝。

1年間練習して来たのだから大丈夫!と自分に言い聞かせ舞台に立ちました。

お辞儀をして椅子をセッティングしてから座ろうとしたら、後ろから声がsign02

先生が来られて、譜面台を外そうか?と。

いや、いいですと言ったのだけれど、舞台上で揉めるのも変なので外して頂きました。

そんな事されたらあがるじゃん!と思っていたら、先生が小声で「落ち着いてね。」と。

演奏は、うん。

100点ではないけれど、ちょこちょこ間違っているし。

でも、楽しかったhappy01良かったと思います。

弾き終えた瞬間、満足感が上回ったから、感情的にはOKなんだと。

反省点は沢山た~~くさんあります。

でもでも、今回は反省点は書きません。

良かった事だけ。

気持ち良く入れた事。

歌えた事。

少しだけ音が聴けた事。

苦手な箇所も進歩した事。

こう弾きたいと思う事が少し出来た事。

客観的に聴けた所もある事。

会場に来てくださったお友達、メールをくださったお友達、そして娘に、伝えたい、届けたいと弾けた事。


お辞儀をして舞台袖へ戻ると先生がハグしてくださいました。

初めてです。

すごく嬉しかったです。

魂のこもった演奏だったと言って頂きました。

プレッシャーに負けず、最後を締めくくってくれてありがとうとも。

ここでも涙涙でしたweep

思い入れが強すぎて、気負ってしまっていた部分もあったと思います。

でも、どれもがとても楽しい時間でした。


1年間、ずっと弾き続けてきたベートーヴェン。

発表会を目標に頑張って来たので、この後燃え尽き症候群になりそうで怖いですcoldsweats01

そして、来年はシューマンイヤーになりそうですnotes




最後になりましたが、Ekkoさん、minaちゃん、ありがとう!聴きに来てくださって本当に嬉しかったです。

メールをくださったお友達、いつもいつもありがとう!心強かったです。

応援してくださったお友達、ありがとう!

さて、年末も年末、掃除に料理、頑張らなきゃ!!

娘の事

昨日は発表会でしたnotes

発表会の事を書く前に、娘の事を。

社会人になる娘は、今回の発表会で、暫くピアノから遠のくと思います。

それがどれだけの期間なのか分からないし、もしかしたら弾く事はなくなるかもしれません。

なので、今回は娘にとっても私にとっても大切で思い入れのある発表会でした。



娘がピアノを始めたのは小学1年生と、決して早い年齢ではありませんでした。

それでも、負けず嫌いで、コツコツと真面目に練習する子だったので、小学校の中学年の頃にはコンクールで本選に進んでいたりしました。

そんな娘ですが、中学1年生の時に辞めたいと言いました。

前の先生と相性が合わず、先生のお家に行けないくらいに悩み苦しみました。

同じ先生に習っていた私も間に入り、精神的にかなり参る程の結果を招いてしまいました。

娘には「もう辞めていいよ。」と言ったのを覚えています。

それまで二人三脚で娘の為にと、先生と共に他の先生に見て頂いたり、講座に連れて行ったりしたな。

辞める事になって、今の先生にご相談しました。

「うちに来る?」と言って頂きました。

今の先生は、前の先生のご紹介で、娘が小学3年生から月に1度とコンクールの時に頻繁に見て頂いていて、今の先生の事が好きだった娘は、それでも前の先生を裏切ってしまう様な感情を持ち通うのを躊躇っていました。

結局、少しお休みをした後、今の先生の所に通う事を本人が決めました。

それから高校2年の終わりまで、発表会やコンクールに参加し、喜んだり悔しがったりnotes

私も娘と一緒に連弾のコンクールに参加させて貰ったりして、楽しい時間を過ごせました。

そしてその後、大学生になった娘はピアノを弾く時間はなく、というか、他に興味のあるものが沢山あり、ピアノから遠ざかっていました。

年に数回しかピアノの蓋を開けたのを見た事がなかったなぁ~sweat01



そんな娘ですが、今回は連弾だけ参加すると言っていたのを、先生や私の誘導でソロも弾く事にwink

ピアノを習い始めて、16年。その間お休みが4~5年。

色々あったけれど、娘がまた気持ちや時間に余裕が出来て、ピアノを自分から弾きたいって思えるようになってくれれば良いなshine

またその時は一緒に連弾をして欲しい!

ソロも聴かせて欲しい!

母からの願いでしたhappy01

レッスン♪(12/21)

一昨日、仕事帰りに今年最後、そして発表会前ラストのレッスンに行って来ましたnotes

☆スラブ舞曲 Op.72-2

この曲は歌いやすいこともあり、二人で気持ち良く弾いていますhappy01

ですが、歌い方がしつこくなり間延びしてしまう私達sweat01

先生に、しっとり歌うところと軽やかに歌うところの差をつけるよう言われました。

この事を踏まえて娘と合わせたいところですが、今日明日は忙しいそうですsweat02

本番まであと何回合わせられるかな。。


☆ベートーヴェン 32の変奏曲

苦手な箇所、先生から良くなったと言って頂きましたhappy01

先生のお言葉って、すごく大事で、精神状態を左右されます。

なので、苦手な箇所でOKを貰え、ちょっと自信に繋がったかなup

暗譜も余裕があるわねと言って頂きました。

全然余裕はないのですが、もし暗譜落ちしても何とか繋げられる気がします。

怖いのは指が絡まり、コントロールを失った時に指使いを間違えどうにもならなくなる事。

あがってしまうと益々テクニックの無さを露呈してしまうので、とにかく落ち着こう。

今日の練習では、発表会で私の前の人がショパンの変奏曲を弾かれるので、その曲をYouTubeで聴いてから弾き始めました。

少しでも動揺する気持ちを抑えたいですnote

お花

仕事場でお花を沢山貰いましたtulip

Photo

Photo_2

Photo_3

一気に部屋が華やぎましたheart04

レッスン♪(12/14)

ちょっと時間が経ってしまいましたが、12/14の夜にレッスンへ行って来ましたnotes

玄関のドアを開けたら猫ちゃんがお出迎えしてくれましたcat

のどをナデナデして、レッスン室へ入ろうとしたらついて来てしまいました。

ま、いいっか。

娘のレッスン中で、先生も娘も気づかず。

猫ちゃんは、ずっと娘のピアノの椅子の下でお座りしていましたhappy01

いい子ねぇと思ったら、1時間前、娘も全く同じで猫ちゃんに出迎えられ一緒にレッスン室に入ったそうです。

その時はにゃ~~と鳴きながら先生の所に駆け寄ったらしく、強制退出coldsweats01

なので、学んだ猫ちゃんはおとなしく私とは入ったのでしょうねhappy01

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

さて、レッスン。

娘との連弾から。



☆ドヴォルザーク スラブ舞曲 Op.72-2

通して弾いた後、先生から「どう思った?」と。

二人して「ん~~。。。」

悪くは無いと思うけれど、何だか間延びしてるかな。

先生からはやはりメリハリを言われました。

ここのところ、ちゃんと一緒に練習しているので、だいぶ息も合って来ましたnote



☆ベートーヴェン 32の変奏曲

ここから長くなります。

この曲も残りあと1回のレッスンとなりました。

その最後に向けて何を気を付けるか書いておこうと思いますnotes

・テーマ
「ド~ミ」と弾かず「ド~ォミ」と「ォ」を感じて弾くこと。

・第1・第2変奏
ペダルを入れるのが長すぎる。拍の頭にだけ入れる。


・第4変奏
拍子感。ひとかたまりで取る。頂点の音、拍の頭の音への意識。

 

・第5変奏
一小節の中にあるスタッカートとスラーの弾き方の確認。小節の最後の音の抜きが足りない。

 

・第6変奏
ひとかたまりを体で感じて弾くこと。

・第7変奏
娘に言われてPを意識して練習。繊細に弾けているけれど、全部が同じ弾き方ではダメ。2小節目の終わりから前へ進む感じで弾くように。間の取り方の変化。

 

・第8変奏
2小節ひとかたまり。その中での抑揚。同じ音型3つ目でsfの頂点へ。

 

・第9変奏
もっとサラッと入る。タメて入ったら言われました。でもバスの音は小節の頭を意識する。

 

・第10変奏
苦手なこの変奏。弾ける時は入りのテンポと拍子が体で取れている。慌てない。苦手な箇所は口ずさんでます。

 

・第12変奏
もっとゆったり。前回、明るくもう少しテンポを上げてと言われたので、そう練習したのですが違ったようです。。


・第14変奏
これも苦手な変奏。魔の3度。練習の甲斐があって前よりは弾けてるかな。左手のメロディーのスタッカートの部分が鍵盤を押し込んで弾いているので、もっとリズミックに弾くように。


・第16変奏
右手のスタッカート、手を鍵盤から離し過ぎ。だからか、抜いているつもりでも手首が疲れると思いました。弾き方を変えたらスムーズになりました。


・第18変奏
出だしすぐにある16分音符ははっきり弾いてOK。以前そっと弾いてクレッシェンドと言われましたが、私の場合、はっきりしっかり弾いた方が拍子がずれないようです。


・第19変奏
 
6小節2拍目、左手のaに少しアクセント。(拍子がズレない為)


・第20変奏
これも娘に言われて直した変奏。OKだったようです。右手の和音、ホールの遠くへ飛ばすようなイメージで手首を柔らかく。左手は口ずさみながら練習しています。


・第22変奏
sfのある4分音符、左右の受け渡し。響くのはその音。


・第23変奏
ppだし、平坦に弾いていたら、第7変奏と同じで前へ進むような弾き方で。


・第25変奏
装飾音符が甘い。もっと鋭く。でも大きくはない。


・第26変奏
fと書いてあるけれど、小節の最初の音だけでいい。あとは軽く。体の動きと連動させてかたまりで弾く。


・第29変奏
サラッと。力まずに。1小節のかたまりと2小節のフレーズの練習。


・第30変奏
3拍目の抜き。


・第31変奏
左手、全部を頑張らない。cの音を響かす。手首の使い方。


・第32変奏
右手の小節頭の音は歌う。今まで丁寧に弾くよう言われていましたが、歌うという言葉の方が私には分かりやすかったみたいです。
19小節目から急いでしまうので、歌いながら弾きなさいと言われました。
最後2ページが弾けているようなピンと来ないような。。


先生に、この長い大曲をよく頑張りましたと言って貰えましたhappy01

今週末もレッスンに行って来ます。

娘と。

今日は初めてのホールに練習に行って来ましたnotes

一週間の内に2回もホール練習をするのは、行くのも大変だし仕事もあるしで1回はキャンセルするつもりでした。

ですが、このホールはホール側の方の手違いがあって、ご厚意によって2時間続きで取れたのでキャンセルするのは申し訳ないなと。

普段家で練習している時間をそのままホールですれば、午後に仕事に行けるかと思い行くことにしました。

娘も丁度、今日の予定が延期になって時間があるとの事。

朝早いけど行く?と聞いたら行こうかなと、まさかの返事flair

初めてのホールは、こじんまりとしていて良い雰囲気でしたshine

ピアノはヤマハのCFⅢS。

鍵盤は象牙なのか滑らないのは良いのだけれど、表面がザラザラ。

弾いている時の感触よりも綺麗な響きのピアノでした。

こういうちょっとした事が気になるのだけれど、初めてのピアノで動揺しないようになりたいので、良い機会でした。



まずは連弾から。

出だしは合うのだけれど、途中で何だか違う。

やっぱり私が速くなってしまっているらしい。

らしい、って他人ごとだけれど、自覚がないからなぁsweat01

この部分は口に出して歌う事にしました。

そうしたら合っているみたいで、娘からOKを貰いました。

やれやれ。




娘のドビュッシーのダンス。

もしかしたら、初めて通して聴くかも。

久しぶりの娘のピアノ。

綺麗な音でした。

本人が好きだろうと思う箇所はとても気持ち良さそうに弾いていて直ぐに分かりましたhappy01




続いて私のベートーヴェン。

今まで止まった事のない箇所で弾き直し。

間の取り方が足りなくて、拍を取れずに入ってしまった為、バタバタになり弾き直し。

何を焦ってしまったのだろう。

娘からはやはりその箇所の焦り具合と、今直そうと練習している箇所の音の長さを言われました。メトロノームに合わせる事と右手のメロディーをよく聴く事かな。

その後お互いに練習して、気になる所を教え合って、最後に連弾とソロと通して弾きました。

最初で最後の娘とのホール練習。

行事が一つ一つ終わる時の寂しさに似ています。



そうそう、行く時にまた迷子になった私達。

私の大きな勘違いから沢山歩く羽目にwobbly

娘にちゃんと地図を確認しなきゃダメでしょと怒られました。

最初から娘に頼めば良かった・・。

一人で行っていたら、きっと私はホールに辿り着けなかった気がしますsweat01

弾きたい曲はあるけれど

周りのお友達はみんな新しい曲に取り組まれていて、いいなぁと羨望の眼差しshinehappy01shine

私も発表会が終わったら次の曲に行くぞ~~rock

でもまだ全然決まっていなくて。

先生とも話をしていないしsweat01

いつも次の曲の話を先生とする時、頭の中に色々巡って、結局自分が何を弾きたかったのかを忘れてしまいます。

今度はちゃんと手帳に書いて行こうcoldsweats01

5月の連弾でシューマンを弾くことになりましたnotes

だからという訳ではないのですが、次の曲はシューマンが良いかなと思ったりshine

元々ロマン派を弾くつもりで、ショパンのノクターンから2曲位選ぶつもりでした。

色々揺れ動いています。

♪~弾きたいと思っている曲~♪

*シューマン      色とりどりの小品 Op.99

*シューマン      3つのロマンス Op.28

*シューマン      ノヴェレッテン 第8曲  Op.21 

*ショパン        ノクターン 7番 Op.27-1

*ショパン        ポロネーズ 5番 Op.44

*ブラームス      シューマンの主題による変奏曲 Op.9

*シャブリエ      10の絵画風小品   村の踊り 即興曲 

特にこの中のブラームスは弾きたいけれど、かなり難しいし長いしまた変奏曲なので、先生からOKは頂けないと思いますsweat01

ならば、この曲の元になっているシューマンの色とりどりの小品の中の曲を弾きたいと思ったのですnotes

こんな風に書きましたが、またクルクルと弾きたいものが変わるので、どうなるでしょうsmile

ホールで練習♪

昨日はホールでお友達に演奏を聴いていただきましたnotes

やっぱり苦手な箇所は近づいて来ると『落ち着け!落ち着け!』という心の声とは裏腹に、更に意識してしまい弾けないdown

それでも次の変奏は普段通りに弾きたいなって思う気持ちだけは忘れなかったのはヨシとしますか。

自分に甘いなぁ~~coldsweats01

しかし、Pで弾くのって難しい。

音が抜けてスカスカになってしまったり、そうならない様に弾こうと思うと音が出すぎてしまってPではナ~~イsweat01

クレッシェンドも高音でしようと思うと何だか響きが無いし。。

そんな演奏だったけれど、ほんの少しだけ力まずに楽に弾けるという感覚がありましたhappy01

本番もあまりガチガチに緊張せず楽に弾けるといいな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ちょっと気になって図書館で借りた本です。

佐藤多佳子さんの『聖夜』xmas

今の季節にピッタリと思い読み始めました。

高校生のオルガン部のお話です。

音楽を聴きながら読みました。

お父さんと話し合う場面は心に沁み入るものがあります。

聖夜 ― School and Music

レッスンがお休みになって

今日、本当はレッスンでした。

ですが、先生の体調が悪いらしく昨夜変更のメールを頂きました。

前回のレッスンの時も熱があると仰っていて、今回のようにお休みされるという事は余程お辛いのだと思います。

さて、そういう訳で時間ができました。

今日は来年の5月に弾く予定の連弾曲を探していて、CDを聴いたり、YouTubeを見たり、昔のコンクールの課題曲を参考にしたりしていますnotes

2人が好きだなheart04弾きたいなshineって思える曲に出会えるといいなぁ~~happy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

レッスンが延期になり、ちょっと不安な事が。

弾き方を変えた箇所あって、果たしてその弾き方で良いのか。

多分、随分前に教わった弾き方なのですが、私のテクニックの無さと勝手な思い込みで自分の弾き易いように弾いていました。

そこを先日娘に指摘され、先生に言われた事を思い出し直している途中です。

あと、PPの響き方も自分なりに考えたので、そこも確認して頂きたかったです。

来週、再来週と続けてレッスンの予定。

来週のレッスンで直される事を短期間で出来るか不安。。

本当に慌ただしい年末になりそうですcoldsweats01

発表会の衣装

12月に入りましたxmas

先月末は腰が痛いこともあり、仕事の量を減らしていて家にいる時間が沢山ありました。

こういう時に普段出来ない事をしようup

サロンコンサートの時に着ようと思っていた衣装がありました。

結局着ませんでしたが・・。

そのドレスはツーピースになっていて、スカートの方のサイズはOKhappy01

ブラウスの腕周りがなんともキツイcoldsweats01

このドレスを買ったのはかなり前。痩せていた時のsweat01

1回しか着ておらず、いつか袖を通すだろうと取って置いた物です。

スタンドカラーになっているのも首が苦しそうに見えるし、どうしたものかと。

意を決して、襟の部分をカットしてクルーネックにしました。

キツかった腕周りも少しほどいて一回り大きくしました。

久しぶりに裁縫道具とミシンを出してリフォームhairsalon

こういう作業、すごく好きなんですが、最近は忙しい事もあり遠ざかっていました。

さて、出来上がったドレスを娘の前で試着。

「腕はキツそうではなくなった。」と言っていました。

まぁ、合格でしょうか。

でも、このドレスを発表会で着るかは、まだ迷っています。

じゃあ、何でリフォームしたsign02

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »