« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

今日この頃

一昨日、とにかく花粉症が酷かったです。朝から目は痒いし、くしゃみも止まらないし。そんな中外に出たもんだから、さぁ大変!薬を飲んでマスクをしても一向に治らない。つらかったぁ。ピアノを弾いていても途中で止まって鼻をかむ。とうとう弾くのを止めてしまいました。集中力無し!

070227_151201

今日は朝から薬を飲み一歩も外に出ていません。本当は図書館に行きたいのですが、仕事の無い日くらいは家でゆっくりしたいし。それと家の中におやつが何も無くなってしまったので、今ケーキを焼いています。もうすぐ出来上がる予定♪すごく簡単なパウンドケーキです。ホットケーキミックスを使ってボール一つで出来ます。今日はチョコビスケットを砕いたのとココアを少し入れてマーブルにしてみました。

久しぶりに娘のピアノ。高校の発表まであと少し。昨日、今日と学期末テストだったので、思うようには練習できていない様子。それでも、暇を見付けて、3月8日にある音楽祭の伴奏を練習しています。結局4曲弾くのかな?一番最初に校歌でしょ、次に選択音楽の合唱伴奏、続いてクラスの課題曲伴奏、最後にバイオリンの伴奏と頑張りますねぇ♪その間にオーケストラ部でチェロを弾きます。いい思い出になる事でしょう。

先日娘とピアノの話をしていたら、「ピアノ、続けていて本当に良かった*^^*」と嬉しい事を言ってくれました。小学校高学年から中学1年に掛けて、悩んだ娘。辞めたいとずっと言ってたね。高校受験の為、この2ヶ月はピアノを習い始めてからこんなに弾かなかった事は無いというくらいピアノから遠ざかっていました。でも、これが娘には良かったみたいです。「指がうごかな~~い!!」とわめいていましたが・・。

レッスン日記

昨日は疲れていて夜にやっと楽譜を見直すことが出来ました。

本当は60分レッスンだったのですが、先生のご好意で90分レッスン♪いつも長引いてしまうので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ハノン31番~33番 42番

ハノンの32番からは指くぐりの練習。これってあまり得意じゃないな。親指を軸に最短距離を行くように。細かい動きはホント苦手。手首の左右の動きを使う。肘は極力動かさない。いつも言われる事だけど、指先に神経を集中させて弾く。難しいなぁ。

42番はアルペジオ+和音の連打の練習を課題に出されていました。和音を掴んで連打は弾けているようで弾けていない。音が抜けないように。あと音がストンと落とすような感じで弾くようにと。これも毎回言われているけど、なかなか自覚して弾けない。。

クラーマー20番・21番

20番を家で弾いていると左腕がどんどん重くなってきて力が入っているのが分かっていました。先生の所でアドバイスを頂き弾いたら《弾けるよ!》不思議だな~。ハノン同様音をストンと落とす事によって変な力が入らず、速く弾けるとの事。確かに2回目に弾いた時は弾き易くテンポも結構速く弾けました。でもね、自分で『どうやったらこうなる』って言うのが分かっていないんだな。先生にも腕や指・肘などの使い方が自分で理解して、この時はここを使うとかが分かってくると良いんだけど・・と。21番に関しても同じ様な事で「全部の音を煩く弾かない!」。同じ16分音符でも頭にあるか後にあるかで重さが違うように全部を同じ重さで弾かない。そうしないと速く弾けないし、とにかく煩い・・。

ドビュッシー ピアノのために トッカータ

一小節目から一塊で弾く練習。ゆっくりの時も塊を考えて弾く事。先生の所で出だしを何回も弾いていたら、テンポがかなり速かった。そのまま弾き続けようと思ったけど、どう考えても無理!!途中で止まって「この速さだと弾けません^^;」先生は苦笑い。

全体的にはまあまあかな。今回は細かく見て頂いて、弾き方やブレスの仕方、fffの出し方などなど。特に最後の左手が単音で降りる音の弾き方は注意されました。私の癖で、弾いた後に押し込む事をしてしまいます。一度クッションに当たってしまってからそうすると音が弱くなる。で欲しい特にアクセントが付いている音には私の様な弾き方ではダメ。

まだまだ細切れ状態。それも荒削りなので、もっと弾き込んで音を作って行きたいです♪

レッスンでした♪

今朝は5時45分に起床。娘が6時台の電車に乗って試験会場に向かう為にこんなに早く起きました。久しぶりにお弁当を作って、駅まで来るまで送る作業はネボスケの私には辛かったです。ふぅ~。あれだけ言ったのに傘は持って行かないし!!もう!入試の朝に喧嘩をしたくなかったので、途中で雨が降ったら買いないさいとだけ言いました。。やっぱり買って来ましたよ!

更に私はレッスンがあって家を8時過ぎには出ないといけません。それにはもう一人手の掛かる坊ちゃんが我が家にはいます。早めに起こして娘のお弁当に詰めた残りのおかずを食べさせ、送り出しました。忙しかった==3

レッスンの帰りに先生の車で送って頂いた時に、コンチェルトの話が出ました。あのまま話が無くなると嫌だなと思っていたので良かったです。先生、忘れっぽいんですよね。。多分いろんな生徒さんに色々話をされるからだと思いますが。

そして発表会の会場がなかなか取れないとの事。今年中にはしたいと仰っていましたが、会場の抽選に外れてしまうそうです。うちの近所なら取れるんですが、まさか遠くから先生を初め、多くの生徒さんにいらして頂く訳にもいかず、いつになるのかな。

そんな話を先生としている時にショパンを弾きたい事を伝えたら、「バラード、弾いてないって言ってたわね?」と先生。それってもしかしてバラードを弾いて良いって事かなぁ、と思っていたら、「バラードは弾いた方が良いわね!是非弾きましょう!!」。 嬉しいな*^^*♪

まだまだ、トッカータに時間が掛かるので、すぐにショパンとは行きませんが、先生からGOサインを頂けたのがとっても嬉しいです。先生からもう一つ嬉しい言葉を頂きました。これはナイショ(^_^)v

レッスンについてはあまりに疲れてしまった為、整理していないので後日。

せっかく書いたのに・・。

今日の昼間にPCに向かいブログを書いたのに、いざ送信というところで「サーバーがみつかりません」。。。そんな、さっきまで見れたじゃない。今は復活したみたいだからいいけど。

昨日は寒い雨の中お墓参りに行って来ました。(私の母が眠っております)本当はこんな事頼んじゃいけないのは分かっているのですが、母に「娘の受験を見守ってください。」とお願いして来ました。

今日は久しぶりに落ち着いて朝からピアノの練習が出来ました♪最近は夜弾く事が多かったのですが、どうも指の鍵盤に対する吸い付き?が悪い。鍵盤の上を滑っている感じで、掴んで弾けない。。で、今日は朝だったからか、きちんと指の感覚がある。何でだったんだろう。

でもクラーマーは弾けば弾くほど下手になっているような。集中力が無いからか。ゆっくり弾いたり、リズム練習したり、左右別々の練習もしているけれど、何となく弾いている私。

そしてトッカータ。この曲は速く弾けそうな部分と努力しても無理!?と思う箇所がはっきりしている。先生にはまだ丁寧に一つ一つを作り上げて行くことを言われているので、焦りは無いけれど、自分の中で「この位(低レベル)弾ければ、まっいいっかぁ。」と思っている節があるような。この気持ちが練習や演奏に大きく影響するのだから、気を付けないと。

明後日はレッスン。そして娘の受験日。「何故同じ日?」と娘に聞かれました。「私が受験するわけではないし、家に居ると気になるから。いいかなって思って。」と答えた私。帰りの電車が同じになるといいな♪

追い出されました・・。

練習をしたい!と訴えている私に娘は冷たい・・。

昨日は娘が風邪を引いて微熱があり咳が酷いので学校を休みました。午前中は病院に連れて行ったので練習できず。午後は仕事に行ったし。帰ってからちょっと弾いたけど、なんか気が乗らない。

今日は絶対に午前中に練習しようと心に決めていました。なのに、娘に「今から18年度の過去問をぶっ通しでやるから。」と言われ・・・・って私に弾くなって事?ピアノの部屋は娘の部屋の横です。一応防音をしているのですが、隣だとさすがに聞こえます。「リビングで勉強すれば?」と言う母らしからぬ言葉に娘はムッとしていました。そりゃあそうですよね。もう試験まで一週間を切っています。で、結局私は追い出されてしまいました。仕方なくって言うわけではありませんが、息子の野球を見に行ってきました。

ゆっくり練習したいです。

クラーマーとベートーベンとバッハ

今日は午前中に普段の練習をして、午後はゆっくりピアノで遊んでいました。

クラーマーの19番、先日○を貰ったのだけれど、その時急に先生から和音のコードを聞かれました・・。コードねぇ。以前ヤマハのグレードを取りたくて必死に勉強したっけ?あれから数年。覚えているような覚えていないような。結局答えられたけど、これはマズイ!と思い、20番のコードを拾っていました。合っているのかは疑問。次回先生に見てもらおうっと。

いつもそうなんだけど、一回終わってしまった曲は、その後よっぽどの事がない限り弾かないので忘れてしまいます。ホントはこれじゃあいけないと、分かっているんだけれど・・。で、今日はベートーベンのテンペスト三楽章をさらいました。ん~~・・。かなり怪しい。最初は弾けるけど、途中はメチャクチャ。悔しいのでこれから毎日少しずつ練習しよう!と思ったのでした。

そしてやった事のない曲を弾こうと思い、メトネルの楽譜を手に取りました。2段弾いて挫折。この曲はまた今度。で、バッハのフランス組曲5番の譜読みを始めました。バッハかぁ。苦手意識が消えない作曲家だけれど、弾いてみたい。と言う訳で、これも少しずつ譜読み&練習をして先生の所に持って行きましょう。いつになるかわからないけど・・。ま、いいっかぁ。

借りてきた本とCD

一昨日、ちょっと時間があったので図書館に行って来ました。好きな作家の本を選んだ後に、音楽のコーナーへ。

ドビュッシーの本が無いか探してみたけど、あいにく見当たらず、ドビュッシーの事が載っている「フランス・ピアノ音楽」とついでに「シューベルトの音符たち」の2冊を借りてきました。

「フランス・ピアノ音楽」にはドビュッシー、フランク、フォーレ、シャブリエ、デュカのピアノ曲を中心に書いてありました。あまりの文章の難しさに、ドビュッシーを読んで止めてしまいましたが。。。もっと簡単に書いてくれればいいのに!

もう一冊の「シューベルトの音符たち」はシューベルトが好きだから選んだのですが、これまた内容が難しい。作曲家の先生が書かれているので、専門的な事が多々書かれてあって、その内容を理解するのに、五線と鍵盤を頭に浮かべ指を動かすも??状態。

結局この2冊は読むのを挫折しました・・^^;

CDも4枚借りてきました。タイトルは・・・。車の中に置きっぱなしでした。古典派のいろんな作曲家の曲が入った物とコンチェルト、ベートーベンなど色々。自分で買うのは好きなのしか買わないけど、図書館で借りる時は普段聴かないようなのを選んでいます。

明日の車の移動中に全部聴くぞ~~!

日々の練習

先日のレッスンの後からハノンを31~35番を練習していますが、35番がすごく弾きづらい。1と5の指を使っての練習。普段絶対しないような指使いがあって、思うように弾けないのです。特に5の指はヌケヌケの音。ひどいなぁ。

クラーマーはいつも次の曲を早めに譜読みをしておくのですが、今回はドビュッシーが思いのほか大変で、それどころではありませんでした。。やっと21番の譜読みを始めました。こういうチョコチョコ動く曲は苦手。左の和音もなぁ。っていつも苦手って言っている気がします。

ドビュッシーは今が一番楽しい時かも。譜読みからちょっと進んだ所。仕上げていく段階が好きです。いざ仕上げの時になると、ちゃんと弾かなきゃとプレッシャーが掛かって、楽しめていないな。今のところ、一番厄介な左手のアルペジオの嵐!も少しだけ進歩した感じ。右手のメロディーは大切だけれど、左手のこの動きに表情を付けられたら、きっと弾けるようになるはず(^^)/  がんばるぞぉ~!

明日は久しぶりに息子の野球も無いので、ゆっくりピアノに向かって幸せな時間を過ごす予定です♪

昨日のレッスン日記

昨日はポカポカした陽気の中2時間掛けてレッスンに行って来ました。電車の中では眠くて眠くて・・。でも座れたのは半分くらいだったので、ちょっと疲れ気味。。

昨日のレッスンではハノン・クラーマー・ドビュッシーと見て頂きました。

ハノン 29番・30番・32番・42番

29番 速めのマルカートと7連。マルカートの時の4と5の指に注意。きちんと鍵盤に指が当たる感じ。向こう側へ行くイメージ。指の付け根の山を意識して弾く。

30番 ゆっくりのマルカート。これも4と5の指を意識しての練習をするよう言われました。7連に関してはトリルを弾く時のように指を鍵盤から上げない。29番よりは弾けている。でもまだ、バタバタしているので、指先に神経を行かせ気をつけるように。

32番 親指を軸に最短距離で動かす。付点のリズムで練習。

42番 減7のアルペジオ。手が大きいので弾けているわねと言われつつも、4の指で弾く箇所の音色が他と違う。4を意識しての練習。次回はアルペジオと和音で弾くのも宿題です。和音は指先に全体重を掛けてと言われました。先生の所で少し練習してきましたが、結構大変!和音を弾いて両足を床から上げてみる。そうすると指先で支えるので音が出る。弾き比べをすると音色や音量の違いがよく分かります。

クラーマー 19番・20番

19番 やはり4の指で弾く音が抜けている。意識して。これは暗譜していたので、なんとかクリアできました。

20番 明るい調で音もはっきり弾くように。テンポアップしてきて下さいとの事です。左手を速く弾くって難しい。リズム練習をしながら頑張って!と仰っていました。。

ドビュッシー ピアノのために トッカータ

1~8小節 音色OK!珍しい。いつも必ず、出だしで音色の注意を受けるのですが今回は良かったぁ。

9~12小節 右手の音の膨らみ、左手の歯切れ良さを出す。ここでも左の4の指の注意!拍子に合っている音だから抜けないように。

13~20小節 左手の弾き方が前半と後半では違う。裏拍の音もきちんと弾く。抜き加減で弾かない。

26~41小節 ppの音色を変えて。左手メイン。まとまりを考えて弾く。左の上の音を出す。33と34小節の間での息継ぎ忘れずに!

42~45小節 ブレスしてからクレッシェンド。

50~61小節 クレッシェンドはOK。でも降りてくる所のdim.が早すぎ。急に音がしぼむと折角盛り上がってなのに曲として痩せた感じになる。いつも言われているなぁ。ついつい弱くしなくっちゃと思って直ぐにppにしちゃう。悪い癖です。

78~104小節 左手のメロディーを考えて弾く事。このテヌートが付いている所とこの後に出てくるアクセントは色を付けてみました。これでどういう流れなのか少しは視覚で分かるかな。93小節目の右手は5の指で取るので音をきちんと響かすように。

105~137小節 右手はメロディーが隠されていて、内声は弱く。左手はクレッシェンド・デクレシェンドが続く。それで盛り上げを助けてあげるように。この箇所はとにかく難しい。音も外し易い。ゆっくり丁寧な練習をする事。

151~154小節 その前の左手スタッカートとは違うので一かたまりを考えて違いを出す事。

167小節 左手オクターブは不気味な足音が近づくようなpp。

172~180小節 右手は細かい指先だけの動きで。

182~193小節 左手の動きがメイン。ペダルの切る場所に注意。前の音を一緒に入れない。

228~229小節 右手アクセントの付いている音を響かせれば、ffに聴こえるので、全部の音をバリバリ弾かない。

236~239小節 右手から左手にリズムのバトンタッチ。意識して。

254~257小節 右手親指以外の音だけで脱力して弾く練習。全部の音を一所懸命弾くと、腕が固くなり弾けない。

・最後の和音の移り変わりの音をよく聴いて。ソプラノを意識。

いつも先生は「木を見て森を見ずの演奏はダメ!」と仰います。ですが、今は「木だけ見てて良い。」と。この曲はテクニックの曲。今の段階では森を見る様に全部を見渡す事はムリ!パッチワークの様に一つ一つを取り出して作り上げて行く事。暫くは曲を通さず、じっくり楽譜と向かい合ってみましょう~♪との事でした。ドビュッシーが楽譜に書いた音符の意味を理解するようにとも仰っていました。

この曲は長いし、最後の方は譜読みも嫌だったと素直に告白。当たり前ですが先生も色んな生徒さんに指導をされているので、この曲の何が大変なのかはよくご存知です。最後に先生から「この曲が仕上がる頃にはテクニックが付くわよ*^^*」本当にそうあって欲しいです。。

明日はレッスン♪

明日は待ちに待ったピアノのレッスン。と言いたいところですが、ここ2~3日、細切れにしか練習していません・・。

昨日も友人と11時に約束。ピアノの部屋の時計は10時50分。なのに友人からの電話で、今家を出たと。ひぇ~~!丁度、トッカータを弾いている時で、途中で止めるのが嫌だなと思ったのですが、慌てて家を飛び出しました。

で、夜、8時半頃に30分だけ練習をしようとピアノの部屋へ。9時からキムタクのドラマを見たかったんです。9時になってリビングに戻ったら9時10分になってる!! ??そうです。ピアノの部屋の時計の針が遅れていたんです。10分も。犯人は娘!何故そんな事をするのよぉ~。

結局昨日は2時間弾いたかな?今日は2時間ちょっと。間際にあがいても、弾けるはずないんだけど。レッスンの前々日位になると、練習の仕方がいつもと違います。弾けない箇所を丁寧にさらったり、テンポも色々試したり・・。だったらいつもそうやって練習すれば、こんなに焦らなくて良いのにって思います。

ハノンはちょっと良くなったかも。多分。減7の指の開きも前よりは良くなった気がします。

クラーマーは19番は音の粒が揃ってきたかな?20番は速く弾けないので○は望めないなぁ。

トッカータは・・・。初めから四分音符=100で弾くと崩れる。焦って弾くとどんどん加速して行って自滅!最悪。こういう曲は絶対に発表会では弾かないと心に決めました。先生も同じ事を思っているでしょう。今はただ音符を一生懸命追っている感じ。余裕が無いから、自分がどう弾きたいかも分からない。少しだけ成長したのは曲がどういう風に繋がって行くのが分かった事。それが分かると長い曲も多少短く感じるような。まだまだ先は長そうです。

明日はどんなレッスンになるかな。楽しみです♪

バラード♪~トッカータ♪

最近の車のお供はショパンのCDです♪

アシュケナージが弾いている、バラードとスケルツォ。私は特にバラードが好きです。それも1番と3番。今弾きたいのは3番。弾きたい。弾きたいけど、ドビュッシーと並行して練習するのは大変そう。

暫く発表会も無さそうだし。どの曲をいつ弾くのがベストか。春にはトッカータが終わる予定。その後、モーツァルトのコンチェルトを譜読みしながら(多分来年の1月頃に弾くので)、ショパンを練習。このショパンを夏までに仕上げて(^^)v♪ と思ったら夏はコンクールに出る連弾曲を頑張りたいから、ショパンはもう少し掛かるでしょ。秋にはきっと発表会の曲に取り掛かっているだろうし。

なんかとても少ないなぁ。間にどうしてもバロックを入れたい。できれば、スカルラッティかバッハ。それだと果たしてショパンに行き着くのか。行き着いたとして発表会もショパンが良いと思っているから、ずっとショパンはやっぱり有り得ないな。だとするとショパンではなく、何にしよう。でもショパン一色も悪くないかな。

夢物語の前にトッカータを何とかせねば!今日娘に最後の2ページを聞いてもらったら、「ピアノの蓋閉めよう!!痛い音がする。叩いているとは思わないけど、痛いよ!」と言われてしまいました。そう、自分でも力任せに弾いているのが分かっていたので、娘の感想はもっともなのです。音をよく聴いて弾く事。最後2ページは華やかなだけに荒くなりやすい所だから脱力とペダルに気を付ける事。明日こそは丁寧に練習しよっと♪

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »