« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

テレーゼ♪

途中まで録画しました。まだまだ譜読み段階から脱していませんsweat01

この後譜めくりをする予定ですが、まだ華麗にめくれませんsmileだったら暗譜しようねぇ~。

って思うのですが、多分暗譜はしないかな。苦手だもん。

一昨日実家に顔を出したら、母からゆでた栗を沢山貰いました。

栗、好きだけど、こんなに食べられないよcoldsweats01

で、昨日その栗の皮を剥き、砂糖とラム酒を加えて煮ました。

さて、これをどうしよう。。。

結局、今日主人が誕生日なので、栗ケーキを焼いてみました。

ん?リサイクルケーキ、愛情がこもってないなsmile

リサイタルに行って来ました♪

昨日は仕事の後急いで、上野にある文化会館へnote

住友郁治さんのピアノリサイタルです。

ハイドン:ソナタ第50番

ベートーヴェン:ソナタ第17番

ー休憩ー

ブラームス:6つのピアノ小品集Op.118

リスト:巡礼の年報第1年「スイス」より第6曲<オーベルマンの谷>

リスト:メフィストワルツ第1番 村の居酒屋での踊り

ーアンコールー

シューマン:トロイメライ

舞台に現れた住友さんはとても大きく見えてクマさんのよう。

ハイドンのソナタを軽やかに弾かれ、その温かい音に引き込まれてしまいました。

ブラームスでは細部に渡ってとても丁寧で、深い音が男性だからか、体が大きいからかとても味わいのある物でした。最後の音が終わる時も緊張感が続き、じっと舞台を見詰めたまま動けなくなりました。

住友さんが得意とされているのがリストのようで、最後の居酒屋での踊りは乗りに乗って弾かれていました。最後の打鍵は椅子から飛び降りられていました。

アンコールの前にお話をされていらっしゃいましたが、とても気さくな感じでした。

最近、夜に出掛ける事が多かったので、昨日はパスしようかと思っていたのですが、行って良かったです。

文化会館って好きなんです。あそこの会場はとても落ち着けます。好きな会場で素敵なピアノ。あ~幸せshine

レッスン♪

巷はシルバーウィーク。私は半分は仕事だったし、子供達も文化祭だったり、試験前だったりしたので、どこにも家族では出掛けませんでした。っていうか、もう我が家にはそういう小さい子は居ないのね・・改めて思うと淋しいですweep

今日は約1ヶ月ぶりのレッスンでしたhappy01

持って行ったのはプロコとベートーベンです。

☆プロコフィエフ  鬼ごっこ

軽やかに弾き始めたつもり・・。直ぐに先生に止められ、打鍵が浅すぎるので浮いた音になってしまている。

テンポを落とし、打鍵の練習からsweat02この曲当分終わらないみたい。

前回、先生にノンレガートでと言われたので、そう練習して来たつもりが、スタッカートになってしまっていました。

☆プロコフィエフ  月は草原の上にのぼる

散歩をしているような感じでね♪と先生のお声。

綺麗な曲で、こちらは鬼ごっことは対照的にテヌート奏法でとの事。

弾く時に音は繋がっているけれど、直ぐ浮いてしまうのでレガートになっていないと・・。こちらの曲も次回まで持ち越し。

☆ベートーベン ソナタ 24番

練習の時に4分音符=80まで上げて弾いていました。良かったぁ。やっておいて!いつもどんな曲も自分が練習してきたテンポより速く弾くよう促される事が多いのです。

今日はテンポはOKhappy01

全体的に曲の感じは掴めているとの事。あとは左手の16分音符の嵐!!ここの音が浮かない様に綺麗に弾けるよう練習して来るように、だそうです。その弾き方も習って来ました。

そして、先生から「この曲は続けて次の楽章に行きたいわよね~happy01頑張って次回までに練習して来て~~note

wobbly

この曲は今年中に終わるのだろうか・・・。

終わってから先生と発表会の時のお話。

「ショパン、とても悔しかったんです。私、あまり悔しいとかいつも思わないんですけど。。8ヶ月弾いていて、あの演奏は凄く悔しいです。もっと気持ち良く弾きたかったです。あがっていたけど、舞い上がってはいなかったのに・・。」と訴え、「なので、どこかでもう1回弾いて最後にしたいんです。ステップとか。」

先生のお顔が明るくなり「いいわよ~noteそうしましょう。ステップで弾くならいつにする?」と話はこの後続き、狙っていた場所は早々に締め切られてしまったので、年末年始辺りに弾く事になりそうです。

それまで大事に育てますheart04

普段、私はあまり、こうしたい!とかこうさせてください!とか言わないんです。そういう感情が無いわけではないのですが、どうしてもこうしたいって思わないのかも。

でも今回はやっぱりバラ3を再度弾く事を諦められませんでした。これは感情の進歩なのかな。

次回はショパンのエチュード「別れの曲」も見て頂くつもりですshine

食べ物の恨みは怖い。

別にここに書かなくてもいいのだけれど、日々思っていて、今朝改めて「またか!」と思った事。

うちの主人、よく食べる。何でも食べちゃう。

先日私の大好きなホタテのお刺身を私に隠れて全部食べちゃったpout

まだ私のだから許すよ。

昨夜は遅くに冷凍庫にあったアイスクリーム(大きなカップに入っている物)を殆ど食べちゃったpunch

今朝気付いた私。昨夜一部始終を見ていた娘からも報告アリbleah

娘は主人に「全部食べないでよ!!!」と言ったらしいですが・・。

なので、我が家では絶対に食べられては困るものには名前を書きますsweat01

連休

夏休みが終わりホッとした頃にシルバーウィークhappy01嬉しいなheart04

娘の高校はこの土日に文化祭があります。(でも高3は出し物がないんですよ。)その後1日は慰労祭があり、これで前期が終了!成績表も持って帰ってくる予定。そして秋休みmapleでも受験生なので勉強をするはず・・。

文化祭に行くつもりだったのですが、明日土曜日は息子の中学での公開授業。部活の保護者会もあるのでこちらに行きます。

私はこの連休の内2日間は仕事♪どこかの会場にいます。そして他の日にはレッスンに久しぶりに行きますhappy01 バラ3をもう一度どこかで弾きたい事を先生にお伝えするつもりです。あとはテレーゼを見て頂こうと思っています。

続・譜読み

『テレーゼ』の譜読みがやっと出来たかな~?って感じです。

四分音符=60のメトロノームに合わせていたのを70に上げてみました。何とかついて行けそうcoldsweats01

このメトロノームも初めは合わせていなかったのですが、やっぱり私の事、どんどん速くなってしまって、最後の左手の16分音符で転げ落ちてしまって大崩壊shock

地道な作業がまだ暫く続きます。

そして、『別れの曲』。指使いが決まらないと先に進めない感じです。夜に練習しようと思いましたが、やる気が起きないので明日にします。

どちらも『恋』がテーマの様な曲shine恋にときめく時代はとっくに過ぎてしまったので、どうも気持ちが『恋』している心にならない。。

好きな芸能人でも思い浮かべる!?

三浦春馬君かな、溝端淳平君かなheart04

この曲何だっけな?

昨夜息子が口ずさむ。

この曲何だっけ?「ラド~レミファミ レ~シソ~ラシ♪」

2人で歌っていると「モルダウの流れ」や「コンドルは飛んで行く」になってしまうcoldsweats01何度歌っても行き着く所はこの2曲sweat01

今朝、急に閃いたflair

「グリーン スリーブス」でした。あ~良かった。気持ち悪かったんだよね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

プロコフィエフの「月は草原の上に上る」です。

綺麗な曲のはず。

私が弾くと単調だな。でもいいの。難しいけど、譜読みの合間に弾くには気分転換になるしねnote

譜読み

ベートーベンのテレーゼの1楽章の譜読みの見通しがついて来たので、そろそろショパンのエチュード別れの曲の譜読みをしようかと思っていますhappy01

以前使用していたのが全音の楽譜。今使用しているのが音友。この音友の楽譜の見辛い事sad楽器店で他の楽譜も見てみたけど、大体書き方は同じ。

音友は別れの曲の内声は2段譜の下に書かれてあります。全音は上。この内声は右手で取るから上に書かれてある方が見易いと思うのは私だけ?

だったら全音で練習して持って行けば、と思うのですが、前の先生のご指導内容が書いてあるし、音友のは1年前に買ったばかりなので使いたい。慣れるしかないかsweat02

仕事ではなくて。

今日は仕事仲間と仕事抜きでコンクールを聴きに行って来ましたnote

1人の演奏が40分近くあり、2人分を聴いてランチに出掛け、戻ってまた2人分聴きました。

10人位出場者がいたのですが、全部は聴く時間がないので、結局4人分を聴いて帰りました。

運の良い事にその4人中3人がこの後の本選に進みます。良いとこだけ聴いてきた感じですscissors

こんな事考えるなんてピアノを習っているのにと思われるかもしれませんが、何であんなに長い曲を暗譜出来るんだろう。何であんなに沢山の曲を弾けるんだろう。いつ練習しているんだろう。等々考えちゃいました。

ピアノ漬け!?

タイトルの『ピアノの漬け!?』って私がずっと弾いている訳ではないでんですよbleah

ここ数日、仕事で(あまり詳しく書けませんが)あるコンクールの会場に居て、若いエネルギッシュな演奏を聴かせて頂きました。←仕事もちゃんとしていましたよ♪

そして昨日はご近所のminaさんと毎回行っている好きなピアニストのレクチャー&ミニコンサートに行って来ました。(これも詳しく書くとピアニスト名の検索結果でこのブログが出ちゃう事が判明sweat02なので伏せます。)

昨日のレクチャーで心の残った事。「音を聴く事」。どんな音を出したいかをイメージして音を奏でて、最後まで聴ききって次の音につなげる。

ふと自分が先生のレッスンを受けている時の事を思い出しました。

私は焦って速くなることが多いのですが、いつも先生に「この音が短いからどんどん速くなってしまうのよ。音と音の間も感じて。」という様な事をよく言われます。

音を聴ききっていないから速くなる。「音を出したらそのまま」ともよく言われるので、この「聴く」作業が疎かなんだなと思いました。

今日は仕事に行く時間まで、この「聴く」事を中心に練習してみようと思いますnote

プロコフィエフ 鬼ごっこ

この音の繋がりが難しい。指が絡まっちゃいますsweat01相変わらず曲想も何も考えていない演奏ですcoldsweats01

プロコフィエフ 鬼ごっこ

次の曲

先月終わりのレッスンで、先生と決めた次の曲はベートーベンのソナタ24番『テレーゼ』ショパンのエチュード『別れの曲』です。

でも、もう一度バラード3番を舞台で弾きたいので、先生と相談してどの時期に弾くか決めようと思います。なので暫く練習は続きます。

ベートーベンのソナタ24番『テレーゼ』、昨日から譜読みに入りました。2楽章形式で、一つの楽章が5ページ程の短い曲ですnote娘がCDを聴いての感想は「いい曲だね。でもママに似合わない。」punch 私だってこういう曲好きなんだけどな。美しい冒頭のテーマshine

このベートーベンの譜読みがある程度進んだら、ショパンのエチュードOp.10-3 『別れの曲』を練習しようと思っています。昨日ちょっと見たら、全然指が覚えていない!一から丁寧に見なきゃ。

好きな曲ばかりhappy01  

人間の習性?

発表会ネタで申し訳ないのですが、ちょっと気になった事を。

当日、私は1部のちびちゃん達の演奏の時に会場内の扉横で、扉の開け閉め係りをしていました。

まるで、仕事のようsmile

私の居た扉は会場を正面にした左脇。

この会場、変な形をしていて、6角形だか8角形なんです。なので扉も沢山。正面は写真やビデオを撮るので締切りにしていましたが、他に4箇所?入れる扉があったかな。

で、後からいらっしゃるお客様は10人中9人がこの私が居る扉から入って来る。他にも扉があるのに・・。

人間の習性って左の方へ向かうらしいんです。

私も会場に着いた時に2つある外扉の左から入り、中扉の左を開け、どんどん左に進んで行きました。

面白いですね。

トラック競技も左に曲がるように走るのが人間には合っているという話も聞いた事があります。

今回の会場は外回りが一周出来るので、迷子になるし、自分がどの扉から出て来たか分からなくなるし、裏では皆が右往左往していましたhappy02

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »