« プロコフィエフ 鬼ごっこ | トップページ | 仕事ではなくて。 »

ピアノ漬け!?

タイトルの『ピアノの漬け!?』って私がずっと弾いている訳ではないでんですよbleah

ここ数日、仕事で(あまり詳しく書けませんが)あるコンクールの会場に居て、若いエネルギッシュな演奏を聴かせて頂きました。←仕事もちゃんとしていましたよ♪

そして昨日はご近所のminaさんと毎回行っている好きなピアニストのレクチャー&ミニコンサートに行って来ました。(これも詳しく書くとピアニスト名の検索結果でこのブログが出ちゃう事が判明sweat02なので伏せます。)

昨日のレクチャーで心の残った事。「音を聴く事」。どんな音を出したいかをイメージして音を奏でて、最後まで聴ききって次の音につなげる。

ふと自分が先生のレッスンを受けている時の事を思い出しました。

私は焦って速くなることが多いのですが、いつも先生に「この音が短いからどんどん速くなってしまうのよ。音と音の間も感じて。」という様な事をよく言われます。

音を聴ききっていないから速くなる。「音を出したらそのまま」ともよく言われるので、この「聴く」作業が疎かなんだなと思いました。

今日は仕事に行く時間まで、この「聴く」事を中心に練習してみようと思いますnote

« プロコフィエフ 鬼ごっこ | トップページ | 仕事ではなくて。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私もどんどん速くなるよ。
ayayanさんでもそういう事あるの?
とても意外、いつもテンポよく丁寧に弾かれているから。
私、曲が長いとどんどん速さに加速がかかり、最後のほうが収拾つかなくなっちゃう!
ためになるお話が沢山聴けて良かったねー!

下の記事のつづき。
あんなに音符の数の多いパッセージを、綺麗にノンレガットで弾けていて凄いなって思いました。
以前先生から「こういうのを弾くにはモーツァルトの練習をしたら良い」と言われた事があるよ。
ayayanさんは基礎がきちんと出来ているから弾けちゃうんだね。
指の動き、見ていたら気持ち良いわ♪

ayayanはレクチャーコンサートよく行かれてますよね。
私も好きです、レクチャーコンサート。
プロの方がどんなことを考えて弾かれているのかなど、いろいろ興味深いお話が聞けるので勉強になります。
「音を聴く」は耳が痛い・・・。
先生によく注意されるだけでは足りなくて、楽譜に「聴く」「聴く」「聴く」と何箇所も書かれてしまってます。
最後まで聴ききってから次の音へ・・・ですね。φ(・ω・ )メモメモ
今日はとてもいいお話を読ませて頂きました。
ありがとうございました~♪

オリーブさんへ♪

オリーブさんは軽やかな曲はテンポ良く、歌う曲はしっとり歌いあげていますよね。
私は本当に速くなるの。。
何年も言われ続けていますsweat02
いつも最後に崩壊しちゃうんだよhappy02

いや~。私は基礎がないですよ。
だから苦労しています。
指がね、回らないの。先生にこの曲も手首を振らない!!って注意されてますcoldsweats01

モーツァルトはいい練習になるよね。
私は苦手なの。あの動きが。聴くのは好きなんだけどねnote

Ekkoさんへ♪

レクチャーコンサートは本当に勉強になりますよね。
文章にできなかったけど心に感じた事もいっぱいありました。

「音を聴く」って弾いた音だけを聴く事だと思っていたのですが、弾く前から「こういう音を奏でるよ。」って気持ちも「聴く」事に入るみたいです。

>楽譜に「聴く」

私も書いていますよ!更に「焦らない!」「慌てない!」のオンパレードsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プロコフィエフ 鬼ごっこ | トップページ | 仕事ではなくて。 »