« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

練習♪

娘と練習しているドヴォルザークのOp.72-2notes

いつでも合わせられると思っているので、逆になかなか一緒に練習しませんsweat01

先日のレッスンから一度も合わせていなかったので、10日ぶりに合わせたら・・・coldsweats01

先生に言われ、プリモの間の取り方を少し変更。

これが二人の耳にも体にも馴染んでおらず、なんだか変。

回数を重ねれば普通に聴こえるのかな。

あと、微妙に縦が合っていなくて気持ち悪いshock

これも合わせる回数の様な気がします。

プリモとセコンドが同じパッセージを追いかける箇所があるのですが、「ママは伴奏の時は速い!自分がメロディの時はゆっくり!」と自分勝手に弾いている事を娘に注意されましたwobbly

ほら、テンポ感の無い私だからさ。

と思ったけれど、これって致命的bomb

申し訳ない!

嫌いだけどメトロノームに合わせて練習します。。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

連弾の練習の後に、ベートーヴェンを変奏毎に聴いてもらいました。

鋭い指摘に、なるほど~~!

自分でも気になっていた事をもっと掘り下げて言って来るので、とても有難かったです。

調子に乗って、「この変奏はどう?どこが気になる?」と聞きまくり、アドバイスして貰いました。

最後に言われたのが、「もっとイメージを持てば。」と。

一応私にもイメージはあるんだけどね、どうもイメージの持ち方が上辺だけらしく、例えば『月明かり』をイメージしていると答えたら、「月明かりで何がどうしたの?」と。

「へ?『月明かり』だけで十分じゃん!」と私。

「私だったら『月明かりの下には湖が広がり、そこに舟があってカエルが乗って漕いでいる。」と娘。

「カエルsign02(爆笑)」

絶対にこの変奏を弾く時には私の頭の中には『カエル』が浮かぶ~~~happy02

こんなオチで娘からのレッスンは終了しましたnote

お友達の発表会♪

一昨日、お友達の発表会に行って来ましたnotes

皆さん、素晴らしかった~~shine

お友達の発表会はいつも皆さんの素晴らしい演奏を聴かせて頂いて温かな気持ちになれ、更にパワーも頂いて来ますupupup


いつもイメージを大切にされ、それを表現されるEkkoさん。

美しい蝶がEkkoさんの周りに舞っているのが見えました!!


うっとりする旋律を軽やかに滑らかに音楽的に弾かれるRooさん。

ピアノに触っているのが嬉しいの!という表情をされていました。


細部まで完成度高く美しく表現されるkeikoさん。

舞台上の立ち居振る舞いも美しく、弾いていらっしゃる時の会場の空気がkeikoさん色に染まっていました。


他の方々もとても素晴らしく、帰りにお声を掛けさせて頂きました。

お友達の先生が連弾もされていて、ドヴォルザークも弾かれました。

この短い期間に偶然にも2回、この曲を聴かせていただく事ができ、とても参考になりましたnote

楽しい一日でしたhappy01

ありがとうございましたheart04

腰痛

絶不調です・・sweat02

一週間前に行ったコンサートで腰を痛めていました。

それが昨日悪化し、PCの前に長時間座れない、痛さから寒気がし下半身がだるくなってしまいました。

今朝も早くに起きて子供と主人を送り出した後、どうにもこうにも動けなくなってしまい痛み止めを飲んで寝ていましたsleepy

お昼前にやっと、お薬が効いたのかだるさは取れました。

今日は仕事には行かず家でゆっくり過ごしますcoldsweats01

ベートーヴェン 32の変奏曲

YouTubeでベートーヴェンの32の変奏曲を色々聴いてきたけれど、人によってかなり解釈が違い、全部を通して好きだなって思う演奏があまりありませんでした。

一つ一つの変奏はこの人のが好き!って思うのは沢山あったのですが。

なので、あまり聴くと自分でもどうして良いのか分からなくなるので、ここ半年は殆ど聴いていませんでした。

でも、そろそろ自分がどう弾きたいのかが定まって来ているし、思い描いている演奏に近付けるにはどう弾けば良いのかヒントが欲しくて、ずっと探しては聴いていました。

そして、見付けましたnote




サンドロ・ルッソのピアノnotes

素敵ですshine

コスモスアンサンブル サロンコンサート♪

先日、コスモスアンサンブル サロンコンサートへ行って来ましたnotes

芸大出身の女性6名からなる木管六重奏団。

☆プログラム☆

・ハイドン  ディヴェルメント   (木管五重奏)

・ドップラー  リギの想い出   (Fl 、Hr、Pf)

・ルーセル ディヴェルメント   

・イベール  三重奏のための5つの小品  (Ob、Cl、Fg)

・フェレンツ 17世紀の古いハンガリーの舞曲

・プーランク  即興曲 第15番「エディッド・ピアフ」を讃えて (Pf)

・プーランク  六重奏曲

ピアノ曲以外は知らない曲ばかり。

それでも最初から最後まで、飽きることなく楽しめました。

自由席の場合、いつも後ろの方に座るのですが、今回は小さなホールだったので、音響はそんなに変わらないだろうと、一番前の席を陣取りました。

間近で演奏者の息遣いや楽器の弾き方吹き方を堪能でき良かったですshine

ぴったりと合う呼吸。

すごいなぁ~~happy01

どうやったらあんなに合うんだろう。

ピアノを弾いている方をじっと見ていると、背中からの歌っていうのかな、伝わってくるものがありましたnotes

Pを弾く時の打鍵離鍵の美しさshine

このピアニストさんの演奏を聴かせて頂くのは、何回かあるのですが、とにかくアンサンブルが素敵shineshine

ご本人もアンサンブルがお好きと仰っていました。

昔の方々が、サロンで寛ぎながら楽しんだであろう演奏会を思い浮かべながら音楽に浸りましたheart04

部屋選び

毎日毎日朝から晩まで出掛けていて、さすがに疲れましたsweat01

昨日は娘の引越し先を探しに不動産屋さんへ行って来ました。

詳しくは書けないけれど、入社が早くまだ学生なのに社会人になります。

って、変な書き方sweat02

3月までは大学生。その前に入社します。でも入社式は4月1日。

なので、慌てて部屋探し。

娘の第一条件はトイレ・バス・洗面台が別々。

結構この条件がネックになり、なかなか決まらなかったけれど、それでも駅から近くオートロックのお部屋が見つかりました。

同じマンションは同業者ばかりとの事で安心。

一足早くに同じマンションの他の部屋に決まった方も同じ会社の方だそうです。

同期だといいね~happy01

これから年末年始はかなり忙しくなりそう。

そうそう、我が家には受験生の息子もいて、来春は生活が大きく変わりそうです。

母である私は寂しいweep

親離れ子離れの時期が来ました。

レッスン♪(11/17)

一昨日、レッスンに行って来ました。

いつも乗っている電車が一時的に運行をしないと分かってたので、時間を多く見積もって出掛けました。

レッスンの時間の3時間前には家を出ました。

ホント、小旅行だわtrain


☆ダカン かっこう

弾く前にちょっと疑問に思っている事をお聞きしました。

今までに華やかな演奏をしますねと声を掛けられた事が何度かあります。

曲自体が華やかなのを選びがちだからなのか、私自身が体も大きく振りが大きいからなのかと思ったり。

嬉しいのですが、その反面、ちょっと違うよねと思う気持ちもあります。

そのままを先生にお話したら、「Pのフレーズの幅が狭い事、ニュアンスが足りない事が曲のデリケートな部分を表現できないから華やかな演奏をイメージを持たれるのかな。」と。

「その為にバロックをやっているのよ!」

だそうです。

爆発できないもどかしさ・・かな。

その話の流れでダカンのかっこうを見て頂いたのだけれど、最初から止められました。

楽譜は簡単なんだけれど、その単純な音符を弾く時の打鍵の仕方、間の取り方。

時間を掛けて見て頂いて、分かるけれど分からない・・sweat02

今までバロックを弾く時に先生には「ストレートな音を出して」と言われ続け、でもダカンのかっこうではストレートな音は求められず。。

かと言って、私の好きなロマン派を弾くのとも違う。

私、どうすれば良いのでしょう。

きっともっと違うところに答えがある気がしますが、今の私のテクニックや解釈では無理なのかな。



そんな事を思いつつ、3度弾かせて頂いて合格。

消化不良です。



☆ダカン 快い旋律

迷ったのですが、3日間しか練習しなかった曲を見ていただきました。

練習時間が短くても、今後の練習する内容がブレないようにと思いお願いしました。

綺麗な曲ですshine

ダカン、好きかも~~。

暫くベートーヴェンのみのレッスンになるので、ダカンは来年に持ち越しです。





☆ベートーヴェン 32の変奏曲

テンポを少し上げて弾くことになりました。

あまり早くにテンポを上げると、必ず崩れる私の事をお分かりになっている先生のご提案で、このタイミングでのテンポUPup

私は全然このテンポでいいですけどね~。

丁寧に弾こうと流れが無くなっている所や拍子感が曖昧になっている所の注意。

テンポは早くするけれど、練習では一小節ひとかたまりで切る練習をするように。

そう、小節の最後の音を端折る私へのお言葉です。

なかなかOKと言って頂ける変奏が無く、直す所がいっぱいだぁ~shock

苦手な左手の32音符は左手だけだとOKだそう。

少し手首を高めに変えたら、それはNGcoldsweats01

音がパサパサしていると言われてしまい、元に戻しました。

右手を歌えば両手でも弾けるようになるかな。

もう一つ苦手な三度。

こちらは前回より弾けるようになっていると言われました。

サロンコンサートの後、先生に言われていた事を忠実に守り練習しましたから。

押さえつけたり、飛び跳ねたりせず、移動する様に。

そしてスタッカートが付いているけれど、スラーで練習。

あとは動揺しない事。

次のレッスンまでにテンポを上げるけれど、崩れないようにゆっくりの練習もしよう。

こう書いておけば、きっとテキトーな私もするだろう。。smile




☆ドヴォルザーク スラブ舞曲 Op.72-2

プリモはしっとり歌う、その間を大事に。

セコンドはプリモに寄り添う。

ffは鍵盤の指を置いた状態から打鍵。

またまた先生にから「二人共こういう歌う曲が好きねheart04」と。

そう、好きだから気持ち良く本番も弾けるはず!

お友達の演奏を聴かせていただいて♪

昨日はお友達の演奏会が市川の西洋館であり、行って来ましたhappy01

 

西洋館は何度か行った事があるのに、道を一本間違えてしまい、遅刻して1番の方の演奏は外で聞く事態に。

なんで、いつもいつも迷うかな~~sweat01

ちょっと話は逸れますが、先週のサロンコンサートに行った時もちょっと迷ったのですcoldsweats01

そして、西洋館の後に行った場所でも・・。

ここまで来ると重症punch

 

それはさておき、お友達の演奏はそれはそれは素晴らしいもので、いつもの様に穏やかで安定した輝きのあるものでしたshineshineshine

 

よく響き、ともするとイタイ音がしそうなピアノでしたが、お友達のフォルテは心地良くよく通る音で素敵でしたheart04

間際まで暗譜で弾かれるか悩まれていたのをBlogに書かれていましたが、暗譜も完璧!

ご本人はドキドキされていたと仰っていましたが、落ち着いた流れのある歌い方でしたnotes

 

こうやってお友達の演奏を聴かせていただくと、本当に刺激になります。

学ぶこともとても多いです。

素敵な演奏をありがとうございましたhappy01


 

そして、休憩時間にピアノ仲間さんからワクワクするようなお誘いを受けました。

 

お友達(相方さん)と一緒に来年、連弾の演奏会に出られませんか?と。

連弾!その言葉を聞いてすかさず『やります!』と答えた私。

その横で『えっ!』という顔をされた相方さん。

猪突猛進と言われてしまいました。

猪ならぬ、暴れ馬()の手綱をしっかりコントロールしてくれる騎手(相方さん)ってところでしょうかhorsehorsehorse

 

曲決めが楽しみですhappy01

 

最近の練習♪

次の本番は12月末にある教室の発表会notes

年末で仕事もピークの忙しい最中、主婦である私は一応家の事もしないといけないと思う・・。

来月はめまぐるしい日々を送るんだろうなぁ。

先日のサロンコンサートを終え、ベートーヴェンは弾けなかった所を片っ端から思い出し、とうとう付箋に書き出して楽譜にペタペタ貼りました。

あまり付箋を使うのは好きではないのですが、書ける余白が殆ど無くってsweat01

大体、弾けない箇所って同じだからなんだけれど。

今回は次の音を考えた瞬間、左手の暗譜落ちもしているので、そこもチェックeye

弾いている時に余計な事は考えないsign03集中集中sign03




イェンゼンの『ロマンス』の次は『村のお祭り』にするつもりでいました。

ちょっと乗りの良い曲です。

ですが、何となく気分じゃないのでや~~めたbleah

そして、バロックの中から『快い旋律』に決定happy01

昨日から譜読みに入っています。

日曜日がレッスンなのですが、間に合うかな。

娘との連弾。

使っている楽譜が最近譜めくりすると、ページが元に戻ったりして困っていますwobbly

うちの先生は譜めくりがお上手ではなく、変な所でめくられたりするので頼めないし・・。

という事で、縮小コピーして台紙に貼りました。

久しぶりの作業でした!

20131114__r

左に広げているのがセコンドの私の分。

右に閉じているのがプリモの娘の分です。

それぞれが3面になるように折ります。

こうやって楽譜を作っていると発表会が近づいてきたなって思いますhappy01

譜めくり♪

譜めくりをさせていただく事が割と多いのですが、譜めくりって結構難しいのです。

今回のサロンコンサートでも3組の方の譜めくりをさせていただきました。

前日にくるみ割り人形は予習をして行きました。

以前今回のメンバーが弾かれたDVDをいただいていたので、それを見ながら楽譜をめくる練習。

行進曲は見失わないのだけれど、花のワルツは自信がない・・sweat01

高音の方が聞き取りやすいから、プリモの音符を追うけれど途中で伴奏になる。

そうするとセコンドのメロディに目が行くのですが、それはそれで音を聞き取るのが難しくって見失うsign02

なので、今回は花のワルツに関しては譜めくりのタイミングで頷いてくださいとペンネさんにお願いしてしまいました。

あの大曲をきちんとめくれなかったらと考えると怖くってshock

で、本番はいい感じで進んでいたのに1番カッコでめくろうとしてしまい、ペンネさんが「めくらないで」と小声で教えてくださいました。

そうだった。

この曲は1番カッコ、2番カッコが何回か出てくるんだった。

失礼しましたsweat02

ドヴォルザークのスラブ舞曲はたまたま娘と弾いているので、曲の流れが分かっているからと譜めくりをさせていただきました。

目の前で聴かせていただけてラッキーでしたshine

間近で弾いている所を見られるって、譜めくりの特権happy01

この譜めくり係の途中で自分たちの6手連弾もあり、出たり入ったりして裏ではドタバタしていました。

取りあえず、大きな事故もなく譜めくりができて良かったです。

そして、この大役を終えた後、お聴きしたかった曲が次だったので、猛ダッシュして会場内に戻ったのでしたdash

同窓会サロンコンサート♪

あまりに反省点が多くて丸一日が経ってしまいましたsweat01

昨日はペンネさんが主催された同窓会サロンコンサートに参加させていただきベートーヴェンの32の変奏曲を弾いてきましたnotes

あまりのレベルの高さにビックリsign03

あの~~、ここは皆さんプロの方?先生?という方々ばかり。

かなり場違いcoldsweats01

皆さん、本当に素晴らしいshine人を惹きつける演奏ってこうなんだなって目から耳から感じましたshineshine

リハの時から一気に心を鷲掴みされた曲があって、その方ともお話ができ感動をお伝えしました。

その曲、弾きたいなぁ~~heart04(メンデルスゾーンのプレリュードとフーガ)

自分の話から逃げていたけれど、今日一日反省をしていました。

何というか、こうも弾けないと私って何なの?という気持ちになります。

舞い上がってはいなかったけれど、テーマで音が転んだ事から少しずつ迷いが。

どうしてもここ数日苦しんでいた3度。

元々苦手で、それを公言してしまうと益々弾けなくなるから黙っていたけれど、私の演奏を以前から聴いてくださっている方は分かっている事で、それでも最近は安定していたのだけれど。

速いパッセージも、弾きたくない!という思いが強すぎて逃げ腰・・で崩壊downdowndown

前半から苦手な変奏を飛ばそうか考えて弾いていました。

ダメですね。

すごく悔しかったのは好きな変奏があって、歌う曲でいっぱい練習したのに、左手の音が不明に。

お友達に伝えたいって思って弾いたのに。

あ~あ、って思う演奏でしたが、自分の良かったと思う事を一つでも挙げてみましょうと王子様が言っていたので、何かあるかなと思い出してみました。

あんなにグチャグチャになったのに止まらなかった事。

左手を忘れたところは右手でテキトーに繋げた事。←かなり事故sweat02

沢山間違っても諦めなかった事。

弾けていないのにお声を掛けてくださった方がいらして救われました。

めげずに、来月の発表会には自分なりに納得のいく演奏をしたいです。

笑顔で報告が出来ますようにshine

もう一つ、6手連弾も弾かせていただきました。

練習で2日間合わせたのですが、本番はリズム通りに音を弾けない箇所があってEkkoさんとRooさんには迷惑を掛けてしまいました。ごめんね~~!そしてありがと~~!

連弾は本当に好きで、また機会があったらチャレンジしたいですnotes

同じ舞台に立った事のなかったお二人と一緒に弾けたのはとても嬉しかったですhappy01

さて、明日からやらなくてはいけない事を一つ一つ丁寧に取り組みます!

練習会♪

昨日は久しぶりの練習会でしたnotes

もうすぐ本番、その前に聴いていただきましたhappy01

ベートーヴェンの32の変奏曲。

この曲との付き合いも10ヶ月と長くなりました。

今回の動揺ポイントは蓋の開け部分。

家では全開、先生のお宅では閉めたままなので、少しだけ開けた事が無くて、視界に入り気になる私sweat01

なんて、集中力が無いんでしょうcrying

弾けていない部分は多々ありますが、舞い上がらずに弾けたのは進歩かな。

速いパッセージは心持ち遅く弾いた方が良いのは分かっているけれど、指が走って行ってしまうので、本番まではゆっくりの練習とメトロノームに合わせようsign01

こうやって、本番前に振り返る事ができて良かったです。

2回も通させていただきました。ありがとうございましたnote

もう1曲弾いたのはイエンゼンのロマンス。

短いロマンティックな曲ですshine

もっと歌えると良いのですが、なかなか難しいです。

やはり本番が近いお友達もベートーヴェンを弾かれます。

落ち着いたテンポと指運び。

思わず指が見える位置に体を斜めに傾けてしまいましたcoldsweats01

なるほど!と思う事があり参考にさせていただきますhappy01

もう一人のお友達はバッハのフランス組曲を聴かせてくださいました。

透明感漂う芯のある音がバッハにぴったり!

揺るがないテンポ。羨ましい限りです。

有意義な一日でしたheart04

上手に弾こうとかカッコ良く見せたいとか考えず、この10ヶ月練習したことを自分らしく表現できたらいいなぁ~~shine

ちょっとしたお話。

先日、レッスン室の床にカゴがあり、その中にショパンのパデレフスキ版の楽譜が沢山入っていました。

「この版のエチュードは持っている?」と聞かれ、私にエチュードをプレゼントしてくださいましたnote

えっ!いいんですか?

我が家にあるパデレフスキ版の楽譜たちに仲間入りhappy01

Photo普段はこの版の楽譜は使っていませんが、今度ショパンを弾く時はこの中から選ぼうかな。

数日前、駅前まで歩いていると大好きな景色を見る事ができましたheart04

毎年、この時期になると秋を感じさせる並木道。

写真を撮ろうと思ったのですが、人がどんどん通るので恥ずかしくて撮れませんでした。

その話を娘にした日の午後、知らないはずの息子が同じ場所の並木道の話を私にしました。

そして、息子は綺麗だなと思い写メを撮ったそうmobilephone

同じ様に美しいと思った息子にhappy01shine

Photo_2

レッスン♪(11/1)

夕方のレッスン前に娘と銀座デートheart04

なんて甘いものではなく、ドレスを見に行って来ました。

それも私の。

気に入ったドレスがあったので試着しました。

・・・sweat02

背中のファスナーが自力で上がらず娘にHELPsign01

背中の肉を押し込んで着たドレス。

何だかイメージが違う。

はぁsad

痩せなきゃ着こなせないし、若かりし日の自分を思い浮かべてはダメって事がよ~~く分かりましたcoldsweats01

なので、ドレスは手持ちのにしようかと。

娘もその方が良いって言うし。

でも、手持ちのドレスも入るか不安。

後で着てみなきゃsign01


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



☆ダカン かっこう

初めて見ていただく曲。

弾く前に、「バロックだからね!ロマンティックに弾かないでね。カラッとした音色で。」

と言われたのにも関わらず、左手の抜きがバロックじゃないそうで教えていただきました。

毎回毎回、気を付けているつもりでも、癖であったり、自分勝手に思うように弾いてしまうから同じ事を言われます。

この『かっこう』という曲は、なんとなく物悲しい感じがします。

可愛いイメージを持って弾き始めたけれど、mollだからかなのか、可愛いだけではない寂しい感じ。

かっこうが仲間と会いたくて鳴いて森を彷徨う。

そんな風に感じて弾いています。

レッスンでは私の弾き方だと重いので、もう少し軽やかに。

指を上げて弾かない。

隠れかっこうの音を感じて弾くこと。



☆イエンゼン ロマンス

通して弾いて合格happy01

前回より歌えて来たと言って貰えました。

久しぶりの歌う曲で、どこまで歌って良いのか加減が分からず中途半端な感じでしたが、結構思いっきりで良いみたい。

こういう曲、好きですheart04

色々見ることで初見の練習にもなるからと、この曲集から何を選んでも良いと言われていますが、どうしても私が選ぶ曲が今回のロマンスの様なのになってしまい、先生にも「ayayanさんはこういう曲が好きよね~。」と言われ、リズミカルな曲を勧めてくださいます。

なので、次回はリズミカルな曲を選択しようと思っています。



☆ベートーヴェン 32の変奏曲

丁度弾き始めようと思ったら娘が到着。

真後ろに娘がいる状態で弾く・・あがって弾けないかなぁ。

娘であっても先生以外の人に側で聴かれるのは緊張します。

弾き終わってから先生に「○○ちゃんが後ろにいてどうだった?」

「今までだったら、多分すごく緊張して弾けなかったと思うのですが、今日は大丈夫でした。」とお答えしました。

先生からは「今回は暗譜が安定しているからよ。大丈夫。」と心強いお言葉を頂いたのですが、単純な音で分からなくなった箇所があったからなぁsweat01

頑張ろう!





☆ドヴォルザーク スラブ舞曲 Op.72-2

バスの音の『ウォン』というような響きを持たせて。

プリモのメロディでタメている箇所でセコンドの動きを合わせる。

セコンドがメロディを受け持った時にもっとメロディラインを際立たせる。

全体的にはまとまって来ていてOKみたいhappy01

この曲、好きだな~~heart04

特にワンフレーズ毎に盛り上がる時にセコンドが受け持つ重音が弾いていて気持ち良いshineshineshine




この後娘はレッスンで私は先に帰宅。

その前に先生から「ドレスは作るの?」と聞かれました。

今回はその余裕が私に無いので、「手持ちのを着る事になると思います。あまり派手では無いのにしようと思っています。」とお返事。

でもな、娘は最後になるから娘のだけでも作ろうかな。

今月は仕事が少なくしてあるので、時間を作ろうと思えば出来るけれど、後は私の気力かな。

娘は来年就職の為に引っ越します。

ピアノは持って行けないし、本人もその気が無かったのですが、先生に電子ピアノだけでも持ってた方が良いのでは?と言われていました。

私も自宅にある電子ピアノを持って行けば、夜も弾けるので良いと思うのですが。

せっかく小さい時から習っていたピアノ。(これは親の気持ちですね)

「もったいない」と言われていました。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »