« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

レッスン日記

忘れていた訳ではなく、何となくまとめないうちに日数が経ってしまいました。

モーツァルト 協奏曲20番一楽章 カデンツァ

*一小節目からの右のトリル  出だしのEはちょっとだけ長めに落ち着いて入り響きのあるハッキリしたトリルのする事。フェルマータがあるので十分伸ばして音の響きを確認する。

*左手は八分休符をきちんと感じて入らないと、拍の頭がずれて聴こえる。

*6小節目の和音 一番上の音を出す。だが、コンチェルトなので、あまり弱くしない。

*9小節目、休符を感じるためペダルの入れ方に注意!

*12小節目、クレッシェンドして行き、4拍目の16分音符は丁寧に、続けて直ぐにsubito があるので飛び込まない。

*cantabile  espre.  appassionato といろんな箇所に書かれてあります。歌って!表情豊かに!情熱的に! 深い音で歌う事。

*36小節目、シンコペーション。 苦手。どうもシンコペーションが上手く出来ない。いつもの事だけど。先生に横で拍を取って貰いながら弾く。うっ!子供みたい?

*41小節目 左手が「タン・タタタッタ」のリズム。すごく練習した所。右手は16分音符がずっと続いているからそれに合わせれば良いんだけど・・。左手が焦ってしまう。気を付けるべし。

*46小節目からのクライマックス!ユニゾンで下って上って。左手の途中が危うい。よ~~く練習しておく事。ハイッ!スラーの掛かっている所とそうで無い所の音色の違いを出す事。弾き方が違う。

やっぱり休符が頭に入る時にリズムが崩れる。メトロノームで合わせてみようっと。

ストヤノフ 歌

先生に暗譜したんでしょ?って聞かれ首を振る私。じゃあ、楽譜は縮小コピーしたの?と。いいえ、この楽譜のまま出ます。。。。と返事をしたのですが、家に帰ってからやっぱり縮小コピーをしました。譜めくりが大変なので。

プリモが単音で伸ばす音とセコンドの伸ばす音の音色が合っていない。プリモの娘はその部分で打鍵がハッキリしている。私はドワ~ンと弾いている。そうするとセコンドの音が遅れて聴こえる。何回か二人でその音の部分を弾く。やっと先生からOK!これは私の癖でもあるので、直さないと。

セコンドの和音の連打。全部を同じ重さで弾かない。プリモを心の中で歌い、拍子を考える事。

プリモの左手、普段の連弾では重さ的にはあまり出さない手ですが、この曲に関しては少し出して響きが丁度良くなると言われました。メロディーである事と、高音に比べこの箇所は音が鳴らない所を弾くからだそうです。

シューベルト 4つのポロネーズから2曲目

前回、日本的なポローネーズと言われた私たち。今回は「この曲は良くなったわぁ~♪ポロネーズに聴こえるわよ。」と褒めて頂きました。が、この曲はと言う事は他の曲は?ま、細かい事は置いておいて、今回気を付けて弾いたのは一拍目の重さの掛け方でした。ペンネさんの所で映像を見て、「やっぱり一拍目ね。」と思ったのでした。

中間部の歌う箇所でfpになる所はもっと揺らしても良い。終わり方は一回目の弾き方と変える。

もっと色々あるのですが、コンペの曲なので詳しくは止めておきます。

連弾はともかく、モーツァルトは休符の取り方が甘いので、暫くそこに意識を持って練習かな。

次回はヘンデル復活で頑張って来ます。

衣装 パート2

「ソロのコンクール何着るの?」と娘。「えっ!?デュオで着る服じゃないの?」。デュオで着るワンピースは下にレギンスをはくのでした。そうだよね。ソロじゃ、ちょっとそれではマズイね。という事で何か無いか洋服ダンスの中を探す。以前着たワンピースを発見!これを着た2年前はまだ中学生の体型で似合わなかったな。今回は、2年の成長でしょうか。可愛いじゃん♪

これがそのワンピース

070627_085001 私の手作りです。背が高く細い娘に合わせて作ったのでした。ベルベットのリボンで襟周りをパイピングしてあり、後ろで結びます。同じ様に裾の切り替えの所にもベルベットのリボンをあしらいました。

お揃いのスカートもその時に作ったのですが、(自分用)なんか似合わなくて一回も着てないな。ちょっと手直しをして、デュオで着れば良かったかな。でも今から直すのは面倒かも。

すっかり忘れていた衣装でした・・。

気持ちはシューベルトへ♪

シューベルト・シューベルトと仕事の合間に楽譜やCDを探しに行っています。昨日気に入ったCDを見付けたけど、今日は楽器店のWポイントDayだし、そこで買おう!と思ったのに・・。無かった。私が行った楽器店には数少ないCDと楽譜しかありませんでした。少なすぎて選べない。明日はちょっと大きな楽器店に行くので絶対に買うぞ~!

で、シューベルトのソナタってどれも長くて暗譜できるんですかぁ?って感じですが、今のお気に入りがD.958。これカッコ良い!!これがいいな。プロが弾いて10分位となると何ページあるんだろう。曲選びは楽しいな*^^*

結局全然違う曲になったりして。ありえる・・。

レッスンでした♪

何故か先生のお宅がある駅に着くと雨が降り出す。前回もそう。雨女は私?娘?

今日の私のレッスンはモーツァルトのカデンツァのみ。それはまた書くとして、先生に発表会の曲をまた聞いてみました。

「発表会の曲はまだ決めませんか?」

先生「まだよ~~。11月だし、まだ先よぉ。(ひぇっ!丸4ヶ月しか無いんですけど)

「やっぱりヘンデルですか?」

先生「ん?ヘンデルは止めた方がいいわぁ。(じゃ、何故今私は弾いてるの?)バロックは暗譜が大変だからね。(・・・暗譜が前提なんですね)何か弾きたいのがあったら何でも良いわよ♪」

「あまり背伸びをせず、長くなく、暗譜できるもので行きたいと思っています。背伸びしているかもしれませんが『ショパンのノクターン13番』を弾きたいなと・・・。」

先生「ノクターンね。(このノクターンの言葉で先生のお顔は◎・・がしかし13番で「そうねぇ・・・」あなたはあまり熱くならない曲の方が良いと思うのよ。シューベルトのソナタとか。(シューベルト*^^*好き好き♪)」

「シューベルト、大好きです。D.960とか好きです。」

先生「色々あるからまた今度選びましょ。」

と言う事で、コンペが終わってから本格的に決める事になりそうです。でも良かったぁ。ヘンデルじゃなくて。イヤじゃないけど、絶対に暗譜は無理だと思っていたし、発表会に弾くにはちょっとなぁと思っていました。

ノクターンも自分の口から言えたので悔い無し。これはまたどこかで弾くつもりです。シューベルトは私の原点(なんて言うのはおこがましいのですが)なんです。

自分がピアノが好きだと思えたのがシューベルトの即興曲との出会い。中学生の頃でした。その後大人になって人前で暗譜ではなかったけれど初めてソロを弾いたのもシューベルト。節目で弾いている気がします。なんか良いかも*^^*v

のだめちゃんが弾いたのも好きだな。沢山聞き比べて好きなのをお願いしようと思います。

昨日、久しぶりにムジカノーバを買いました。それは「音づくり」について特集されていたから。読んでいるといつも先生に言われている事だなと思ったり、そうだったのか!と初めて知った事だったり。

これも関係する事だと思いますが、よく弾く前に息を吸ってと言われたな。(途中でも)ピアノは息をしなくても弾けちゃう楽器だから呼吸の無い演奏になってしまいがちだけれど、呼吸をしないと止まった演奏になっちゃうよって。今の自分はどうだろう。。。今は弾く事に精一杯で音まで気持ちが行ってないのが現状。

で、今日は少し「音」を意識して練習してみました。ピアノの蓋を開け弦が鳴るイメージ。それを聴く。和音の鳴らし方。どの音を出せば響きが綺麗か。指のどこを鍵盤に乗せるかとか手首、肘、腕、背中、腰の使い方とか。どういう音で歌いだし、訴えどう去るかと書いてあったので色々試行錯誤して試してみました。いつもボケーッと集中力無しの練習じゃ、上手にならないよね。「音作り」は小さい頃から身に着けるものだそうです。残念!今からでも遅くないかな。

ストヤノフ 歌

昨夜、連弾曲 ストヤノフの歌を再度録音してみました。

本当はシューベルトも録ったつもりだったのですが、エラーになっていて、ガックリ・・。

もう一回挑戦する気力が残っておらず、またの機会に。とてもポロネーズと思えない演奏を客観的に聴いてみたかったので残念です。

ストヤノフ 歌

良かったら聴いてください♪

あじさい

昨日紫陽花を貰いに実家に行って来ました。

お庭からあれもこれもと切って貰ったらすごい量になってしまいました。なので、3つの花瓶に分けて飾りました。

Dsc00080_1  玄関に。花瓶いっぱいに入れてしまった為、どれがメインのお花か分からなくなってしまいました。5種類くらいの紫陽花です。

Dsc00082 リビングの出窓に。これまた沢山でセンス無し!

Dsc00083 これはダイニングテーブルに飾っているのですが、テーブルで撮影すると醜い物まで写ってしまうので、玄関に移動。額紫陽花をメインにしました。

私は6月生まれだからか、昔からすご~く紫陽花が好きです。今父が紫陽花の絵を描いていたので、後日それも我が家に来ます*^^*

朝から・・・

洗濯機の水がチョロチョロとしか出なかった今朝。はぁ~。水難の相でもあるのかな?蛇口の時もそうだけど。今我が家の建物は減圧工事がず~~っと入っていて、断水もこの一週間で3回(予定に組まれていたけど)ありました。

昨日が断水最終日。洗濯機の水なんて朝にしか確認しないもんね。あまりに水が出ないので途中でエラーになっちゃうし(>_<)  工事の人に電話したくても朝の6時じゃ、流石に悪いし・・・。で、何をしたかと言うと。洗濯機のホースを分解してしまった私。バカでしょ?何かが詰まっているのかと思って外していたら、どうにも元に戻らなくなってしまいました。

どうしょ。って事で、水道屋さんを呼ぶか、今工事をしている人を呼ぶか悩んで、工事の人に連絡。ホースの状態を見てすごく笑っていました^^;

減圧工事の為に断水をして通水した時に色々水に含まれているらしく、それがホースと洗濯機の間の網に詰まるんだそう。綺麗に掃除をしてくれました。でも・・・・私がホースを分解してしまった為に水漏れが。新しいホースを取り付けてくれました。要らない出費。安かったけど。余計な事はしない方が良い。これ教訓。

ヘンデルとモーツァルト♪

今朝ヘンデルとモーツァルトを録音しました。

がしかし、何曲かPCのどこかに行っちゃって行方不明・・。

で、残っていたヘンデルとモーツァルト、ちゃんと弾けてないけど、まぁ、練習過程としてならUPしてもいいかなと。

ヘンデル チャペルオルガンバージョン

ヘンデル ピアノバージョン

一ページ、ずっと付点が続くのですが、途中であともうちょっとと思った瞬間、崩れた・・・。付点は難しい。ま、これもご愛嬌?一オクターブ間違えて弾いてる箇所もあるんだな。(苦笑)

モーツァルト カデンツァ

こうやって録ったのを聴くと勉強になります。もっと音楽の流れに乗らないといけなかったり、ペダルの入れ方だったり、間の取り方や終わり方(オケへのバトンタッチの仕方)など、自分ではやっているつもり・・でも聴くとアレッ?私ってこんな風に弾いているんだと色々と反省。もっと表情豊かに弾かないといけないらしい。でもまだ先生に見て頂いていないので、これから勉強します。

衣装

今日連弾の衣装を買いに行きました。

選ぶのに何が難しいって二人の年の違いでしょうか。どう考えても娘の着たい服を私は着れない。逆に私が着たい服は娘には地味。小さな子供同士ならお揃いの衣装も可愛いでしょうが、私と娘ではちょっと・・。色違いも考えてみたのですが、そこまでしなくても。って事で色を合わせてデザイン違いにする事にしました。予選なのであまりドレスドレスしていると浮くので、娘はワンピース。同じお店でワンピースと同じ様な柄のスカートにしました。

発表会や大きな舞台に二人で出る事があれば、そのうちお揃いのドレスも着てみたいな。

ぴあの

昨夜連弾の練習の後に娘のソロの曲を少し聴きました。ブラームスのラプソディー2番です。娘がこの曲を練習しているのを聴くのは何ヶ月ぶりだろう。

もうすぐコンペだというのに、暗譜は出来ていないし、まだまだ本当にマズイ状態です。でも、聴いていて途中でウルウルして来てしまいました。親バカだけど、なんて表現して良いのか分からないけど、娘の奏でる音が私は好きなんです。上手じゃないし、音は外すし・・・。だけど、こう弾きたいと思っているのを音に表している。弾く姿勢が(気持ちのね)私なんかよりいい。曲に入り込めるし、音の幅もかなりあって、ppも綺麗。音の入り方もいい。自分では分かっていないだろうな。だからちょっとだけ褒め持ち上げました。そうしないと間に合わなさそうなので。いい気分にさせて練習する方向へ持って行く。そう簡単には行かないんですけどね。

コンペは音大を目指す方も出るし、娘は皆さんの足元にも及ばないけれど、自分なりに頑張って欲しいな。演奏できて良かったと思って欲しい。母はそれだけで十分ょ*^^*

***  ***  ***  ***  ***

私、昨日今日と時間があったので4時間ずつの練習。昨日の方が集中していて「弾いた!!」って思えました。今日はダラダラ・・。

ヘンデルとモーツァルトを中心に練習しています。ヘンデルはざ~っと終曲まで見ました。2曲目がバッハのインヴェンション13番に似ています。調は違うけど。この2曲目が右も左も動くので苦手ですが、曲としては好きです。綺麗なんですよ。早くUPしたいんですけど、もう少し掛かりそうです。3曲目と4曲目は譜読みだけなら1・2曲目よりは易しいかな。終曲のパッサカリアを早く弾きたいなぁ♪

ヘンデル♪

昨日ヘンデルを弾いていて、やっぱりイメージが浮かばないなぁと思っていました。

で、yumiさんがバッハをデジピで弾かれていたのを思い出し、私もパイプオルガンの音色で弾いてみました。

そうそう。ピアノと違って長い音が減衰せずブワ~~ンと残るんですよね。それをピアノで表現するにはどうするんでしょうね。そこまでは頭が回らない私。でも弾いていてとても気持ち良く、トリルも綺麗に入るし(*^^* )v その後、チャペルオルガンやハープシコードの音色で弾いてみました♪これUP出来れば良いのですが、ちょっと面倒。ピアノを録音する時みたいにするか、デジピとPCを繋げるか。後者はやり方が分からないので却下。そのうちトライします。

仕事のお供でヘンデルのCDを掛けていました。このCDはピアノでの演奏です。すごく参考になっています。先生の仰っていた事が少し分かったような。堂々とハッキリ。トリルも味のあるものにしたいです。只今2曲目の譜読みに入りました。暫く連弾のみのレッスンになるので、見て頂くのはさて、いつになることでしょう・・。出来れば終曲を残す所まで譜読みをしたいです♪

娘のピアノ

昨夜、連弾の練習の後娘が言いました。「私、ここ何年か上達していない気がする。」と。

高校に入ってあまり練習が出来ていない上に、ソロでのコンクールの不安がそう言わせたのだと思います。

3年前に先生を替わった時と時期が重なります。私としては娘に言われてちょっとショックでした。

決して目に見えて上達しているとは言えません。小学校高学年の頃は時間もたっぷり有り、伸びる頃だと思うのです。その後は曲も難しくなり、ただ弾ければ良いというものでもないし。中学校の3年間で手も身体も大きくなり、結構頑張って弾いているなと思うのですが・・。今は辞めずに続ける事が、後々大人になってからでも自分が「ピアノを弾きたい!」と思えた時に大事だと。

娘が中1の時にピアノを辞めたいと言い、話し合いをしました。「音高にも音大にも行かない。先生が怖いから辞めたい。もうピアノはヤダ。」そう言う娘に私は「音楽の道に進まなくてもいい。でも今目前に迫っている連弾のコンクールは相手がある事なのだから出なさい。その後先生に関しては考えましょう。」と返事をしました。

前の先生は私の子供の時からの先生でした。とても厳しい方ですが、温かい面も勿論有り、ピアノの音に対してものすごく、こだわりのある先生でした。でも、娘との相性は悪く、習い始めて2年目頃から、毎週泣く娘を見て来ました。練習をして行ってももっと上を目指す先生に叱咤され泣く。その繰り返し。丁度その頃先生から今の先生を紹介されました。並行して2~3ヶ月に1度の割合で今の先生の所に通うようになりました。今の先生はお人柄が良く、明るく、楽しくレッスンをされます。決して感情的に怒ったりされないので、娘は何も言いませんでしたが、先生の所に行くのが楽しみだったようです。

どちらの先生にも良い所があり、それを理解できるには娘の年齢では未だ無理なのでしょうか。

ちょっと重い話になってしまったので、後で削除するかも。

困ったな

今日我が家は午前9時から午後4時まで断水でした。それは以前からのお知らせの回覧板で知っていたし、どうせ日中は家に居ないので良かったのですが・・・。

今午後9時18分、まだ断水です。正確に言うと一度断水は終了したのです。帰宅してから水が少しは出ていたのに・・・。何か手違いがあったらしくこの時間に断水。何も出来ない。お風呂の水も入れられない、お米もとげない。まだ時間が掛かるそうです。ご近所さんも同じ状態なので、先程集まって「困った、困った。」と言っていました。

レッスンで♪

今日、銀座に行ったので山野楽器に寄ってヘンデルのCDを買って来ました。私が持っているのには組曲のⅦは入っていなかったので、欲しかったのです。今、聴きながら書いてます。

一昨日のレッスンは私から始まり、途中で娘が合流。私が退室してから娘のレッスンでした。

☆ハノン 39番(B/g/Es/c)

2回目でした。前回よりは良くなっていたけれど、やっぱり4→1のくぐり方が下手なので滑らかに聴こえない。。。1の指は(特に左手)は立て気味に。癖なのか寝せて弾いてしまう。そういう弾き方もあるけど、この場合はコチョコチョと弾いて欲しいので違うと先生。取り合えず○を貰いました。でも全調弾けるようになりたいので、ずっと弾き続けます。

☆クラーマー23番

1小節~4小節は5小節目に向かって一気に。遠くを感じて弾く事。5小節目からは右手と左手の弾き方の違いを考える。全体的にかなり速く弾きました。珍しく指が動いてる~!!って感じでした。

先生に「曲の中で色々な弾き方が出て来るでしょ。それが自分で理解して弾き分けが出来るようになると良いわね♪」と習い始めた3年前から言われています。言われると「あっ!そうか。」って思います。でも、なかなか分からなくて・・。最近、この部分はこうやって弾く?って少しだけ思えるようになりました。まだそれを音に表すとかではないんですけどね。

この23番もそう。音符自体は難しくない。どう弾くかで曲の表情が変わります。

☆ヘンデル 組曲Ⅶ

先日も書きましたが、全てが違ったヘンデル。今日、山野楽器でCDを購入。少しはニュアンスが分かるといいなぁと思っています。

1曲目は序曲なので、堂々とオルガンの音をイメージして響き渡る感じ。随分前にパイプオルガンの音を聴いて怖いと思った事がありました。その時は音にびっくり!したのです。荘厳な響き。きっとあのような音をイメージするんだろうな。

装飾音符のない元の音をハッキリ弾く事。prestoからは付点の嵐。全部の音を同じ重さで弾かない。抜きの部分を作らないとただただウルサイ曲になってしまうので注意。3声になっていてどの音をメインに出すかを考える事。すっかり忘れていました。。主題があるんですよね。宝探しをするように見付けるんでした。こんな調子だから平面的な曲になってしまうんだろうなと反省。

☆モーツァルト 協奏曲20番 一楽章

また時間切れで途中まで。前回同様、ピアノが入る第2部の所で、「大きなホールで弾いているつもりで!バックにはオケがいるの。ピアノを響かせて!!」自分ではかなりしっとりと深い音をだしているつもり。でも足りない。もっと。

左手がメインの箇所の離鍵が下手。ブツッ!って切らない。これ自分でも分かっていた事。どうしても右手が動くと左手が疎かになってしまって、折角の曲が台無し。アルペジオは最後の音まできちんと弾かないと、オケが入れない。そうか。自分だけでなく、オケの事も考えないとね。連弾もそうだけど、相手の事も考えないと。呼吸って大事だな。

次回はカデンツァから見て頂く事になりました。いつも途中で終わってしまうので。先生にカデンツァのトリルをどうするのか聞いて来ました。フェルマータもあるので、自分の感覚でとの事。良かったぁ。メチャクチャに入れてはダメだろうけど、何とかなりそうでホッ*^^*

☆ストヤノフ 歌

頑張ったので合っていると言われたけれど・・。先生が席を外されている時に娘と合わせてみる。結構良いかも♪と思ったのも束の間。先生が戻られて、最初から弾くと。。(??あれ?娘いつもと違う・・。弾きづらい。)「何故、練習の時と同じ様に弾けない?」と帰りに言ったら「ママも同じ!」親子だね。その後は直しを入れて頂いてOKでした。あと1~2回見てもらう予定。

☆シューベルト ポロネーズ2番

笑っちゃうくらい下手!!先生も途中で楽譜の表紙を見られてポロネーズだという事を確認。ハハ。「楽譜どおりには弾けてる。でもね、これはポロネーズ。一拍目とアクセントのある3拍目が大事よ。二人が同じ様にリズムを感じないと合わないわね。」・・・。本当にそうです。平坦な音楽としては弾けてるかも。でもポロネーズではない。

色々と課題はあるのですが、取り合えず、目前の連弾を仕上げて本番に向かいます。

レッスン

今日はこの大雨の中延期になっていたレッスンに行って来ました。なんか大雨注意報が出ている所に向かって行っていたらしいです。私は知らなかったのですが・・。

細かい覚え書きは後日にするとして、発表会のお誘いがありました!良かった・・ホッ。忘れられているかとちょっと不安だったのでした。

で、曲。まだ決まっていません。先生に「私は何を弾きましょう?」とお聞きしたところ、思いがけないお返事が。。あるコンクールのお誘いでした。そのコンクールに出る曲を発表会にとのお考えだったようです。無理でしょ!どう考えても。あがってしまって何を弾いているのか分からない自分の姿が目に浮かびます。興味はあるので来年以降の目標として頑張りたいです。近々発表会の曲を決めます。

話は変わり、ヘンデル!!!全然違う。何が?それは全て。私は普通に譜読みをして行きました。何も考えずに。あ~~!先日みんなの前で弾いちゃったな。あれは全然違う。。。もっとハッキリ、毅然と堂々と。そしてトリルの入れ方も、もっと自由に。でも同じ形は一緒にしてねと。バロックは繰り返しの後は即興に近い自分の演奏をするものだと。そんなぁ。付点も色々で鋭い複付点や甘めの付点(三連符に近い)など好みに応じてだそうで。何もかもが初めてでした。

先日の弾けなかった箇所はちょっとコツを掴んだので弾けそうです。minaさんのアルペジオを参考に5の指に向かって弾く事にしました。アルペジオにはしないのですが、気持ちはそういうつもりで弾いたら弾けたので、弾き方って色々あるんだなと感心。

連弾のストヤノフはOKみたいです。これは二人とも好きなので*^^*息も合っていてバランスも良いと褒めて頂きました。あとは暗譜。まだするつもりですが怖いからどうなるかな。シューベルトは・・・・・。この曲はポロネーズ。リズム感がナシ。難しい。

ヘンデルで・・

ヘンデルの組曲Ⅶの一番最初の曲で、弾けない箇所があります。

070606_204101_4    このAdagioの一番括弧のソシレファの和音の装飾音符が弾けない部分です。ファミファを入れるのがとても難しいです・・。

4と5の指が独立していれば問題ないのでしょうが、なかなか思うように指が動いてくれないですね。

この部分は左手も装飾音符があるので弾きにくい!練習あるのみですが、弾けるようになるのか心配です。

けんか?

昨日は炎天下の中外に居て、午後に帰宅したらちょっとだるくお昼寝を2時間。

夜になって体調も復活していざピアノの部屋へ!ハノンを弾いて指慣らしをした後にヘンデルを弾いていました。そしたら。。。娘が「ソフトペダルを踏んで練習してくれない?」と不機嫌な顔で言いに来ました。

ムッとする私。ちょっと弾いてただけじゃない。あと15分だけ弾くつもりだったのに。日中は弾ける体調では無かったんだから。。いいじゃない。。。あまりにも大人気ない私の行動。

それは・・・

①リビングに戻って来て夫に「あったまくる~~!!!ピアノ弾くなってだって。」と怒りをぶつける。

②その後すぐお風呂に入り大きな声で娘の部屋に聞こえるように歌った。何を歌ったか。ドから始まってどこまで高い声が出るか。とヘンデルのメロディー。

③素直な息子とお風呂の後に直ぐに寝た。

明日の朝は絶対に起こしてあげない、と意地悪な事を思い寝ました。

でもね、確かに今試験の最中。いくら防音にしていても隣の部屋(娘の部屋)には音が漏れます。音があると集中できないのも分かるし。特にピアノの音だと聴音の様にドレミが頭に出てきちゃうんだよね。母が悪かったよ。と言う事で、今朝はちゃんと娘を起こし笑顔で「いってらっしゃ~~い。」と見送りました。

連弾♪

只今、娘は高校に入って初めてのテストの真っ最中!とっても大変そうですが、ここの所帰って来るのは割と早め。と言う事で、ピアノの練習が出来る。普段家に居ない分こんな時だけれども弾く気は満々(?)

ここ何日かは連弾も合わせています。シューベルトが全然合わなかったのが、少しずつ良い方向に向かっています。この曲は難しい。。音のバランスはまぁまぁだとは思うのですが、お互いがまだソロ状態が続いています。もっとどう弾くかをお互いが考えないと。ペダルの入れ方も難しい。セコンドの私が踏むのですが、どのタイミングで踏むか・・・。プリモの音を綺麗に響かせたいなぁ☆

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »