« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

モーツァルト協奏曲20番

先生に「メトロノームを使って!!」と言われ、あまり好きでは無いメトロノームに合わせています。

嫌々始めたけど、これが中々良いです◎

満足感があります。何でだろう?丁寧に練習できている感じ。

16分音符が出て来ると慌てて速くなっていたのが、きっちりテンポに収まって、弾くのも楽です。

勿論、息をしたり、大きく取っていく箇所はメトロノームには合わないのですが、取りあえずはテンポ通り。これから少し揺らして良い箇所は考えようと思っています。

一番苦手なプレストでのユニゾン。スタッカートでの練習をしてから、指使いも定まり何とか弾けるようになりました。でもまだ左手が滑っているかな。ここは練習あるのみ。頑張るゾw(^^)w

譜読み!

昨日宣言した通り、バラードの3番の譜読みに入りました。

この曲を美しく弾きたいので、出だしの音からいつもより音の出し方を気を付けています。

これであっているのか分からないけど、自分が好きと思える音が出るまで2小節を繰り返しています。

でも大変な所はやっぱり必死で音を聴く余裕がな~い。

慌てず、ゆっくり譜読みしていきます。

~~☆☆~~

今日は家から一歩も出なかったので、簡単アップルパイを作ってみました。

林檎を甘く煮たのをパイシートをかぶせて焼くだけ。美味しいんだよね。いつも作ると息子の友達が必ず居るのだけれど、今日は家族だけで食べられそう^^♪

080226_172901 

ハンドベルと連弾♪

息子が卒業で、謝恩会にお母さん達がいろんな出し物をします。

私はハンドベルを選びました。先日初めての合わせをしました。曲は『アメージング・グレース』と『旅立ちの日に』のメドレーになっています。楽譜を貰ってマーカーで自分の担当の音にチェックを入れ、いざ音だし。

どうもこの単音を何人かで繋げて行くのが苦手^^;ピアノだと一人で音を繋げて行くから迷子にはならいけど、ハンドベルって担当する音が変な個所に入っていると、それだけで???

卒業式までに夜に8回合わせます。ま、何とかなるでしょう。

~~~♪~~~

そのハンドベルにも参加している息子のお友達のお母さん(ピアノの先生で私の友人)に個人的に連弾をお願いしました。

快く引き受けてくれました*^^*  そして、レッスンにして貰おうと思ったら、「厳しいわよ!」とやんわりお断り。友人として連弾をしてくれるそう。ありがとです。

曲はずっと弾きたかった『シューベルトの幻想曲へ短調』です。長い曲なので、いつ仕上がるか分かりませんが、気長に楽しく付き合って行こうと思っています。

~~~~☆~~~

今、ちょっとペンネさんのブログに行って来て決めた事!!やっぱり弾きたい曲を弾こうと。ショパンのバラード3番で決定。これを譜読みして先生の所に持って行く!!決まり!!!

昨日のレッスン♪

昨日は娘が先に行って重ねて連弾、後に私のレッスンでした。

☆ドボルザーク スラブ舞曲 8番

一度通して弾く。同じフレーズが沢山出てくるこの曲。一段目の出だしでこの曲は決まる!と先生。二人の打鍵が甘い。もっとスコーンとした音から始める事。3拍子の拍子感を持つ事。シンコペーションは分かるけど、3拍目に重さが掛からないように。もっとすっきり弾かないと同じフレーズが何回も出てくるのでしつこく聴こえる。

二人の気持ちとしては頑張ったんだけど、前日に合わせた時に思いっきり合わなくなってしまった箇所アリ!娘がCDと一緒に合わせた後に私とだったので、テンポがずれている。娘に速くなっているから気を付けるように言ったけど、先生の前でも超特急だった。私は一生懸命テンポを抑えようとするけど、そこまでの技術が無く、娘に引きずられて行ってしまいました。。。

先生からは息は合っているけど、舞曲になっていないと・・トホホ。。先生、横で指揮をしてくださっていました。リズム感ナシの演奏だったのね。

☆モーツァルト 協奏曲20番 カデンツァ

出だしのトリルの一音目から止められる。もっとたっぷりと弾く事。慌てて弾いているので、メトロノームに合わせる事。左手の三連符が転ばないように。最後のユニゾンの箇所はノンレガートゆっくり練習するように。

出た~!メトロノーム。先生から雰囲気で弾いちゃっているから、メトロノームできちんと合わせてと。基本が出来てないのに崩してしまっていた私。あ~ぁ。気持ばかり焦ってしまって丁寧な練習をしていませんでした。

☆クラーマー=ビューロー 27番

通して弾く。前回よりは音の繋がりが良くなっている。でもまだ、特に左手が立った音がするので、もっとベタベタとペンキをなすり付けた様な音で弾くように。先生の手の上に自分の手を乗せたり、先生が私の頭や顔をに指を付けて感覚を教えてくださいました。私も先生の太ももに指をベタベタと。

このベタベタ、分かるんだけど、実際自分が出す音となると難しくって。これが出来るようになるとロマン派が綺麗に弾けると言われました。そう言われちゃうとまだショパンを弾きたいと言うのは早いか・・と悩んだり。でもショパンを弾きながらこの弾き方が学べれば良い事だし。

今回は時間が無かったので、ここまで。娘が先生のお宅を出た後に先生が「○○ちゃん、練習してないね。」と。そうなんです。本当にしていない!!でも先生はよく娘の事を分かってくださっていて、今は他に興味が行っているのでしょうとも仰ってくださいました。高校時代はいろんな事を学ぶ時だからいいのよと。理解のある先生で良かったぁ。

さすがにマズイと思ったのか今日は朝から練習している娘。先生から怒られなかったから、余計に思う事があったのかな。

レッスン♪

今日は出掛ける時は暖かで何を着て行こう~?って悩んでいたのに帰りは寒かったぁ。

レッスンの覚え書きは明日にするとして、今日の帰りの電車の事。

午後3時半頃、JRに乗って帰ろうと思ったら、電車が止まっている。≪強風のため≫だって。

強風で電車って止まるんだ。どうやっても帰れない。どうしよう・・。

娘は一足先に先生のお宅を出ていたのですが、駅で合流。仕方ないので、お茶をしに近くのお店まで行き時間をつぶしました。

やっと電車に乗れたのが5時近く。そして私鉄に乗り換えたら、こちらもアクシデントが有り、途中で10分弱停車。

疲れた一日でした。足も棒だし。ついでに花粉症の薬で眠いし。

~~~♪♪~~~~

まだまだモーツァルトが全然弾けてないので、次の曲を考えるのは早いかなと思ったのですが、先生にソロの曲も何か見ておきたい旨をお伝えしました。

「何でもいいわよ~~」といつもの明るいお返事。

「ショパンのノクターンか・・・ベートーヴェンかシューベルトも好きなのが・・・そしてシューマンも」←最後は小声の私。

まだシューマンを言うのは勇気が要る。

「ノクターンは何でもいいわぁ。シューベルトはこの間弾いたから違うのにしたら?ベートーヴェンは弾いてなかったかしら?」と先生。

「先生に見て頂いたのはテンペストだけです。弾いた事があるのは1・5・8・13・14・17・18。」

「テレーゼは?いいんじゃないかしら?」

テレーゼ、弾きたかったんだよね。でも「難しいですよね?」

「何でも怖がらないで弾いて~~♪」だって。

好きな曲は沢山あるけど、途中で「ギャ~!弾けない!どうにもならない!!」となってしまうのがとてもイヤ。努力をしない私。

やっぱりショパンを弾きたいので、もう暫く悩もうかな。その前にモーツァルトを何とかしないと。

シューマン

この間の聴きに行ったコンクールで、高校生ぐらいの子が弾いていたのがシューマンの夜想曲Op.23-3。

その場では何の曲か分からなかったのですが、プログラムが壁に貼り出されていて(配るのは無し)確認しました。いい曲だったんですよ♪

元々シューマンは好きだけど、今まで夜想曲は聴いた事が無かったかも。帰宅してから音源を捜したのですが見付けられませんでした。。

で、よ~く自宅の楽譜棚を見たら楽譜を発見!!6ページの程々の長さの曲です。2ページだけ音符を追いかけてみました。ちゃんと譜読みをすれば弾けるかな?次に弾きたい曲のリストに加えようっと♪♪

~~~☆~☆~~~

娘、相変わらず練習をしません^^;この状況にも慣れました。

先生から新しくやるように言われたクラーマー=ビューローの1番。たまに私が持っている全音の楽譜を見ていたみたいですが、譜読みには至らず。

娘専用に音友から出ているのを購入しました。袋に入れたまま机に置いておきましたが、封さえ開けていない娘!!(怒)明後日レッスンなんですけど!!絶対に弾けないね。ふぁ~。。

そうそう、私は全音で何故娘は音友か。それは全音の説明文が難解で意味不明。娘のは違う出版社のを選ぼうと、いくつか見て音友にしました。

ついつい楽譜を買う時にレジ脇にあった楽器の形をしたストラップ達に目が行き、クラリネットのを買ってあげちゃいました。グランドピアノと迷ったけど、部活で持ち歩くのならクラよね。

娘と連弾をしています。ドボルザークのスラブ舞曲の8番です。前半は何とか私がユニゾンで転ばなければ、合って来た感じ。でも後半はお互いにヒドイ!!私の右手は動かないし煩いし!!娘も難しい箇所なので、思った様にf が出ません。

さて明後日のレッスンで先生が何と仰られるか。コワッ!

仕事お休み!

この一週間で沢山のピアノを聴かせて頂きました。

今日は本当は仕事なんだけど、思い切って振り替えてお休み!!

だって折角聴いたり見たりしたピアノの余韻に浸りたいんだもん♪

昨日、篠田節子さんの本で「カノン」を買い、電車の中で読んでいました。

この主人公の気持ちがちょっとだけ分かった小説です。

音楽三昧♪

この一週間、藤原由紀乃さんのレクチャーから始まり、野原みどりさんのリサイタルと音楽を楽しんでいます。そして昨日はお友達のEkkoさんとRooさんの演奏会♪お二方共、本当に素敵な演奏でした。普段の練習も丁寧にされていて、それが本番でも発揮できる!ってすごい!!大満足の一日でした*^^*

で、今日は同門のお姉さま&娘さんと中3の女の子の演奏会があります。予選・本選、披露演奏会と進んで来て、今日は最後のお披露目となります。ずっと頑張っていたのを知っているので、楽しみにしています♪

こうやって色々な方の演奏を聴かせて頂くと、いっぱいパワーを貰えて、頑張るぞ~っていう気になります。今日も一日楽しくなりそう^^

モーツァルト協奏曲20番♪の練習

モーツァルトの協奏曲20番。綺麗な曲です。でもでも、やっぱりモーツァルト!!弾きにくい箇所が満載。

今苦戦しているのが、ピアノパートが入って直ぐのこの箇所です。

080215_1110010001

そしてちょっと弾いてみました。速く弾こうとして自分で自分を苦しめている画像です^^;

野原みどりさん♪

昨日は野原みどりさんのリサイタルに行って来ました。(招待券で^^v)

オール『シューベルト』プログラム!

私が発表会で弾いた13番と短調の曲14番、そして好きな曲21番の3曲を演奏されました。

13番をどう弾かれるのか興味津々。ゆったりめに弾かれていました。発表会前に聴きたかったな♪この箇所をこうやって弾くと良かったんだとかと思えたので・・。

この曲はやっぱり美しい。シューベルトって音云々ではなく、難しい。弾きこなせる様になれたらいいな。その為にはテクニックもそうだけど、いろんな経験をして、内面を磨かないと奥深くは表現できないなと思ったのでした。ま、シューベルトだけでなく、他の曲もそうだけど。

そして3楽章は自分の中ではもう終わりと思ったけれど、今日は気持ちを新たに練習してみました。UP出来る事を目指してもう少しの間自主練しようかな^^

そう言えば、昨日のコンサートで使用のピアノの調子が悪かったのか、時々変な音が混ざっていました。休憩時間中に調律師の方が直されていましたが、今一つしっくりしていなかったな。素敵なピアノだったのに残念・・。

チョコレート

昨夜、娘が一生懸命作っていました。ふふ。誰に渡すのかな?

080214_103801

我が家に残ったのは残骸だけ。パパにはナシですって。。

藤原由紀乃さん♪

先日、10日にあった藤原由紀乃さんのレクチャー&ミニコンサートに行って来ました。

今回で2回目の参加です。いつも物腰の柔らかな由紀乃さんの演奏はとっても素敵でした。あのオクターブのグリッサンドは凄すぎ!!家に帰ってから試したけど、ムリ~~。

そしてツィーグラーを基本としたお話の数々、とても為になります。

公開レッスンもあり、中学生の女の子がショパンのノクターン7番を弾きました。柔らかな左手から入る曲で、右手が入ってから直ぐに止められていました。右手の音の出し方についてでした。言葉に表すのは難しいのですが、カツンと当たってしまう音では無く、出す音を最後まで聴いて、柔らかい響きのある音を出しましょうという事です。

そのレッスンを見ていて思い出したのが、今、自分が弾いているクラーマーの27番!先生にゆっくり這うように、でも指先に重さがありレガートでと言われている曲。一音一音、出した音をよく聴いて次の音に移ると、ここ何日か悩んで弾いていたのが、少し解決*^^*

~~~♪~~~

まだまだモーツァルトは時間が掛かりそうですが、やっと音と指の動きを思い出しつつあるので、ソロの曲を練習しようかな♪

で、先日の中学生が弾いていたショパンのノクターン7番の譜読みし始めました。先生と相談していないので、このままレッスンには持って行かないかも。でもこの曲、元々好きで以前弾こうと思っていた曲です。綺麗に弾けるようになるといいな。

今年、どこかで弾く機会があるなら、ショパンのノクターンか先生に選んで頂いた曲にしようと思っています。何もなければ、時間を掛けて、バラードの1番か3番を弾きたいなと。

友人のお嬢さん

友人のお嬢さんは只今受験生!中3でピアノを習っています。

その友人とランチをしている時に聞かれた事。

友人「ayayanのお姉ちゃんはいつになったらピアノを止めるの?」

「止めないよ~。止めさせないし!(笑)」

友人「娘さぁ、高校生になっても続けたいって言っているんだよね。別に音大に行く訳でもないし、幼稚園の先生になる訳でもないし。止めればって言っているんだけど。」

「え~っ!!続けたいって言っているんだから、やらせてあげなよ。」

友人「失礼な事聞くけど、ピアノをやっていて何かある?」

「確かに、私は好きで弾いているだけだけど、娘は続けているのは自分の中で『これ』という物を持っていたいみたいよ。」(全然答えになってない^^;)

う~む。そうなんですよね。母親って。私の育ての母はピアノに理解が無く、私が高校生の頃は「うるさい」と思っていたみたい。体を壊した時に、真っ先にピアノを止めるように言われました。

ピアノを弾きたい気持ちってそう言う物じゃないんだよね。でもこの気持ちって中々理解されないものなのか・・。そうではない方もいっぱいいらっしゃるとは思うけど、友人の意見が一般的なのかも。

娘には細くでも良いから長く続けて欲しいな。私は一度止めた事をとても後悔しているから。

発表会での演奏

先日、先生から発表会の時のDVDを頂きました。

あまりにも怖くて見ていなかったのですが、今日実家に持って行くのでその前に見ました~!!

TV画面で見ると粗がよく分かる。そんなにアップにしなくてもいいのに、良い意味では無く、表情も指先も一つ一つよく撮れている。

あ~あ。思い出しちゃったわ。

娘はやっぱり練習不足が祟ってか、音がきちんと打鍵出来ていなかったり、私はゴールを目指して走りすぎ!サラッと弾いています。もっと気持ち良く弾きたかったな。

まぁ、色々な思いはありますが、音だけUPしてみました。

良かったら聴いてください♪

 娘の演奏

 私の演奏

降らないで、雪。

朝から冷えるなと思っていたら、午後から雪がちらちら。

もういいよ。

午後から仕事で、高尾山の方へ向かわなくてはなりませんでした。勿論車で。

途中から雪の粒が大きくなり、焦りました。弾き返そうと思ったほど。

頑張ってあの東京の外れまで行って来ましたよ。

天気予報では土曜日も雪?

もう降らないで。

モーツァルト協奏曲20番

私が持っているCDは内田光子さんとアシュケナージの物です。大体車で聴くのは内田光子さん♪内田光子さんの女性らしい歌い方が好きです。アシュケナージは指揮もされるから、どんな風に弾かれるか興味が有り、購入しました。

で、今日はブレンデルとルドルフ・ゼルキンの物を借りて来ました。今聴いているのですが、ブレンデルの方が弾き方が好きかな。オーソドックスで嫌味がない気がします。カデンツァがカッコいい!!

昨日は疲れてしまっていて、ピアノに触りませんでした。今日は娘の保護者会に行く前にモーツァルトだけ練習しました。ここ一週間位、楽譜は眺めていましたが、なかなか先に進まず、3~4ページで諦めていました。今日はカデンツァも含め最後まで一応見ました。ホッ。。

一度さらった曲をもう一度初めからやり直すのって、あまり好きじゃないなぁ。先生からは「一度弾いているから大丈夫ね♪」って言われましたが、そんな事はありませ~~ん。先生に「譜読みの段階からやり直す感じです。全然覚えていません。」とはっきり申し上げましたが・・。少しずつ思い出して頑張ろうっと♪♪

あっ、そうそう。協奏曲24番の3楽章が耳から離れません。胸がキュ~ンってなります。

今年初めてのレッスン♪

足元の悪い中、昨日はレッスンに行って来ました。

寒いし、路面はグチャグチャだし、なんでこんな日にレッスン?!

☆プレディー  第一部 A1.B8  第二部 1~21

初めて見て頂きました。簡単な音が並んでいます。音のつながりを意識する事。私が弾くとウソ発見器ではないけど、音を出す時だけグラフがビューンって飛び出す感じになってしまう。

例えば、ブランコや大縄のイメージで音を繋ぐ、だそうです。言われて初めて気付く愚かさ。。これもやっぱり音楽性って言うのでしょうか。私は簡単な音だったので、音楽を感じて弾くのではなく、音を並べただけ。

体のどこを使って音を出しているかを意識して練習して来て!!との事です。音の長さや音形によっても違うので、頑張るようにと。ハイッ!習得できるよう頑張ります^^♪

☆クラーマー=ビューロー 26番・27番

26番は丸を貰いました^^v かなり飽きていたので、終わって良かったぁ。でももっとハッキリ慌てないで弾く事を注意されました。

27番は宿題ではなかったのですが、何となく弾けたので、見て頂きました。26番とは違い、這うように、指先に重さを、でもレガートで。ゆっくりバージョンとちょっと速めバージョンを弾きました。速めなのは最初は良いのですが、後半の音がまだ指に慣れておらず、音が硬くなるとの事。なので、ゆっくり、弾きにくい速度ではあるけれど、指先を意識して練習するように。

☆シューベルトOp.120 3楽章

う~~ん。。卒業できたのだけれど、う~~ん。

先生からは「綺麗に弾けている。派手な曲ではないけど、弾きにくい所をよく練習しています。」と。(ホントですか?自分ではかなり危ういんですけど。)

この曲は私にとっては、ドビュッシーのピアノのためにのトッカータの次ぐらいに「こんなはずじゃなかった・・。」と思える難しい物でした。やっぱり速い曲が苦手なのよね。

・全体的にもっと大きくとった方が弾き易い。確かに6/8拍子だけれど、細切れに聞こえるので、一小節を一拍で数えた方が楽に弾けるとの事。

・メロディーの符点の長い方の音符は長めにとる。ロマン派なのでもっと歌う事。

・和音でとる符点の最後の音にスタッカートが付いてはいるけれど、きちんと打鍵する事。その前の音符も丁寧に。

・mollが所々出てくるので、その音色も考えて。

他にも沢山教えて頂きました。

ちょっとゆっくり目でレッスンでは弾きました。弾きづらかったのですが、この位のテンポで表情を付けて弾いた方がいいのかな。これは課題です。

次回はモーツァルトのコンチェルト20番を再度チャレンジする事に決まりました。少しずつ思い出そうと楽譜を眺めていますが、指が動かない個所多数!カデンツァを中心にレッスンしてくださるとの事でしたが、その前が全然弾けてないんですけど・・。

先生に「コンチェルトのステップ出てくれる?」と言われ、「私の方からお願いする事なので、是非とも♪」とお答えしました。

暫くはコンチェルトと連弾曲をレッスンに持って行きます。ソロは何か見付けて譜読みに入ろうかな。

今日は楽しみにしていたレッスン♪

がしかし、凄い雪!!今から出るのですが、一番心配なのはJR。雪じゃなくても運休だ、遅延だと多い路線。絶対にまともな運行状況じゃない気がする。

PCで運行状況を確認したけど、まだ大丈夫そう。

~~~***~~~

昨日、娘はレッスンの予定でした。でもでも・・。娘、模試だったのです。Wブッキングしているのに気づいたのが前日の夜。全くねぇ~。先生には大変申し訳ない事をしました。で、今日に振り替えて頂いたのです。

さて、私たち親子は無事に行って帰って来られるか、とっても心配。。。暖かくして行って来ます。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »