« 困ったな | トップページ | ヘンデル♪ »

娘のピアノ

昨夜、連弾の練習の後娘が言いました。「私、ここ何年か上達していない気がする。」と。

高校に入ってあまり練習が出来ていない上に、ソロでのコンクールの不安がそう言わせたのだと思います。

3年前に先生を替わった時と時期が重なります。私としては娘に言われてちょっとショックでした。

決して目に見えて上達しているとは言えません。小学校高学年の頃は時間もたっぷり有り、伸びる頃だと思うのです。その後は曲も難しくなり、ただ弾ければ良いというものでもないし。中学校の3年間で手も身体も大きくなり、結構頑張って弾いているなと思うのですが・・。今は辞めずに続ける事が、後々大人になってからでも自分が「ピアノを弾きたい!」と思えた時に大事だと。

娘が中1の時にピアノを辞めたいと言い、話し合いをしました。「音高にも音大にも行かない。先生が怖いから辞めたい。もうピアノはヤダ。」そう言う娘に私は「音楽の道に進まなくてもいい。でも今目前に迫っている連弾のコンクールは相手がある事なのだから出なさい。その後先生に関しては考えましょう。」と返事をしました。

前の先生は私の子供の時からの先生でした。とても厳しい方ですが、温かい面も勿論有り、ピアノの音に対してものすごく、こだわりのある先生でした。でも、娘との相性は悪く、習い始めて2年目頃から、毎週泣く娘を見て来ました。練習をして行ってももっと上を目指す先生に叱咤され泣く。その繰り返し。丁度その頃先生から今の先生を紹介されました。並行して2~3ヶ月に1度の割合で今の先生の所に通うようになりました。今の先生はお人柄が良く、明るく、楽しくレッスンをされます。決して感情的に怒ったりされないので、娘は何も言いませんでしたが、先生の所に行くのが楽しみだったようです。

どちらの先生にも良い所があり、それを理解できるには娘の年齢では未だ無理なのでしょうか。

ちょっと重い話になってしまったので、後で削除するかも。

« 困ったな | トップページ | ヘンデル♪ »

ピアノの練習」カテゴリの記事

コメント

娘さん、今でも上手なのに向上心があって、冷静ですね。
身長が止まってからも、
きっと得るものが沢山ありますよ♪

あっ、このコメント、消す時には遠慮無く消して下さい。☆

minaさんへ♪

いろんな意味で難しい年頃です。
向上心があるのかな・・。
練習していないのに望みは高い。ってとこでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177341/6779183

この記事へのトラックバック一覧です: 娘のピアノ:

« 困ったな | トップページ | ヘンデル♪ »