« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

昨日は体調を崩した娘が学校を早退。携帯に娘から連絡がありました。

ふと、「学校からは連絡はないんだ・・。」と思ったのでした。中学も連絡無しでしたが、どうも小学校のイメージが強く、早退する時は学校から連絡があるものとばかり思っていたのです。

仕事で自宅から車で30分の所にいたのですが、急いで帰りました。でもよく考えたら小さい子じゃないんだから、そんなに急がなくても良かったみたい。

話は一昨日に戻りますが、ピアノの先生に「終わったらどうする?」と聞かれ、思わずお食事のお誘いですか?って勘違いした私。

食事ではなく、曲のお話でした。「次の曲はシューベルトの続き、2楽章と3楽章をします。」とお答えしたのですが、そうだ!!と思い出した事が。

「モーツァルトの幻想曲d-mollも弾きたいんです♪」とお伝えしたら、暫く間が・・・・。

「モーツァルトの幻想曲も大人の方に弾いてもらいたい曲だわ。難しいのよ。内面が。良い勉強になるわよ。」

その一言で、「もう少ししたらにします。」と消極的に。でもめげていなかった私。「グリーグのソナタも弾きたいんです♪♪」

「グリーグは、そうね。素直な曲だから良いんじゃない。」と言われつつも「小曲もやってみると良いわよ!短い曲だから他の曲と並行して練習するのも良いわ。」だそうです。

グリーグの小曲って知らないな。娘が弾いた曲集があるけれど。そんなに興味があるわけではないし。

やっぱりシューベルトを続けます♪

レッスンでした♪

昨日は快晴で良かった!レッスンだったので一昨日の様な天気だと長旅は辛い。

丁度発表会まで一週間。最初に通して弾くつもりでした。弾いていたんです。なのに途中で止まってしまいました。

原因は「先生の所のピアノ、音がこもっているな。うちのピアノと響きが違うな。」なんてバカな事を考えた瞬間、自分の出した音がよく聴き取れず、次の音が出てこなかった。

こんな事を考えていたら、自分の家以外のピアノを弾けないのに。はぁ。。。

救いは本番のピアノが我が家と同じカワイで、もっとグレードの高い響きの良いピアノだと言う事。

止まったついでに、直しを入れて頂きながら弾きました。なんだかねぇ。結局、間違えるとその後がパニックになり焦ってる!

「流れるように弾く事」と前回言われ、その様に弾いているつもりだけれど、今回は「三連符が微妙に早い」と。

何回言われても直らないのはやっぱり老化のせい(笑)、それとも高度な事を教えて頂いているのか。。。

どうも一息で弾く=速く弾く、って自分の中にインプットされてしまっているようで・・・。

もっと朗々と伸びやかに、歌って。長い音符は次の音に続く様に歌う。

とにかく歌うって事だそうです。

人前で弾いてみて・・♪

昨日、minaさんに我が家に来て貰ってシューベルトを聴いて頂きました。

先にminaさんがバッハを弾いてくださり、うっとり聴いていました。その後少しだけドキドキして私がピアノの椅子に座りました。

一回目、やっぱり舞い上がってる。。。。出だしは悪くなかったのに、途中の何でもない所で音があやふや、その後は気持ち的に乗れない。弾けない。音を聴けない。はぁ~。

minaさんのお言葉に甘えて二回目を弾かせて貰う。一回目の様な緊張は無く、途中で弾き直した箇所はあったけど、こっちの方が自分では音を聴けてたから、まだ良かったかな。

それにしても満足できる出来ではなかったな。自分の家で弾いているのに、この状態は頂けない。

とにかく、折角練習して来たのだから、我を忘れた演奏にならない事だけを祈ろう。あと発表会まで10日。細かい練習を丁寧にしようっと♪

全然話題は変わりますが、数日前クリームシチューを作りました。途中でワインを入れたつもりが黒酢を入れてしまった私。案の定主人が「これいつもと味が違うね?」と。

しらばっくれた私は「今日は玉ネギを炒め過ぎで牛乳を多めに入れたからかな。」と答えました。へへ。

まず~いシチューでした。お酢を入れた事は誰にも未だ言っていません。

あれこれ

昨夜、娘のドレスも完成!!まだ完成してからは着ていないのでお直しがあるかな。私と同じ型紙で作ったのですが、私は袖ぐりを深くしました(パツンパツンだったので^^;) 娘は細いのでそのまま。いいわねぇ。若いって!!

その娘、先週レッスンの日の朝にちょこっと弾いて出掛けました。それでも暗譜で弾いて、先生からは良くなっていると言って貰った様子。うそだ~!やっぱり若さなのでしょうか。。

気持ちに余裕が出てきて、3~4日前からある本を読んでいます。上下巻を読み終わりました。調べたら、続編があり、何と厚さ18cm。。どうしようかな。18cmってかなり読み応えはありそうだけど、本を持ち歩くだけで腱鞘炎になりそう。

※ドレスの写真をUPしようと思ったのですが、ハンガーに掛けたままだと、だらしな~い感じに写るので、そのうち着たのをUPします♪

好きな曲

いつも発表会前になると聴く曲。

それはチャイコフスキーのバイオリン協奏曲 Op.35。何か気持ちがグッと上向きになるんです♪大好きな曲。以前、二村英仁さんの演奏を聴いて涙した位好き*^^*

今回は携帯にもこの曲を取り込みました。当日休憩時間に聞いて気持ちを落ち着かせようと思っています。

それにしても、毎日ピアノに向かって一番にシューベルトを弾くのに、必ず変な所で間違える。イヤだなぁ。いつも気を付ける箇所は間違えても何とか戻れるけど、そうでない所は完全にアウト!!

ゆっくり練習しようっと♪

あっ、そうだ。書きたい事があったのを思い出しました。

それは、ハノンのスケールについて。全調を弾けるようになって、凄く嬉しいんです!ず~~っと前から全調を通して弾きたくて、一時期自分で練習していた事もあったのですが、途中で挫折していたんです。それが今回何ヶ月か掛かって先生に見て頂いて、やっと全調が弾けるようになった\(^^)/ばんざ~い♪毎日20分~30分掛けて全調を練習しています。良かった良かった。

レッスン♪

レッスンの覚え書きの前に、一週間ホント慌しかったです。。

あまりパニックになる私ではないのですが、流石にマズイと頭の中で色んな事がグルグルと渦巻いていました。

特に息子の野球が秋季大会の真っ最中で、応援に行かないといけない。それがかなりの負担。行かなければ、誰かが代わりにお茶出しもしてくれるのですが、それが性格的に出来ない。いつもはいい加減なのに・・・・。

で、衣装ですが、やっと自分のが完成!!いやぁ~~、何でこんなに時間が掛かったの?って自分で思ってしまうほど、ノロノロ作っていました。原因は所々のお直し。出来上がったら袖周りがきつい^^;この太い腕を呪いました。。裾も一度まつったのに丈が気に入らずやり直し。やっと昨日から娘の衣装を作り始めています♪

=昨日のレッスン=

☆シューベルト ソナタOp.120 一楽章

一度全部通して弾く。途中暗譜が飛んだと言うより、中間部をすっ飛ばして終わろうとしてしまう。気付いて戻ったけど、何だかねぇ。本番でそれをやったら2分ぐらいの曲になってしまう。それも楽でいいか。

弾き終わって、先生から一言。

「ん~。綺麗なんだけどね・・。」

綺麗なんだけど?その後は?

「それだけなのよね。もっとこう・・。何ていうか長く聴こえるのよ。」

長くか。それって一本調子って事かな?

「前に進んで欲しいの。細切れに座り込んじゃっているのよ。」

はぁ~。やっぱり音楽の流れですね。

ワンフレーズ、大きく捉えて弾くって言う事が昔から苦手。いつもいつも先生に言われて来た事。歌えば弾けるって言うけど、私が歌うと結局自分のピアノの弾き方に合わせてしまっている。

本日の課題!!!「前へ進む!」

って事で始まったレッスン。

数小節弾いては止められ、音の運びを教えて頂く。付点の後の音で抜いてしまうと一息に聴こえない。きっとこういう事は自分である程度しなくてはいけないんだろうな。

同じ音、同じリズムが続く時に全部同じ弾き方。先生に見本を弾いて頂く。明らかに私と違う。もっと自分で考えて弾こうと思ったのでした。

あと、自分で勝手に解釈して弾いた箇所では「何でそうなるの?この箇所はそこまでがワンフレーズ。あなたみたいに弾くと違う曲になってしまう。」と。

私としては盛り上がる箇所に向かう境なので和音の手前の音に重さを乗せたのだけれど、それはダメだったみたい。残念!

結局、時間切れで最後に通す事が出来ませんでした。あと発表会までに、2回レッスンを入れて頂きました。本当はあと1回かと思っていたのですが、先生も不安なのかなぁ。

終わってから、サラ~ッと先生が「3楽章も良いのよね~♪」。そう言われたら「じゃ、次はその曲を弾きます。」と言うしかないよね。ま、3楽章は弾きたいと思っていたから良いけど。それとモーツァルトの協奏曲20番、先生、忘れていなかったみたい。「20番はステップで弾きましょうね。」と仰っていました。

でも今は次の曲を考えるよりも目の前に迫っている発表会の曲を何とかした~い!

ちょっと多忙で~~

ちょっとお休みします。

仕事でPCも使うので毎日チェックはするのですが、一度PCの前に座ると長い時間になってしまいます・・。サッサと切り上げれば良いのですが・・。

今、仕事とピアノ、野球にドレス作りと多忙です。遊びもですが・・(昨夜も飲みに行ってました^^;)

特にドレス作りが思いの外時間が掛かっています。取り合えず一着作ってしまえば気が楽なのですが。なので、暫くドレス作りに専念します。

ではでは♪

吹奏楽とピアノ♪

娘、先日の文化祭での吹奏楽の演奏も無事(?)に終わり、次は地区演奏会に向けて頑張っています。この地区演奏会は発表会の前日。・・・。やっぱりギリギリまでピアノの練習は出来ないのね。

そして吹奏楽にはいくつかのグループに分かれてアンサンブルコンテストやソロもあるらしい。よく解らないのですが・・。で、クラリネットで組ませて貰うらしいのですが、2組しかコンテストには出られないとか。なので選ばれない可能性が高いと。ふ~ん。そうなんだ。

その話と同時にサックスのソロで出る先輩のピアノの伴奏を頼まれたそう。これまたよく解らないけど、これはアンサンブルでは無いのかぁ~?「サキソフォンとピアノのための」と副題が付いている曲らしい。CDと楽譜を預かって来ていて、楽譜を見たら結構難しい。さてこれはいつ演奏するんだろう?その前に本当に引き受けるのか。

それにしてもちょっと羨ましい。。いいよね。アンサンブルが出来るって。本人も滅多に無い話だからピアノの伴奏をしたいと言っていました。ただ時間的にかなりキツイ。

話は戻るけど、先生がアンサンブルが好きだったので、娘は小さい時から同年代の子と連弾をしたり、チェロとバイオリンとのトリオをさせてもらったり、オケ部に所属もしていたので、音を合わせるのが好きみたい。中学時代はバイオリンの子の伴奏もしたし。恵まれているな。そうそう、経験できない事ですよね。

私もやってみたいな。でも周りに他の楽器をやっている人がいない。あ・・・いた。娘のクラリネット。また娘か・・・。

アファナシエフ

一昨日行って来たアファナシエフのピアノリサイタル♪

鬼才と言われているピアニストらしい・・。チケットも私が普段行くコンサートよりもお高め。

☆プログラム

シューベルト:即興曲Op.90-1

シルヴェストロフ:オーラルミュージック

シルヴェストロフ:サンクトゥス/ベネディクトゥス(2つの小品)

シューベルト:即興曲Op.90-3

シューベルト:即興曲Op.142-2

シューベルト:3つのピアノ曲 D946 第2番

多分、私達学習者が先生からやってはダメと言われている事をサラッと流している。これはこのピアニストだから許されるんだろうな。

即興曲は色んなピアニストの生演奏やCDを聴いているので、こういう解釈もあるのかと聴き入ってしまいました。

シルヴェストロフ、初めて聞く作曲家。現代の方だそうです。んん~~。ある意味難しい曲だった気がします。

最後の3つのピアノ曲が今回の中では一番好きかも。三度の動きが自然で、当たり前だけどピアニストって凄いわぁと思ったのでした。

アンコールはショパンのワルツ(何番かは調べていません^^;)を3曲。

今日はピアノ休息日にしちゃいました。弾く時間はいっぱいあったのですが、何となくボーッとしたかったので。最近マンネリ気味だったので、明日からまた新鮮な気持ちでガンバロウッと♪

衣装の事。指の事。

昨日も雨。恵の雨だわ。

午後はゆっくり衣装作り。スカートの部分と身頃の部分は出来たのですが、裏地を付けるか考え中。アイボリーだと透けそうなので、付けた方が良いかな。

娘がその衣装を見て一言「ウエディングドレスみたい・・・。」

確かに。スカート丈をもう少し短くするので、出来上がった時にはそうは見えないはず。

全然話は違うのですが、右手の中指の第2関節が痛いのです。ちょっと腫れていて、打撲の様な痛さなんです。様子を見ていますが、病院に行った方が良いのかな。ピアノを弾くなって言われるのが怖くて行けないんですけど。

あ、そうそう。今日コンサートに行って来ます。アファナシエフです♪シューベルトが多いプログラムなのですごく楽しみです*^^*

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »