« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

友人宅へ

今日はピアノから離れて友人が住んでいる綾瀬まで行って来ましたtrain

その友人は小・中・高と一緒で実家も目と鼻の先。
先日結婚をして綾瀬に引っ越しをしたので、高校の時の友人3人と押しかけたのでしたbleah

新婚家庭で、手作りの料理をご馳走になり、お喋りに花を咲かせました。

やっぱり話題は高校生の頃の事!と思いきや、老眼が・・とかそろそろ更年期?とか物忘れが酷くなって来たとか、年齢相応の話題で盛り上がりましたcoldsweats01

時間が過ぎるのはあっという間で、楽しいひと時でしたheart04

4人で会うのはみんな忙しくてなかなか出来ないけれど、年末に会いたいね~と。

レッスン♪(9/25)

気持ちの良いお天気の中レッスンに行って来ましたtrain

遠い先生のお宅。なので、かなり時間を見て家を出ます。
今日は電車に乗った途端、沿線で人身事故があった模様sweat01

仕方ないので、途中で降りて2回乗換え大きな駅へ。
先生のお宅の最寄駅には予定より15分遅く到着!

それでもレッスンの45分前なので、近くでお昼ご飯を食べてからでも間に合いましたhappy01

発表会が終わってから初めてのレッスンですnote
一ヶ月前に受けたオーディションの講評を見て頂き、その後発表会の反省をしてからレッスンに入りました。

レッスン室には2台のピアノがあります。
いつもは右側のピアノを弾くのですが、先生から「この間の発表会でね、生徒達の右腕に力が入っていて肩が上がっているのに気付いたのよ。だから左のピアノで弾いて。右側を見るから。」と仰られたので、普段先生が弾かれている左側のピアノでレッスンでした。

多分、右側のピアノの方がお値段の高いピアノだと思うんです。
鍵盤も象牙だし。
でも、左のピアノの方が私は弾きやすかったな。
音がうちのピアノに近い感じだったからかな。

☆ピアソラ ブエノスアイレスの秋

1ページ、弾いて止められる。
右手のアクセントが付いている音はもっと音の余韻を聴いて。
生真面目に弾かない。
タメ、間を。

だよね~~。
自分でもそう思うのだけれど、そのノリが難しいdown

その後、もっと硬質な音で良いと言われた箇所も多く、考えてしまいました。
ハッキリしたアクセントは分かるけれど、あまり硬質な音で弾きたくない。

これは私が持ってしまったイメージのせいかも。

やっぱり難しい。。

☆ブラームス ソナタ1番

最初から区切って見て頂きました。

発表会の時よりもゆとりを持って弾けている。
流れもあって良いと褒めて頂きました。

それは、やっぱりあの発表会の頃はとにかく暗譜に必死だったし、怖いっていう思いしかなかったから。

今は本番まで時間があり、その狭間だから気分も楽heart04
きっとまた直前になったら、目玉が飛び出そうな形相
(←先生のお言葉)で必死かもsmile

ここのところ、ブラームスは本番まで時間があるという事で、色々な事を取り入れて練習していました。
ゆっくり楽譜を見て、メトロノームに合わせたり、誤魔化してしまう箇所も丁寧に「こんな音にしたいな」って思いながら片手ずつ弾いたり。

そうそう、いつも自分の演奏で思う事。
誤魔化して端折って弾いてしまう。間違えるにしても、綺麗な間違え方でないから自己嫌悪に陥ります。

綺麗な間違え方って変な言い方だけれど、そういうのがある気がします。

話は戻って、レッスン中にある箇所で、先生から腰をずっと押されていましたsweat01
普通に拍を取っていいのに、シンコペーションの取り方をしているから、腰からの動きが逆・・。
更に腰が固いと・・。もっと腰から指先まで繋がっていて音が伝わってと。
あと、「手」の形。和音を弾くと時に潰れてしまう関節。
これも自分で気付いていたのですが、これはなかなか直りません。

久しぶりのレッスンで沢山の事を教わりましたhappy01

次はこの2曲とテレマンを見て頂く予定です。
バッハの平均律がまだ途中なのですが、先生に「今、あまり負担にならない物を。」とお願いしました。

バッハをやりだすと、それだけで毎日の練習が時間切れで終わってしまうのですsweat02
苦手だからcoldsweats01

連弾曲を弾いていたら・・

先日連弾曲を練習していたら、娘に「その曲、あの曲に似ていない?何だっけなぁ。あ、そうそう、ブラームスのハンガリー舞曲!そのパクリsign02

はぁ?

「私、そのハンガリー舞曲を弾いているんだけど・・sweat01

私はセコンドを弾いているので、最初にメロディーが出て来て、その後は殆ど伴奏部分だからね・・。でも、パクリは酷いwobbly

どれだけ娘が曲を知らないのか、それとも私の弾き方が悪かったのか。

ピアソラ

発表会が終わってから練習している曲です。

ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」から「秋」maple

先生からCDをお借りしているので、聴いてはいるのですが、こんな風に弾けるのだろうかsweat01

今の段階で崩して弾いてしまうのは、やっぱり違うと思うから、一応楽譜通りに練習しているけれど、それだと何だかとても味気ないcoldsweats01

どこまで崩すのを許されるのか、分からないなぁ。

とても色っぽく、雰囲気のある曲です。

とにかく、今はリズムやアクセントの付け方を基本通りに練習。

それが出来てから、『間』の取り方を考えよう。

あ、音色もねwink

ツェルニー30番  1番

1番は私の苦手な動きが多く苦労していますsweat01

ツェルニー40番も練習していますが、30番も折角なのでもう暫く弾こうかと。

なんで、こう指がバタバタするかなぁsad

自分の指の動きを意識しながら基本練習をすれば、いつかバタバタせずスムーズに弾ける様になるでしょうか。

ベートーベン ピアノソナタ

ピアノソナタを数曲まとめて聴く機会がありましたnotes

私の好きな「田園」もありましたheart04

やっぱりベートーベンを聴いちゃうと弾きたいなぁhappy01

7番もいいな。と心はしばしブラームスを離れベートーベンへbleah

ツェルニー30番  5番

何だかとても忙しかったです!

息子の文化祭に行って若さのパワーを貰ったり、仕事で遠くまで行き、何故なの~~?っていう事があったり。

今日はツェルニー30番の練習曲から5番を録画してみましたnotes

こういう動きは楽しくて好きですhappy01

ツェルニー40番

クラーマー=ビューローを終えてから(半分)、エチュードらしいエチュードを弾いていませんでした。

今取り組んでいるブラームスは和音は多いのでその勉強にはなりますが、細かい音となると焦りの原因だけに酷いsweat01

ずっと気になっていたら、先生から1ヵ月程前にツェルニー30番の中から前半15曲を通すように言われました。

最初は譜読みからだったので、練習時間の半分を取られる事も。最近では25分位までに短縮でき、指も心なしか動くようになって来た気がしていました。

ですが、発表会で、やっぱり指の動きが良くない事に気付き、先生にその事を相談しました。

そうしたら、ツェルニー40番をしましょうという事になりました。

この40番、子供の時から数えて3回目の挑戦です!

1回目は20番で挫折。2回目は大人になって再開後すぐに始め、36番だか37番で挫折。

今回は最後まで弾きたい。

しかし、ツェルニー嫌いの私。
『ツェルニーリトルピアニスト』という練習曲を、当時の先生が仰るには一番長くやっていた子供だったそうですsweat01

30番に進んだのもとても遅かったです。

あの頃、もっと真面目にエチュードに取り組んでいれば、もう少し指が動いたかな~。

反省

昨夜、先生に次のレッスンの予定をお聞きするため電話をしましたtelephone

その電話で、発表会の事を色々話してくださいました。

「難しい曲を頑張ったわね。」と言われ私は努力賞だそうですcoldsweats01
本当に難しくて、でも難しいって言っちゃうと弾けなくなるから弱音はあまり吐かなかったけど、私にはアップアップの曲でした。

それはさておき、先生から「f は音は出ているけれど、全部同じに聴こえたわよ。」と。

そうっかぁ。

f は割と気持ち良く音が出る分、あまり細かい事を考えていないからな。
次のレッスンではf の弾き方と慌てる部分を中心に教えてくださると仰っていました。

娘が撮ってくれたデジカメの動画。
昨日は怖くて見られませんでしたsweat01
今日は反省と確認の為に見ました。

前半は思っていたよりも気持ち良さそうに弾いているけれど、後半は再現に入った辺りから「まだ半分か・・。早く終わらないかな・・。」って思っている演奏。
弾き急いでます。
だから最後緊張の糸がプチプチ切れちゃったのねdown
急ぐから肩から腕に掛けて固くなってしまって、鍵盤を叩いているし。
もっとたっぷり弾きたかったな~。
次はたっぷり弾く!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これから暫くの練習

☆ツェルニー40番  
30番ではなく40番でとお達し変更。これまた久しぶりの40番。気長にやります。

☆ブラームス  ハンガリー舞曲 1番
楽しみな連弾notes頑張って練習します。

☆ブラームス ソナタ1番
引き続き練習。安定した演奏にしたい!

☆ピアソラ
曲名はまた今度。難しいです。こんなリズム、雰囲気、私弾けるんでしょうか。



ベートーベンの田園はおあずけです。来年には弾きたいなhappy01

発表会♪

昨日は発表会でした。

やっぱりというか、案の定というか、雨に降られましたrain
それも家を出た瞬間にかなりの雨と風typhoon
バス停に着いたら止むって、どれだけ雨女sign02

今回のテーマ
・自分に負けない気持ち
・自信を持って弾く
・反省点を見付けられた事に感謝
・どの部分も「こう弾きたい、こういう音をだしたい」という意思を持って。

どのくらい実行できたかなhappy01

家で少し練習してから会場入り。
リハーサルで先生が少し見てくださるって仰っていたのに、いらっしゃらない・・sweat02
本当は先生の前で暗譜で通して弾けたら、本番も暗譜で、弾けなかったら楽譜を立てるって決めていました。

いらっしゃらないので、娘とその場にいらっしゃった出演者の方の前で通して弾いてみたけれど・・・down

通せたけれど、とっても怖い。娘からは最後のダメだしもされたし。

ワンピースに着替え終えて会場に戻ったら、先生がいらっしゃったので、「不安なので楽譜を持ってピアノの所に持って行きたい。」と言いました。

出来れば持って行かない方が良さそうなお顔をされていましたが、暗譜で弾く事を伝え、もし先週の様にどうしても分からなくなったら楽譜を見るという事で了承してくださいました。

しかし、あの待っている時間て緊張する~~!!
前の人がバラ3を弾いていて、曲を知っているから、どうしても聴き入っちゃうし。
でもね、前の方が戻って来られた時に、とても良い笑顔をされていて、こちらまで幸せになれたので、それは良かったかな。次頑張ってねっていう感じhappy01

さて私。

お辞儀をしたら娘がニコッって笑って、口元で「頑張って!」と言っているのが分かりました。

それにしても、反省点がいっぱい!
あれもこれも出来ていないって分かっているから、それはこれからの課題かな。
先生に「やっぱりエチュードをやった方が良いと思うんです!!ツェルニー30番は毎日弾いていますが、ちゃんとやろうと思いました!!」とお話したら「うちの生徒みんな指が回ってなかったわ。」ですってcoldsweats01

それでも、好きなフレーズは歌えたと思う。
どうしてもこの部分だけは綺麗に弾きたかったshine
お客様に伝わる様に、そして自分の為にも。

最後のページに差し掛かった時、『あと1ページ』という雑念がshock
集中力の欠如です。
何回か弾き直し。その後は転がる様に終わってしまって、せっかく焦らないように気を付けていたのに、残念sweat02

でも、先週の様な悲壮感はありません。
聴きにいらしてくださったお友達から、とても温かい言葉を掛けて頂いて、胸が熱くなりました。
拙い演奏でしたが、これが今の私です。
この場を借りて再度お礼を。
メールで励ましてくださったお友達にも感謝ですhappy01
ありがとうございました。

そして先生から、今までで一番良かったと言って頂きました。
弾けていないけれど、それでも自分を見失しなわなかった事、こう弾きたいという気持ちが少し表現できた事を褒めてくださいましたshine

それにしても、2週続けても本番は精神的にとてもキツかったです。
この一週間で体重が2㎏減りました。
夏バテもあると思いますが、あまり食べられなかったのです。
このままダイエットできればいいけどsmile

さて、これでブラームスはおしまいsign03のはずが、もう1回弾きます。
先週のオーディションの予選で散々だった私。
ですが、本部から先生の所へ連絡が入り、『受けた級(中級)より難しい曲だった事。暗譜が飛ばなければ、もっと弾けたのでは?(誰だってそれはそうだと思うけど)』という事で、再度本選でチャレンジしてくださいだそうです。

ひぇ~~shockもう1回弾く気持ちがどれだけ持続するか。
更に本選は課題曲も弾きます。
またこれが意味不明の曲。

でもせっかく頂いたチャンス。
今度はもっと誤魔化しの無い打鍵やレガートの指の使い方を細かく練習して臨もう!!

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »