« そういうことか! | トップページ | 音を聴く♪ »

藤原由紀乃さんの講座

今日はminaさんと国立楽器まで藤原由紀乃さんの講座を聞きに行ってきましたnote

毎回とても勉強になっています。

今回の公開レッスンで中学生の女の子がドビュッシーの「アラベスクⅠ」を弾いていました。左手の動きについて「広げようと思うと力が入って音が固くなる。」と言われていました。「音をよく聴く事」が大事だそう。

今練習しているショパンのエチュードのOp.10-9もかなり左手は開いて弾きます。私は手が大きいのですが、それでも普通に置いたままでは弾けません。手首の柔軟さが必要だと思っています。特に横の動きなのでしょうか。

「音を聴く」事も毎回先生にも言われているけれど、藤原由紀乃さんのお話の「音を聴く」はまた少しニュアンスが違っていた気がします。

まとめて書きたいところですが、とても眠くて思考回路が閉ざされてしまいましたshockまた気分が乗った時にでも書きます。おやすみなさい。

« そういうことか! | トップページ | 音を聴く♪ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちはheart01

私も昨日、姉の子の発表会で「ドビュッシー」のアラベスク聴いてきたところです。。。(*^^*

ちょうど 手首の動きについても考えさせられたところだったので、ayayanさんの記事を読んで、「なるほど♪”」と考えさせられました。。。(*^^* 上手な子ばかりの演奏だったのに、何か音のきれいな子が少なくて。。。(好みにもよるのでしょうけど。。。)

>とても眠くて思考回路が閉ざされてしまいましたまた気分が乗った時にでも書きます

次の記事、楽しみにしています♪””(*^^*

ayayan、いつも、研究熱心ですごいなぁ。
とても、為になりそうな講座ですね~。

>「広げようと思うと力が入って音が固くなる。」

ほんとにそうですよね。
私の場合、広げて届くかせようと思わず、
跳躍だと思うと、同じことをやっていても、
リラックスして弾けます。

不思議ですね~。ピアノって、そういう些細な、感覚の違いで、急に、難しくなったり、簡単になったりしますよね~。


poncoさんへ♪

>私も昨日、姉の子の発表会で「ドビュッシー」のアラベスク聴いてきたところです。。。(*^^*


偶然ですね!!アラベスク、とても綺麗な曲ですよね。娘が小学生の時に弾いたのですが、やはり左手の手首の事を注意されていた気がします。

上手な子=指の回る子と思いがちですが、やはり音色が一番だと思っています♪
小さな子でも音色が良いと、思わず聴き入ってしまいますよね。

きっとponcoさんが感じられる事ってとても音楽的だと思うので、お嬢さんもそんなお母さんが側にいて聴いて貰えるなんて幸せだなって思いますnotehappy01

Rooさんへ♪

お返事遅くなってごめんねぇm(__)m
書いたのに、確認画面から送信するのを忘れていたみたいです。。ホント、すみませ~~ん。おっちょこちょいでしょsweat02

由紀乃さんの講座、毎回とても為になっています。
来年もこの講座があるそうで、今から楽しみにしているんですよ。

>私の場合、広げて届くかせようと思わず、
跳躍だと思うと、同じことをやっていても、
リラックスして弾けます。

そうか!飛躍ね。そうすれば、余分な所に力が入らないですよね。今、ショパンのエチュードで苦労している箇所があるので、その時に「飛躍・飛躍!」って思いますねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177341/23745872

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原由紀乃さんの講座:

« そういうことか! | トップページ | 音を聴く♪ »