« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

パソコン

まったく、もうpout

昨日の朝はパソコンも起動し、順調でした。

日中、NTTの移設工事が近くであり、昨夜立ち上げたものの、アクセス不能sign03

で、今朝、NTTの受け付け時間開始ピッタリに電話しました。

一時間近く、担当者と話しながらパソコンを操作。

ふぅ~sweat02やっと開通。

原因は不明と言ってたけど、絶対移設工事が関係していると私は思ってる。

でも、良かった!NTTの担当の方と「良かったですね~happy01」と電話口で喜びを分かち合いました。??

朝から一仕事した感じですcatface

連弾レッスン♪

昨日、娘のレッスンの後に連弾のレッスンがありました。

この日でラストのはずが・・sweat01

やっぱり、無理~smile もう1回レッスンが追加になりました。

今回は私のペダルを細かくチェック!一フレーズ毎に踏む位置と離す箇所を確認。

私自身、この曲に関しては割と浅めにペダルを踏んでいました。濁るのが嫌で踏まない箇所も多かったのですが、先生からの音が乾いて聴こえてしまうので、ペダルを踏んだ方が良いとのご指導で、急遽入れるも・・すぐに反応出来ない私。

一つ言われると一つ忘れるbearing

あ~・・・。今回は先生、熱が入っている気がします。昨年はこんなにレッスン無かったような。

あまりにも不出来で、どうにかしなきゃ!って思われているのでしょうか。

これから数日は連弾を主に練習だわ。

連弾レッスン♪

蒸し暑い~sweat01何が嫌って、我が家から駅までの道のりを歩くのが嫌い。暑さ倍増!坂を登ったり下りたり。

昨日は私は仕事の後、娘は部活の後に都心の駅で待ち合わせをしてレッスンに行って来ましたnote

私の方が早くに駅に着いたので、ホームで娘を待っていました。直通trainは一時間に2本位。乗り遅れると何回か乗り換えをしないといけないので、絶対に目の前に来たtrainに乗りたい!

携帯で娘と連絡をしていると「ぜぇぜぇrun今ホームに向って走ってるsign03乗れると思うsign03」と言い残しプツッつ切れました~。

結局お互いに違う車両に乗れましたhappy01しかし、その後停車駅毎に車両を移動し娘を探していたのですが、娘も一緒に移動していたため、到着駅まで会えず・・。だったら最初から動かず、座って行けば良かった。。

で、レッスン。

ん~。。自分たちとしては予選の曲よりも弾き易いし、お互いの音も大分聴けるようになったし、中間部も気持ち良く弾けたし・・。だったのですが、先生からは「クネクネ弾かないように。もっとスパッと明るくsunスペイン舞曲だから。」とのお言葉。

どうも我が家にあるCDの演奏がクネクネ調でずっとそれを聴いていた私達の中にはそのイメージが出来上がってしまっているみたいsweat02先生のお持ちのイメージとは程遠い演奏。

このスパッという音を出すのが苦手な私。叩きつけるのでは無いけれど、鍵盤に指を置いたままの状態から瞬間に音を入れて脱力して弾く方法。苦手だ~。

中間部も思っていた感じとちょっと違うみたいで。ここでまた「間」が出て来ました。この「間」の練習をしてくるようにとのお達しです。

さて、本番まで一応あと1回のレッスンがあります。次回のレッスンでOKが出なければ、もう1回追加レッスンがあります。本番直前まで娘は4日間の合宿に行ってしまうし。二人で合わせられるのは何日かなぁ。

気付いた事

今朝、連弾の練習を一人でしていた時に気付いた事があります。

「たまにはプリモでも弾いてみるか」と、娘のパートを弾きました。ペダルも入れて。

そう、ペダルなんです!私の下手なペダルのせいで、プリモの響きを台無しにしていたみたいsweat01

セコンドだけだとペダルを入れなくてもOKの箇所。でもプリモにはペダルが必要。何で気付かなかったんだろう。

ずっと娘の音を聴いていて『もっと響かせて欲しいな。』とか『音量がもう少し欲しいな。』って思っていたのでした。

でもでも、私のせいだったんです。相手のパートを弾く事も大切だわ・・。

間(ま)

先日、仕事でバレエを少しだけ見ました。バレエって友人の子の発表会を見た事はあるけど、プロは初めて。オケが奥底にいて、その後ろの舞台での踊り。

常々、踊れる人って「間」の取り方が上手だなって思っています。今回、音楽と合わせて表現する姿を見て、なるほど~♪と唸ってしまいました。

何故「間」の話かというと、先日のレッスンで先生から「ゆっくり弾いて来て。小節間が詰まってしまっている。」と言われたから。

焦る気持ち、転ぶ指。どうにかなんないかなぁ。

連弾も同じ。焦る私の音が前のめりになっている気がする。だから、呼吸の後の入りが合わないんだよねsad

レッスン♪

先日、久しぶりにソロのレッスンに行って来ました。

一ヶ月ぶり?かな。

☆プレディー

抜粋して弾きました。何を目的にしている練習なのかを考えながら弾く事。特に左手の5の指は私を苦しめています。5の指が立たない。関節が出ない。という厄介なものです。それでも先生から「随分良くなったわよ。なかなか大人だと直らないんだけど、ayayanさんは関節が柔らかいから、まだ直る可能性があるわよ。」と言って頂きました。慰めか・・。

☆クラーマー=ビューロー 30番

初めて見て頂きました。一回目、OK。「では、テンポ アップup」  ゲッ!倍の速さで。弾ける訳ない。半分くらい弾いて先生も諦めたのかストップ。だよねぇ。弾けてないもん。

左手の細かい練習の仕方を教えて頂きました。次回までに弾けるようになっているといいなnote

☆メンデルスゾーン スコットランド・ソナタ

気持ち良くアルペジオを弾いた~notes 

が、しかし・・。先生に直ぐに止められました。弱拍から始まる曲なので、もっと湧き上がる様に。更に歌え~~sign03

その後は無難に弾いたのですが、良いのか悪いのか??分かりません。とにかくアルペジオが下手。音が歯抜けになってしまったり、うるさかったり。ゆっくり練習して打鍵を確認します。

で、一楽章で終わりにしようと思っていたら、「次!」と。あまり二楽章は練習していなかったから弾きたくなかったんだけどsweat01

「いいわよ~。ゆっくりで。」と先生。案の定山積みの課題が。今日、少し整理しよっと。

☆モーツァルト KV.284 一楽章

何回弾いても今一つ。最初の和音で止められ。次の音でも止められ。自分でもどう弾いて良いのか分かっていない。全体的には曲を掴んではいるけど、小節と小節の間が狭い箇所があるので焦って聴こえる。ゆっくりの練習をして来ましょう!だそうです。

モーツァルトとメンデルスゾーンを同時進行するのには時間的に無理があって、自分を追いつめてしまっている部分があるなぁと思っていました。先生もそれを察してくださって、取り合えず、先にモーツァルトを仕上げる事にしました。合間をみてメンデルスゾーンを練習して行きます。

これで少し気分が楽になる~happy01メンデルスゾーンは好きな曲なので、ゆっくり時間を掛けて練習しようheart04

さて・・

娘は前期の期末試験前なので、ピアノは弾いていません。なので、連弾も合わせられず。

一人での練習は味気ないです。勿論一人の練習は必要なんだけど、タイミングやバランスは相方がいないと思うように出来ないし・・。

たま~にCDと合わせるけど、これもまたすぐ隣に弾いている人が居るわけではないので、合わせ辛いし、娘とは違うからやってて意味があるのかなぁと考えたりして。全体の流れを掴むのには良いのかな。

前回のレッスンの時に先生から中間部が速過ぎ!と言われました。楽譜には速度記号が無いけれど、注釈にVIVOとあります。中間部ではガラッとイメージを変えてちょっと速めで弾きたいんだけどな。

これから本番までにレッスンは1回しかありません。でも多分、1回では足りず、また夜に行かなくてはならなくなるとは思いますが・・。

藤原由紀乃さんのリサイタル♪

コンペの後、結果を聞くのは娘に任せ、私は藤原由紀乃さんのリサイタルに行って来ました。minaさんとご一緒しました♪

今回のプログラムはいい~~heart04

ショパン

・エチュード Op.10 Op.25

・プレリュード 全曲

ショパンのエチュードをガムシャラに弾くというのでは無く、深みのある音と包み込むような優しい音色で癒されました。

どれも素敵だったけど、よくアンコールでも弾かれる「大洋」は最後を締めくくるのに相応しい聴き応えのあるものでした。

プレリュードはRooさんも弾かれていてとても興味がありました。いいよぉ~note私も弾いてみたい!カッコいい!

音楽漬けの一日でした。素敵な演奏で癒されて、コンペの疲れも吹き飛びましたhappy01

連弾コンクール♪

昨日は暑かったぁsun

連弾のコンクールに参加して来ました。予選通過しましたscissors応援ありがとうございましたhappy01

でもね、なんか、こうシックリ来ない。だって、中級受けたの私達だけ。上級も一組。昨年はどちらも多かったのに。ま、ラッキーと言えばラッキーなんだけど。。

なので、余程酷い演奏をしない限りは落ちないらしい。娘も張り合いがないなと言ってました。

演奏は良くも悪くもない感じでした。私の左手が妙に震えていて、自分でもびっくりcoldsweats01最近は震えなくなって来てたんだけど・・。何故?  終わってから娘に大笑いされてしまいました。余裕のあるヤツだgawkふんっ!

講評の一部分から

・バランスが少し合っていません。

・中間部の歌うところはとても美しい  (でもこの審査員の先生の点が一番厳しかったsweat02

・呼吸だけでなく音質も合わせて。

・一人ずつの音がよく出るので音のバランスをコントロールしてください。

・ペダルの量が少し多く感じました。

・バランスは良い、フレーズの入り方ずれてはダメヨ。 (このお茶目なダメヨが気に入ってしまいました。)

・立体的な流れが聴こえる。

・フレーズをもっと合わせて。

・二人の音楽が一致していました。フレーズもよく歌えていました。

・音量の配分を考えて。

今回の曲は最後まできっちり合うって所まで行っていませんでした。ゆったりした曲をどう歌うか、また二人の拍の長さの取り方の微妙な違い、音色も合っておらず苦労しました。

弾き終わった後もどこをどう弾いてしまったとか後悔が多かったです。その中でも最後の和音がきちんと決まったのは追い込みの練習の成果だと思いたいです。

次は本選。モシュコフスキーのスペイン舞曲4番を弾きます。こちらの曲はまだ粗削りだけど、「好き」と思える曲なので、精一杯頑張りますnote

連弾 追い込み

昨夜娘と合わせました。

ダメだぁsweat01娘から暗譜しろと言われ、全部は無理だけど、手元を見た方が合わせ易い箇所だけ暗譜。

それでも合わない。ゆっくりの曲なので、拍の長さを少しでも違って感じると合わない。微妙にずれるshock

そして、色付けをして来て、だんだんテンポが崩れている。今日は基本に戻ってメトロノームで合わせようと言う事になりました。その基本を元に曲を再度作り上げて行くぞ~happy01オ~note

名前

先日レッスンに行く電車の中で聞いた会話。

「ミウって名の子がいるんだけど、今時の名前なのに全然そんな風に見えなくって○○(私の名前と一緒)って感じで古臭いイメージなんだよね。」

一緒にいた娘と無言で目が合って苦笑。

その後、その子達(多分大学生)の会話は続き、

「☆☆(娘の名前と同じ)って名の子って可愛い子が多いよね!」

「えっ~!!私の知っている☆☆って子は皆可愛くないよ。全然だよsign03」←スゴイ熱弁

またまた娘と目が合う。笑いが堪え切れないhappy02

私達親子の名前が短時間に会話に出て来た事にびっくりすると共に、どちらも悪く言われているpunch

電車を降りてから娘が「凄い確率だったね!それにしても名前の悪口を公共の場で言っちゃダメだよね。私と同じ名前って多いと思うんだよね。絶対にあの電車の中に他にも居たと思う!!」

私の名は古臭い~♪娘の名は可愛くない子~~♪

連弾レッスン♪

疲れた~。遠いよぉ。

私達が着いた時に小学一年生の男の子のレッスンをされたいました。可愛いなぁheart04コンペの本番が近い様で、私たちの前で演奏をする事に。大テレしちゃって「恥ずかしい~」を連発。でもシッカリ2曲弾いてくれました。男の子のピアノっていいな。うちの息子にもやらせれば良かった・・。

で、私達のレッスン。通して一回弾く。また言われてしまった。「木を見て森を見ず」。

小節ごと見ている私達。もっと遠くを見て曲をとらえる事。分かっているけど出来ないsweat01でも弾けないって事は分かってないのと同じ。もっとメリハリが欲しいな。

全体的にはまとまって来ている。それはモシュコフスキーを弾くと明らかで、こちらはまだ粗削り。やっぱり詰めて弾いている中田喜直さんの曲の方が出来上がりはまだマシ。録画したんだけど、著作権が切れていない作曲者なのでUP出来ない・・。先生以外に聴いて頂いていないので、感想が欲しかったところなのですが。

後は本番を迎えるだけ。年々コンペのレベルが上がって来ているそう。ただ、私達が受ける級は参加数が少ないので、希望は持てるかも。ん~~。。どうかな。先生に「モシュコフスキーを弾く気満々なのですが、予選を通過できなかったら、どこかで弾かせてください。」とお願いして来ました。

~~~♪~~♪~~~

娘が受けるソロコンクールの課題曲の楽譜を探すのに一苦労。マイナーな曲(書いてしまうとどこのコンクールか分かるので伏せます)なので、楽器店になかなか売っていない。アマゾンでは見付けたんだけどね。でも実物見たいし。昨日レッスンの前に新宿に寄り見付けました。CD付きだって。どんな曲だろう。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »